TOKYOROCKS 東京六大学野球

明治大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2021.10.23

vs立教大学 1回戦(〇2-1)

皆さんこんばんは!
3年マネージャーの大崎です。


先週は早稲田大学に、2戦とも終盤で決勝点となる得点を許し連敗を喫しました。


今週は連勝して優勝の可能性を残したいところ
それでは本日の試合内容を振り返って参ります!
本日のベンチ入りメンバー



【1回表】
今季初めて1番を任された4年・丸山(前橋育英)レフト前ヒットで先頭出塁すると、


続く4年・陶山(常総学院)送りバント、続くバッターのライトフライの間に三塁まで塁を進めます。
先制点のチャンスで2年・上田(愛産大三河)が放ったフェンス間際の大きなフライを、相手選手が落球し、その間に丸山が生還し先制点となります。
1-0


続く3年・山田陸(桐光学園)が三遊間を破るレフトへのヒットを放ち、


先程のエラー間に三塁まで進んでいた上田が生還、さらに1点追加します!
2-0



【1回裏】
先発は4年・竹田(履正社)


危なげなく3人で打ち取ります。



【2回表】
1アウトから3年・蓑尾(日南学園)ライト前ヒットで出塁します。


続く竹田がきっちり送りバント丸山四球を選び2アウト一、二塁に。


しかし、後続が打ち取られ追加点とはなりません。



【5回裏】
4回までに許したヒットは2本と安定したピッチングの竹田でしたが、先頭にライトへのヒットを打たれます。


その後、送りバントと三振で2アウト二塁まで追い込みますが、続くセカンド強襲のヒットでランナーが生還し1点を許します。
2-1



【6回表】
1アウトから上田がピッチャーのグラブを弾く内野安打で出塁します。


しかし、ダブルプレーに打ち取られなかなか追加点を挙げられません。



【6回裏】
1アウトから四球と死球、三振を挟んで再び四球を出し2アウト満塁に。


気持ちを切らすことなく、気迫ある投球で最後は見逃し三振に仕留め何とかピンチを脱します。



【7回表】
先頭の1年・宗山(広陵)ライトへのツーベースヒットで出塁します。


追加点のチャンスでしたが、相手キャッチャーの後逸で宗山が飛び出したところを刺されアウトに。
後続も倒れ、この回も得点とはなりません。



【9回表】
先頭の上田が死球で出塁すると、続く山田陸はサードゴロが相手選手の送球エラーでセーフに。
ノーアウト一、二塁のチャンスをつくります。


しかし、続くバッターのバント失敗により上田が三塁でアウト、その後のバッターも続くことが出来ずチャンスを活かせません。



【9回裏】
最終回もマウンドに上がった竹田
丁寧に打ち取り自らの手で試合に終止符を打ちました。




2-1
終わってみれば竹田は8奪三振、1失点の好投で今季初完投となりました!



**――――――**――――――**

明日の試合

立教大学 2回戦
後攻一塁側
12時30分試合開始予定

プロ併用日ですのでご注意ください

**――――――**――――――**



本日の勝利により、明治にもわずかに優勝の望みが残っています!
優勝の行方はこちらからご覧ください。


そのためにも、まずは残り3戦全勝が必須となります。
引き続き応援よろしくお願いいたします!


それでは本日はこの辺りで失礼します。


東京六大学野球ブログリーグ一覧