TOKYOROCKS 東京六大学野球

明治大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2021.10.24

vs立教大学 2回戦(○5-4)

みなさんこんばんは!

3年マネージャーの小田です(^^)/

 

接戦を制し、優勝への望みを繋げた昨日の立教大学戦

本日も白星を挙げ、法政大学戦へその望みを繋げることはできたのでしょうか…?

 

早速本日の試合を振り返っていきましょう!

 

本日のベンチ入りメンバー

 

 

 

【1回表】

 

先発は1年・藤江(大阪桐蔭)

先頭から二者連続のヒットなどでピンチを迎えると、犠牲フライを打たれ1点先制されます。

なおも2アウト三塁から四球、二者連続のタイムリーヒットでさらに3点を追加されます。

0-4

 

【1回裏】

2アウトから3年・村松(静岡)死球で出塁すると、2年・上田(愛産大三河)の高く上がった打球がレフトへのタイムリーツーベースヒットとなり、1点を返します!

1-4

 

【4回裏】

先頭の村松四球で出塁します。

続く打者が三振に倒れるも、盗塁に成功し二塁に進みます。

 

センターフライと四球で、2アウト一、二塁のチャンスで打席には3年・西山(履正社)

レフトへのタイムリーヒットを放ちます!

 

ここで村松が持ち前の脚で快足を飛ばしホームイン!

1点を返します!

2-4

 

【6回表】

立ち上がりこそ悪かったものの、そこから修正し初回以降許したヒットは1本のみだった藤江がここでマウンドを降ります。

代わって4年・西城(東北学院)がマウンドに上がります。

四番から空振り三振を奪うなど、この回を三者凡退に抑えます。

 

【6回裏】

先頭の村松レフトへのツーベースヒットで出塁します。

 

続く上田センターへのヒットを放ち、ノーアウト一、三塁のチャンスをつくります!

 

続く3年・山田陸(桐光学園)の当たりは内野ゴロとなりますが、この間に村松が生還し1点を返します!

上田は二塁アウト、山田陸が渾身のヘッドスライディングで一塁セーフとなりますが、後が続かず同点とはなりません。

3-4

 

【8回表】

西城に代わって2年・村田(春日部共栄)がマウンドにあがります。

この回テンポよく3人で抑えます。

 

【8回裏】

1アウトを取られるも、村松ライトへのヒットを放ち出塁します。

村松はここまで全打席出塁し、全得点をあげる活躍!

ここでもホームに還って来れるか…?

 

しかし、あと1本が出ず、この回も得点をあげることはできません。

 

【9回裏】

後がない明治

先頭の1年・宗山(広陵)死球で出塁。同点のランナーが出ます!

続く代打の3年・明新(明大中野)レフトへのヒットを放ち、サヨナラのランナーが出ます!

 

 

さらに続く打者が送りバントを決め、1アウト二、三塁のチャンス!

しかし、続く打者が空振り三振を喫し2アウト目を取られます。

 

なおも続くチャンスで打席には主将の4年・丸山(前橋育英)

最後ここで決められるか…?

 

捉えた初球はセンターの頭上を越え、

センターへの逆転サヨナラタイムリーヒットとなります!!!✨

 

ここまでノーヒットでしたが、ここぞという場面でやはり決めてくれたのはキャプテンでした!(^^)

 

 

5-4

 

 

初回にリードを許すも、少しずつ得点を重ね、最後は9回裏2アウトから逆転サヨナラ勝ちを収めました✨

 

全員で掴み取ったこの勝利。

投げては初回以降投手陣が無失点で繋ぎ、さらに2回無安打で好投した村田初勝利をあげました!

打っては村松2安打2四死球3得点の活躍を見せました!

また、試合前「チームが勝つためのヒットを打つ!」と宣言していた丸山ですが、しっかり有言実行してくれました!

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 

次回の試合
10月26日(火)

法政大学 1回戦

後攻一塁側 

13時試合開始

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 

まだまだ負けられない戦いが続きます🔥

引き続き熱い応援よろしくお願いします!

 

本日はこの辺りで失礼します。

東京六大学野球ブログリーグ一覧