TOKYOROCKS 東京六大学野球

明治大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2021.10.26

vs法政大学 1回戦(△4-4)

みなさんこんばんは!

4年マネージャーの千坂です!

A

本日は対法政大学1回戦。

優勝には2連勝が必須条件の明治

望みを繋ぐ大事な一戦の行方は果たして、、、

 A

さっそく本日の試合を振り返っていきましょう!

A  

A

本日のベンチ入りメンバー

A

A

【1回表】

先発のマウンドに上がるのは2年・蒔田(九州学院)

2アウトからセンターへのツーベースヒットを許すも、

次のバッターを空振り三振に仕留め、初回を無失点で切り抜けます。

蒔田はその後も7回まで相手打線を0点に抑えていきます。

A

A

【1回裏】

3年・村松(静岡)レフトへのソロホームランを放ち、幸先よく先制します。

 

1-0

A

AA

【2回裏】

先頭の3年・山田陸(桐光学園)ピッチャー強襲の内野安打を放ち出塁すると、

A

1年・宗山(広陵)送りバント、次のバッターのファーストゴロの間に三塁まで進みます。

A

続く3年・蓑尾(日南学園)レフトへのタイムリーヒットを放ち追加点を挙げます。

 

2-0

A

A

【3回裏】

1アウトから4年・陶山(常総学院)右中間へのツーベースヒットで出塁します。

次の村松四球で出塁するも、

続くバッターがダブルプレーに倒れ、追加点とはなりません。

A

A

【4回裏】

先頭の山田陸センターへのヒットで出塁し、宗山送りバント

次のバッターのファーストゴロの間に三塁まで進みます。

しかし、続くバッターが空振り三振に倒れ、チャンスを活かすことができません。

A

A

【5回裏】

1アウトから4年・丸山(前橋育英)センターへのヒットで出塁するも、後が続きません。

A
A

【7回裏】

1アウトから蓑尾センターへのヒットで出塁しますが、

続くバッターのセカンドゴロにより二塁でアウトとなり、2アウト一塁となります。

次の丸山ライトへのヒットを放つものの、

続くバッターがレフトフライに倒れ、この回も追加点とはなりません。

A

A

【8回表】

ここまで好投を見せていた蒔田に代わり、

4年・磯村(中京大中京)がマウンドに上がります。

1アウトから2つの四球とライトへのヒットで満塁とすると、ここで磯村は降板。

A

2年・村田(春日部共栄)がマウンドにあがります。

抑えたいところでしたが、レフトへのタイムリーツーベースヒットと
センターへのタイムリーヒットを浴びて4点を失います。

2-4

A

A

【9回裏】

何としても逆転したい明治

先頭の宗山センターへのヒットで出塁すると、年・直井(桐光学園)蓑尾

代打の3年・明新(明大中野)が三者連続で四球を選び、押し出しで1点を返します。

3-4

A

満塁のチャンスは続くも、次の二者連続ファーストゴロで

三塁ランナーがホームで刺され2アウトに。

続くバッターもセカンドゴロに打ち取られたかと思いきや、

相手のファンブルでランナーが還り、同点に追いつきます。

4-4

A

2アウト満塁でなおも一打出れば逆転の場面。

しかし、最後のバッターが空振り三振に倒れ、試合終了。

4-4

A

粘り勝ちとはならず、優勝の可能性が消えた痛い敗戦となりました。

A

AA

*********************************************

                 明日の試合

            10月27日()

              法政大学2回戦

                先攻三塁側

            13時試合開始

********************************************* 

A

A

明日が今季リーグ戦、そして4年生の学生野球最終戦となります。

選手もファンの皆様も様々な感情が入り混じっていると思いますが、

その”想い”を糧に戦う選手たちに最後まで熱いご声援をよろしくお願いします!

A

それでは本日はこのあたりで失礼します。

東京六大学野球ブログリーグ一覧