BIG6 BLOG LEAGUE

明治大学
野球部ブログ

主将 村松 開人
  • TOP
  • vs慶應義塾大学3回戦(〇12-7)

vs慶應義塾大学3回戦(〇12-7)

みなさんこんばんは!

2年マネージャーの岸上です!

 

雨天のため中止になり、本日に順延した3回戦。

 

勝てば優勝に大きく近づく大事な一戦🔥

 

試合開始前からポツポツと雨が降っていましたが、天候に負けず、勝利を掴み勝ち点をあげることができたのか…

 

さっそく本日の試合を振り返っていきましょう!

 

本日のベンチ入りメンバー

 

【1回表】

先発は、3年・蒔田(九州学院)

1アウト一、二塁のピンチを招くも、後続をきっちりと抑え初回を無失点で切り抜けます!

 

【1回裏】

2アウトから2年・宗山(広陵)内野安打で出塁します!

盗塁を決め、ランナー二塁のチャンスで4番、3年・上田(愛産大三河)レフトへのタイムリーツーベースヒットを放ち、勝負強さを見せます!

惜しくも三塁でタッチアウトとなりましたが、チームにとって嬉しい先制点となりました🌟

1-0

 

【3回裏】

先頭の年・堀内(愛工大名電)内野安打で出塁すると、蒔田が一球で犠打を決めます。

続く4年・明新(明大中野)ライトへのヒットを放ちます!

ワイルドピッチの間に1点追加。さらに、4年・長南(八戸学院光星)タイムリースリーベースヒットを放ちます!

1アウトを挟み、打席には上田タイムリーヒットでさらに1点を追加します!

4-0

 

【4回表】

先頭バッターにホームランを打たれ、1点を返されます。

しかし、その後はランナーを許さず1失点でこの回を終えます。

4-1

 

【4回裏】

4年・山田陸(桐光学園)ライトへのヒットを放ち、続く4年・蓑尾(日南学園)犠打を決めます。

1アウトを挟み、堀内内野安打で出塁すると、山田陸が好走塁を見せ一気にホームイン!

執念のヘッドスライディングを見せる山田陸

この回も得点をあげ、蒔田を援護します💪🏻

5-1

 

【5回裏】

明新レフトへのヒットで出塁し、長南犠打を決めます。

宗山死球で出塁し、またもチャンスで上田センターへのタイムリーツーベースヒットで1点を追加します!

続く山田陸四球を選び、満塁のチャンスで打席には蓑尾

打った打球は相手のエラーを誘い2点を追加、

その後ワイルドピッチでさらに2点を追加します!

10-1

 

【7回表】

連打と四球で満塁のピンチを迎えると押し出し四球を与え、その後タイムリーヒットを浴びこの回3点を返されます。

10-4

 

【7回裏】

ベンチからの熱い声援と温かい拍手につつまれながら打席に向かう背番号「10」を背負ったこの選手。

皆が復帰を待ち望んだキャプテン、4年・村松(静岡)代打で出場します!

空振り三振に倒れてしまいましたが、久しぶりに神宮球場の打席に立つキャプテンの姿は誰よりも輝いたように見えました。

 

【8回表】

蒔田に代わって4年・髙山(作新学院)がマウンドを託されます。

2本のヒット、四球でランナーを背負うと、内野ゴロの間に1点、さらにタイムリーヒットで2点を返され、3点差に詰められます。

10-7

 

【8回裏】

明新ライトへのヒットで出塁すると、長南がきっちりと犠打を決めます。

1アウトを挟み、上田が本日二度目の申告敬遠で歩かされ、すかさず盗塁します。

山田陸四球を選び、満塁のチャンスで再び打席には蓑尾レフト線へのタイムリーヒットで2点を追加します!

12-7

 

【9回表】

最終回のマウンドを任されたのは、3年・村田(春日部共栄)

2本のヒットを許すも、粘りのピッチングで無失点に抑え、試合終了。

12-7

 

3打席連続タイムリーヒットを放ち、4番としての役割を果たした上田

4安打を記録し4年生の意地を見せた明新など、16安打12得点と打線が爆発し、12季ぶりにから2ケタ得点をあげ勝利しました✨

 

優勝の行方はラストカード、立教大学戦へ!

 

******************

次回の試合

立教大学 1回戦

5月21日(土)

11時試合開始

後攻一塁側

******************

ラストカードも一戦必勝で戦って参りますので、引き続き応援よろしくお願いいたします!

 

それでは本日はこの辺りで失礼します。

前の記事
2022.05.15 vs慶應義塾大学2回戦(〇2-0)
次の記事
2022.05.21 vs立教大学1回戦(△3-3)