BIG6 BLOG LEAGUE

明治大学
野球部ブログ

主将 村松 開人
  • TOP
  • 俺たちのラストシーズン──小池悠平(前橋育英)

俺たちのラストシーズン──小池悠平(前橋育英)

おはようこんにちはこんばんは。

明治大学ミスコン候補、博多美人ならぬ福岡美人の敏腕マネージャーの小田聖花様からバトンを受けました。

これから寮長ブログリレーです。先発を任されましたON、OFFの比率が1:9の小池悠平です。

 

このブログを書いているということはもう引退が近づいてるってことですね。とても寂しい気持ちでいっぱいです。

最後なので言ってしまうと私は2、3年生の時は早く引退したいという気持ちでいっぱいでした。

その要因となったのが2年生春のコロナ帰省です。下級生で帰省できると聞いてしまっては、地元群馬が大好きな私にとっては考える間もなく、即決で帰省しました。

それがこの帰省、実は罠だったのでした。

帰寮してからは、毎日毎日陸上部なのでは?と思うくらい走りました。しかしこの帰省のおかげで、外周走が2分も速くなり、体も絞れ良い体になったのはとても嬉しかったです。

一番下
こんなに引退したがってた私がここまで野球を続けられたのは『それでも』この言葉に出会ってからです。

この言葉はどんな困難な場面に陥ったとしてもそれでもと言い続け諦めないという意味があります。
私はベンチに入ることはあっても試合には出れない日々が続きました。そんな時『それでも』と心の中で言い続けていました。その結果春のリーグ戦で明治大学野球部の歯車の1つとして歯車の意地を見せつけ、神宮に出撃することができました。
この先も野球人生は続くのでこれからも『それでも』と言い続けて頑張りたいと思います。

 

左から2番目

話は変わりますが、私は4年生になった時に監督から寮長を頼みたいとお願いされました。当然断れる訳もなく、寮長になりました。

 

寮長としてとても苦労したことが1つあります。それは毎月1回ある参拝です。

私はなるべく短く内容のあることを話そうと努力しようとはしました。

野球部の皆さん、私の言葉は皆さんに響きましたか?響いてないとしても1つだけ覚えておいてください。

私が最初の参拝で言った「部屋の乱れは心の乱れ」。この言葉は私が高校時代の監督に言われとても印象に残っている言葉です。この言葉だけは忘れず過ごしてください。そしたらいい男になれるかもしれません。

私は寮長として下級生でも過ごしやすい寮を目標にし、寮長という役職を全うしました。下級生の皆さん過ごしやすい寮でしたか?(過ごしづらかったらすみません。これが私の限界です。)

しかしその結果、下級警察という明治大学野球部に新しい役職を作ってしまいました。下級警察には色々とお世話になりました。

左端
明治大学野球部を応援してくださる皆様へ、秋のリーグ戦も後半に入ってきて、優勝争いが見えてきました。

田中名監督率いるチーム村松はとても感動するドラマチックな試合を繰り広げます。

ぜひ明治神宮野球場へ足を運んでください。

引退してからの生活は白球ではなく、7つの星が描かれたボールを集めに旅に出かけたいと思います。尻尾の生えた強い人募集中です。

後列右端
最後に両親へ
これからも野球を楽しくやってる私の姿を見にきてください。
今までありがとう。
そしてこれからも末永くよろしく。

後列中央

寮長ブログリレー先発としては4回無失点といったところでしょうか。マウンドを降りたいと思います。寮長リレーで完封目指しましょう。

次回、寮長ブログリレー中継は…
根は真面目だが最近ちょけキャラで味しめている明大photographerこと日大三高背番号1、中村奎太選手の登板です。