BIG6 BLOG LEAGUE

明治大学
野球部ブログ

主将 村松 開人
  • TOP
  • vs慶應義塾大学3回戦(●0-7)

vs慶應義塾大学3回戦(●0-7)

皆さんこんばんは!

2年マネージャーの大崎です!

 

 

1敗を喫し後がない明治は、昨日の試合で劇的なサヨナラ勝利を飾り、本日の試合へと望みを繋げました!

 

 

勝てば優勝が大きく近づく大一番。

難敵・を倒し、勝ち点を奪取することができたのか…?

 

 

それでは本日の試合を振り返ってまいりましょう!

 

 

 

本日のベンチ入りメンバー

 

 

 

 

【1回裏】

先発は1回戦のリベンジに燃える3年・蒔田(九州学院)

 

 

三振に抑えながらもヒットと四球で2アウト一、二塁のピンチを迎えると、3ランホームランを浴び先制点を許します…。

 

0-3

 

 

 

【2回表】

先頭の3年・上田(愛産大三河)レフトへのヒットを放ちます!

 

 

4年・蓑尾(日南学園)犠打がフィルダースチョイスで蓑尾自身もセーフに。ノーアウト一、二塁となり、続く4年・明新(明大中野)が1球で犠打を決め、チャンスを広げます!💫

 

 

しかし後が続かず、無得点に終わります。

 

 

 

【3回裏】

ソロホームランを打たれ、さらにリードを広げられます。

 

0-4

 

 

 

【4回裏】

連打と犠打で2アウト二、三塁のピンチを招きます。

ここで先発・蒔田は無念の降板。2年・千葉(千葉黎明)がマウンドを託されます。

 

 

後続を内野ゴロに打ち取り、得点を与えません✨

 

 

 

【5回表】

反撃したい明治

 

2年・直井(桐光学園)レフトへのヒットを放ち、出塁します!

 

 

1アウトを挟み、4年・村松(静岡)ライトへのヒットで繋ぎます!

 

 

しかし後続が打ち取られ、なかなか得点することができません。

 

 

 

【5回裏】

この回から3年・石原(広陵)がマウンドに上がります。

 

 

得点圏にランナーを背負いながらも、最後は三振に斬って取り、粘りのピッチングを見せます!

 

 

 

【6回表】

1アウトから4番・上田レフトへのツーベースヒットを放ちチャンスを作ります!

 

 

1アウトを挟み、明新四球による出塁と2年・加藤巧(大阪桐蔭)レフトへのヒットで、2アウトながらも満塁のチャンスを迎えます!

 

 

しかし、あと一本が出ず、この回も無得点に抑えられます…。

 

 

 

【7回裏】

この回から、昨日、一昨日と好投を見せた4年・髙山(作新学院)がマウンドを任されます。

 

 

相手の4番バッターにタイムリーヒットを打たれ、1点を失います…。

 

0-5

 

 

 

【8回裏】

2つの四球などで1アウト一、二塁のピンチを迎えると、痛恨の2点タイムリーツーベースヒットを浴びます…。

 

0-7

 

ここで髙山がマウンドを降り、1年・菱川(花巻東)に後を託します。

 

 

四球を出すも後続を打ち取り、これ以上の得点を与えません!

 

 

 

【9回表】

7点差を追いかけ最終回の攻撃に臨むも三者凡退に抑えられ、試合終了。

 

 

 

0-7

 

 

 

初回に先制点を許すと、その後も強力・打線を相手に投手陣が粘ることができず、また再三のチャンスを作るもホームが遠く、痛い敗戦となりました。

 

 

 

本日の敗戦で明大が優勝するには、第8週・立教大学戦で勝ち点を取ることが絶対条件となります。

まだまだ優勝の可能性が残っているので、諦めずに明大らしく粘り強く戦い、必ず勝利をもぎ取ります!🔥

 

 

 

******************

次回の試合

10月29日(土)

立教大学 1回戦

13時試合開始

後攻一塁側

※プロ野球日本シリーズが

同日に開催される場合、

10時試合開始となります。

******************

来週は空き週のため、試合はございませんのでご注意ください。

優勝に向けて、まだまだ重要な試合が続きます!

引き続き熱い応援をよろしくお願いします!📣

それでは本日はこの辺りで失礼します。