BIG6 BLOG LEAGUE

明治大学
野球部ブログ

主将 村松 開人
  • TOP
  • 俺たちのラストシーズン──主務・鈴木一真(明大中野八王子)

俺たちのラストシーズン──主務・鈴木一真(明大中野八王子)

数日前から過酷な減量に挑んでいる原から紹介いただきました、主務の鈴木一真です!

原くんはご飯を食べているときが1番幸せそうな顔をしているので、減量している間はその顔があまり見られないので残念です。

 

この4年間様々なことが昨日のように思い出されあっという間だったと感じると同時に、様々なことがありすぎて少し長かったとも感じます。

 

1年時はマネージャーという未知の世界に飛び込み、想像のはるか上をいく目まぐるしい日々の連続で、とにかく必死で大変だった記憶しかありません。その経験があったからこそ今後の人生の大抵のことは何とかなると思っています。

2年秋に主務となり、2年上の先輩方が引退した瞬間からチームの顔となることに突然不安を覚え涙が溢れることもありました。その際に声をかけて頂いたり、激励して下さった先輩方、同期のみんなには本当に感謝しています。自分らしくやることが現在の糧にもなっています。

3年で主務を 務めた経験は他の五大学と比べても自分にしか出来ない経験であり、やりがいしかない充実した日々でしたが、特にこの1年間は嬉しさより悔しさの方が多かった気がします。約1年前の秋の法政戦でリーグ優勝がなくなり、自分の無力さや不甲斐なさを痛感し、神宮で人目を憚らず泣きました。この悔しさを今日まで1日も忘れたことはないです。4年生に支えられてばかりの主務だったけど、丸山前主将が率いるチームで主務を務めることが出来て本当に良かったです。また、他の五大学の先輩方が優しくて3年の自分でも何とかなりました。今でもたくさんお世話して頂いて幸せです!

 

 

 

 

 

「自分が明治を勝たせる」

あまり感情を表に出すタイプではないけど、有難いことにもう1年間主務としてリーグ優勝、日本一を目指すことができ、余裕も生まれたからこそ、この思いで最終学年となった1年間戦い続けました。

試合ではプレーをすることはないけど、明大野球部の一員である以上、全部が全部サポートする立場に回ったつもりもない。チームの勝ちに直接的に貢献は出来ないけど、自身の戦う土俵で最大限の貢献を図りました。プレーもしないのにと思う方も少なからずいるかと思いますが、チームの一員であることにかわりない。チームが勝つために自身に出来ること、すべきことを常に模索し続けてきました。

春のリーグ戦では多くの方々のご尽力もあり、おかげさまで6季ぶりに天皇杯を掴むことが出来ました。リーグ優勝にどれくらい貢献出来たかは分からないけど、少しは実った気がしました。

残りわずかの野球人生でやり残したことはチームとして「このチームで日本一」、個人として「日本一の主務」になることです。週末のラストカードの立教戦で勝ち点をあげ、優勝に望みを繋げます。

 

 

 

 

マネージャーでの4年間を通して、人生の財産となる多くの出逢いがありました。

田中監督、戸塚助監督、善波前監督、福王コーチ、鈴木コーチ、西嶋コーチ、織原トレーナーにマネージャーとして、そして人として厳しく指導して頂き、まだまだ未熟ですが成長することが出来ました。心から感謝しています。

 

個性豊かすぎる同期のみんながそれぞれで頑張っている姿がとてもかっこよかった。みんなと同期で良かったと本当に思う。ありがとう!

 

前列左端

 

 

 

大崎(美穂)、小田にはたくさんわがまま言って、不満もあったと思うけど嫌な顔1つしない優しさに救われました。壮介(石保)とはなんだかんだで1番一緒にいたし、壮介がいなかったら4年間やってこれなかった気がします。3人とも本当にありがとう!

 

右端

 

 

 

応援団の皆さん。神宮に響き渡る明治の応援はNo.1です。ベンチから応援を耳にすることが出来るのも数えられる程になってきましたが、最後まで応援よろしくお願いします。

 

また、他の五大学のマネージャーのみんながいたからこそ、頑張る理由の1つになりました。個人的にはライバルというより1人1人が尊敬出来る存在でした。2年目なのに頼ってばかりだったけど、どんなに辛くてもみんなの顔を見ると自然と笑顔になれて本当に助けられました。みんなこれからも仲良くしてね!長い付き合いになると信じてます。

 

右から2番目

 

 

 

どんな時も1番応援してくれた両親、妹には感謝してもしきれません。15年間何1つ不自由なく野球をやらせてくれてありがとう。帰省すると父と野球の話をしたり、今でも毎日のように応援のLINEをくれる母、野球を優先して1番迷惑をかけたけど文句1つ言わなかった妹のおかげで楽しい野球人生になりました。少しずつ恩返しします。

 

最後に明大野球部を応援して下さる皆さま。日頃より応援して頂きありがとうございます。マネージャーとして活動していると本当に多くの方に支えられて成り立っていると実感することが出来ます。まだまだ優勝の可能性は残っており、1人として諦めていません。明治らしい最後の粘りをぜひ神宮球場でご覧下さい。熱いご声援よろしくお願いします。

 

 

次はプリンスにも引けを取らない端正な顔立ちで、個人的に少し痩せたら明大1のイケメンだと思っている蓑尾海斗副将です!ラストシーズンブログも残すは主将、副将となるのでお楽しみに!