BIG6 BLOG LEAGUE

明治大学
野球部ブログ

主将 上田 希由翔
  • TOP
  • 俺たちのラストシーズン──渡邊麟太郎(明大中野八王子)

俺たちのラストシーズン──渡邊麟太郎(明大中野八王子)

こんばんは。
同じワタナベでも長くて高い、明治大学の「かまじい」こと、渡部慎之介君からバトンをもらいました、4年間で4回顔を怪我した、明大中野八王子高校の渡邊麟太郎です。
1年生から読んでいた「ラストシーズンブログ」の順番が回ってきたことを、とても信じられずにいます。
入寮して初めての全体練習、先輩から「まんじゅう」と呼ばれて以降、西川(4年・西川黎)と伊織(4年・山本伊織)を中心に6個のあだ名が付けられました。あっという間に感じる4年間でしたが、呼ばれ方の変遷からすると、長かったのではないかと感じざるを得ません。
そんな大学野球部での生活を振り返ると、楽しいことだけではなく、辛かったことや悔しい思いをしたことが多く思い起こされます。しかし、良い思い出だけではなかった寮生活は、リーグ戦の打席に立てたことで、全て報われたように感じています。前日にベンチ入りが決まり、たくさん送ってくれたLINE、打席から見えた景色、スタンドとベンチからの声援、忘れられない時間でした。諦めそうになった時もあったけれど、諦めなくてよかったです。最高に幸せな時間をありがとうございました。ここでは、そんな4年間の感謝の気持ちを述べさせていただきたいと思います。
まず、監督をはじめとする首脳陣の方々。2年冬に学生コーチを打診されたものの、わがままを通させてもらい、選手としてプレーさせていただきました。どんな時でも、たくさんのご指導をありがとうございました。
そして同期。
最初の同部屋の朗(石田朗)と、最初に仲良くなった光太郎(久島光太郎)。
1年生の時に自分に対して怒ってくれたこと、そして正直心外だった最悪の20歳の誕生日を祝ってくれたことなど、節目節目で助けてもらうことばかりでした。本当に感謝しています。オフの朝に何度吉野家に行ったかはわからないけど、3人で飲みに行ったことはないから、必ずいつか行きましょう!

写真:左から石田朗、渡邊麟、久島

次に小池(小池裕斗)。
同部屋の時に何度も怒ってしまったこと、謝ろうと思っていました。ただ、ブログを見て気が変わりました。1人暮らしのきれいな部屋に呼んでもらえること、楽しみにしています。

写真:小池

そして練習パートナーの輝也(熊野輝也)。
7時半から遺跡前で素振りをして、就活の時は助け合って、ここでは言えない話もして、輝也がいてくれたおかげで辛い時でも楽しい時間を過ごすことができました。「なんやかんや人生耐える」を心に刻んで、お互い前向きに頑張っていこう!

写真:左から4年・上田希由翔、野波祐太郎、熊野、渡邊麟

高校から一緒の熱田(熱田泰祐)。
高校、大学と迷惑をかけっぱなしでごめん。高校時代、もっと頼っていれば、話していればよかったなと今では思ってます。大学では、明八は仲が悪いと言われることは多かったけど、俺は泰祐とは仲良かったと思ってるよ!7年間一緒だったのが、泰祐でよかった!

写真:左から渡邊麟、熱田

ビツ(大櫃準也)
表では不仲コンビだったけれど、自分がキツい時に声をかけ続けてくれました。去年の秋にかけてくれた言葉のおかげで、4年の秋まで頑張ることができたよ。直接言いたいけれど、お互い恥ずかしいと思うから、この場を借りて言います。ビツと同期で本当に良かった!

写真:左から大櫃、渡邊麟

他にも同期からは、いじられることがほとんどでした。引退したらこのいじりがないと思うと、ほんの少しだけ寂しいです。引退しても、全国に行くので飲みや遊びに行きましょう!
同期だけでなく、先輩方には野球はもちろん、それ以外のことも様々なことを教えていただきました。
時には生意気な口をきいてしまうこともありましたが、先輩方のおかげで、4年間野球だけでなく人間的にも成長することができました。本当にお世話になりました。
特に
弟のようにかわいく、同期のようにゲームで白熱し、兄のように頼れる上岡さん(R4卒・上岡崚太郎)。
頑固で不器用な自分に、遊びの大切さを教えてくれた能登さん(R5卒・能登亮太)。
練習パートナー、同じ掃除場所でたくさんのいじりとアドバイスをくれた加藤さん(R5卒・加藤歩美)。
引退したら会いに行くので、ご飯連れて行ってください!

写真:左から渡邊麟、上岡

写真:左から渡邊麟、能登、4年・山﨑大智

写真:左から渡邊麟、加藤歩

そして後輩たち
普段はクールなようで、実はかわいい ぬく(3年・温品直翔)、耕(3年・福嶋耕)。
見た目と同じようにかわいい陽太郎(3年・山内陽太郎)。
2連覇ヤクルトファン、やましょー(3年・山田翔太)、りこぴん(3年・小池マネ)。
ちびでがめつい衛藤(2年・衛藤晃太)、八幡(2年・八幡優介)。
後輩には良い姿も悪い姿も見せてきました。参考にも、反面教師にもして、やり切ったと言える4年間にしてほしいです。
自分の好きな言葉に、「過去は変わらない。でも未来が変われば過去のとらえ方は変えられる。過去を変えるのは今の行動。」という言葉があります。「たられば」ではなく、「あの時こうだったけど、こうなれたからよかった」と言えるように、前向きに進んでいってほしいです。

写真:左から福嶋、渡邊麟

写真:左から小池マネ、山田、渡邊麟

写真:左から衛藤、渡邊麟、八幡

最後に家族。
22年間、そして14年間の野球人生を支えてくれた両親には感謝しかありません。リトルの頃から毎試合のように観に来てくれて、寮生活の現在は毎日2人から連絡が来るほどの自分を思ってくれる優しさのおかげで、野球人生を走りぬくことができました。怪我ばかりでたくさんの心配をかけたけれど、最後に少しは成長した姿を見せられたかなと思います。渡邊家の一人息子に生まれることができて本当に良かった!これからもよろしく!
長くなりました。
次のブログからはチームの軸、マネージャーと幹部が登場します。明日は、これまで多くのブログを書き綴ってきた萬谷天音です。リケジョの一面を持つ彼女の文章力に着目して、ぜひご覧ください!