TOKYOROCKS 東京六大学野球

立教大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2017.11.25

【幹部・スタッフ紹介③】学生コーチ・片山徳人編

こんにちは!

2年マネージャーの小林万里菜です!

 

本格的に気温が下がり寒くなってまいりましたが、

皆さまいかがお過ごしでしょうか?

 

さて、本日は幹部・スタッフ紹介第3弾をお送りいたします!

第3回目は、片山徳人(3年・学生コーチ・神戸国際大附属高校出身)です!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

IMG_9492

―――自己紹介をお願いします。

今年度学生コーチを務めます、片山徳人と申します。

自分は基本的に練習の中で、3,4軍の選手の育成を担当しています。3,4軍の選手たちはどうしても公式試合から遠ざかってしまうという面があって。全員にチームの一員としての自覚を持ってもらうために、練習面だけでなく日常生活に関することも含んだ指導をすることを心がけています。

 

―――球歴を教えてください。

小学校2年生から少年野球を始めたので、今年で14年目になります!
両親が阪神タイガースのファンで、父親に勧められて野球を始めました。

少年野球のチームはあまり強くなかったのですが、中学では地元の中学校の軟式野球部に所属して、県大会に出場しました。その大会を神戸国際大附属高校の指導者の方がチェックしてくださっていて、そのご縁で国際に進学しました。一番の思い出は高3の時、国際史上初めて夏の甲子園に出場したことです。一回戦で敗退してしまったんですが、代打で甲子園のバッターボックスに立つことができました!

 

―――なぜ立教大学の野球部に入部したのですか?

アスリート選抜入試一期生の片山玄陽さん(H24卒、報徳学園高校出身)が親戚で、家も近くて。ずっと憧れを感じていたので、同じ立教大学野球部に入りたいと思いました。

あと、高校最後の試合で思うような結果が残せず悔いがあったため、レベルの高い東京六大学を舞台に野球を続けたかったんです。大学野球でホームランを打ちたいという目標もありました!

 

―――学生コーチになったきっかけを教えてください。

既に学生コーチを務めている同期の黒沢(3年・学生コーチ・本庄東高校出身)憲吾(3年・学生コーチ・桐光学園高校出身)に「学生コーチにならないか」と話をしてもらいました。自分自身と向き合ったとき、性格的にも選手のために役割を果たすということが向いているのではないかと思って。それで学生コーチになる決意を固めました。

 

―――甲子園出場という実績を残している中で、選手を辞めることへの迷いはありませんでしたか?

もちろんありました。高校の時メンバーとして一緒にプレーした飯迫(3年・内野手)寺山(3年・外野手)が神宮で活躍していて、自分もいけるんちゃうかな、って思ってました。自分の打撃を認めてもらいたいという気持ちも正直強かったです。でも、やっぱり自分だけの気持ちを優先するより人の為になる仕事をしようと思って…。自分エエ奴なので(笑)

あと、2つ上の元主将の澤田圭佑さん(H29卒、現オリックス・バッファローズ)「どんなに頑張っていても、野球を辞める時がいつかは来る。それが早いか遅いかだけだ」と言っていたんです。その言葉をずっと覚えていて。今まで14年間野球を頑張ってきたけれど、選手としては今が自分の辞めどきなのかな、と。

 

―――3年の飯迫さん(内野手)、寺山さん(外野手)、北野さん(捕手)は高校からの同期ですが、なにか3人とのエピソードはありますか?

飯迫は、高校に入って最初にあった2軍の試合に出られなくて、「なんでや!」とものすごく悔しがっていたのを今でも覚えています。気が付いたら1年秋からちゃっかりレギュラーとってましたけど(笑)ものすごく負けず嫌いで、努力家で。そういったところはずっと変わらないです。
あ、でも大学に入って明るくなりましたね!やっぱり男子校から共学になって、女の子の目を気にしだしたからだと思います(笑)

 

寛人は高校時代肩をケガしていて。でも復帰戦でいきなりホームラン打ったんですよ!
あとサラダを食べれなくて、やたらと先輩に怒られてました(笑)高校でもともと人気者で面白い奴で、大学でもみんなの人気者!とにかく優しいんです(^^)

 

北野は高校でも大学でもとにかくいじられキャラですね(笑)
大学に入ってからずっと同じマンションに住んでいて、さらに同じ時期に寮に入ったので3年間同じ所に住み続けています。彼は朝起きるのが苦手なので自分はいつも心配しています(笑)

 

IMG_9472

(写真 左・片山、右・相馬)

―――学生コーチになって、やりがいや喜びを感じる瞬間を教えてください。

自分のアドバイスをきっかけに、選手が成長してくれたとき、本当に嬉しいです!
また、そこから選手たちと信頼関係を築いていくことにやりがいを感じます。

 

―――ライバルはいますか。

他大学の学生コーチです!

 

―――目標としている人はいますか。

桑田真澄選手の第六感を大事にする考え方は、昔から尊敬しています。中学生のころ桑田さんの「心の野球」という本を読んでからですね。特に野球以外の見えないところでも日頃から努力をするという点を見習っています。

 

―――幹部メンバーとなりましたが、何か心境の変化はありますか。

自分たち学生コーチがチームの意向を選手たちへ発信していかなければ、チームはまとまりません。その自覚と責任を持って頑張っていきたいと思います!

また、明るく楽しく、ときに厳しくをモットーに指導していきたいと思います!!

 

―――信条はありますか。

「日々成長」です!健造(主将・外野手・横浜高校出身)ともろかぶりしてしまいましたが(笑)いろんなことに関心をもってアンテナをはり、目配り気配りを意識していきたいです。言われたことを繰り返さずに、学習して成長していきます!

 

―――新チームの持ち味やチームカラーを教えてください。

メリハリをしっかりつけることができるチームだと感じています。
やるときはやるぞ!という底知れないパワーを秘めているので、ここぞというときに発揮します!怖いですよ!(笑)

 

―――抱負を教えてください。

限られた時間の中で精一杯頑張り、悔いを残さず最後に笑うことを目標にして、1年間過ごしていきたいと思います!

 

―――ブログをご覧の皆さまに、一言お願いします!

再びリーグ戦で優勝するために、何事もアグレッシブに頑張りたいと思います!
これからもご支援、ご声援の程よろしくお願いします!

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

⭐️番外編⭐️

『あなたから見た片山コーチはどんな人?』

 

副務・久戸瀬(3年・マネージャー・金光学園高校出身)

「優しい、真面目、物事にたいしてまっすぐ。でもちょっと抜けている可愛い奴!!」

 

2年マネージャー・本郷(2年・マネージャー・神奈川県立相模原高校出身)

「のりさんだけに、ノリが良い!」

 

ちなみに、同期のマネージャー本郷のギャグは、相変わらずちょっと寒いです(T_T)(笑)

本人によると最近調子が良いそうなのですが、、、

 

高校時代から同期の北野(3年・捕手・神戸国際大附属高校出身)

「自分の世界に入りがち!喋らなければ大人に見える(笑)」

 

同期の北村(3年・捕手・立教池袋高校出身)

「ストイック!セブンイレブンの揚げ鶏をずっと食べてる!」

 

後輩の佐藤雄(2年・内野手・立教新座高校勝海(2年・外野手・新潟明訓高校出身)澤田(2年・内野手・光星学院高校出身)

「だいぶ変な人だけど優しい、スタイルの悪いイケメン、特に足が短い(笑) 心配性なところがありますが、優しい人です(^^)

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

 

IMG_9486

(写真 左・サングラスがずれてしまっているお茶目な片山さん、右・相馬さん)

 

いかがでしたでしょうか?

 

番外編では様々な表現、、、(笑)

で紹介されていた片山さんですが、日頃からの選手に対する思いや

そのみんなに好かれる人柄を少しでも知っていただけたら嬉しいです(^^)

 

 

次回もランダムに幹部・スタッフが登場します!

お楽しみに!!

 

【2年・マネージャー・小林万里菜・春日部共栄高校出身】

東京六大学野球ブログリーグ一覧