TOKYOROCKS 東京六大学野球

立教大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2018.07.11

【新入生紹介企画①】甲子園対決コンビ編

みなさんこんにちは!
1年マネージャーの福家紗也子です。初めてブログを書かせていただきます!

最近特に暑くなり、夏が近づいて来たことを実感しますね。

 

さて、今回から入部して約4か月経った1年生を、インタビュー形式で紹介していきたいと思います!

第1回目は、甲子園でも対決経験のある、栗尾(1年・投手・山梨学院)×根岸(1年・投手・前橋育英)のピッチャー2人組です!!

どうぞお楽しみください!

2根岸、栗尾

Q1、どうして立教に入学を決めたのですか?

栗尾:高校では2年秋にエースを奪われ、最後まで取り返すことができずに悔しい思いで終わったので、もう一度レベルの高い大学野球の舞台で勝負したいと思ったからです。

根岸:大学では納得できる結果を出したいと思い、ご縁のあった立教なら自分の能力を最大限に高められると思ったからです。

 

Q2、大学生活はどうですか?

栗尾:立教大学の校歌にも入っている「自由の学府」という言葉そのものだなという印象で、だからこそ自主自律が大事だと感じさせられます。

根岸:思っていた以上に勉強が大変です。経営学部のグッドビジネスという授業は、専門的で特に大変です。後の自分に返ってくると思って頑張ります!

 

Q3、2人は高3の夏、甲子園で対決していますね。お互いの高校時代の印象と入部後の印象は?

栗尾:前橋育英は投手陣を中心にリズムを作るチームだったので、根岸は強力な投手陣の一角という印象です。
大学に入ってからは、ピッチングにおいては角度があって、打者は打ちにくいだろうなと思います。
あとは、デカい。(笑)食堂のドアをくぐって入ってきた時は本当に笑ってしまいました。
(※根岸は193センチあります。)

根岸:栗尾は、高校時代キャプテンを務めていた事もあり、誠実な印象。あと、打順が2番だったのが物凄く意外でした。
大学に入ってからも、思った通り誠実で責任感があると思いました。よく回りを見ていて、頼りになります!

 

Q4、自分のセールスポイントは?

栗尾:本来のセールスポイントは球威です。しかし、今はそこがうまくいっていない状態なので、大学でしっかり体を作り直し、自信を持って「自分のセールスポイントは球威です!」と言えるように頑張っていきます。

根岸:角度のあるストレートと強気のピッチングです。

 

Q5、甲子園経験のある2人ですが、フレッシュリーグで神宮のマウンドに立った感想は?
(栗尾は5月12日対明治大学戦で登板 根岸は6月5日対慶應義塾大学戦で登板。)

栗尾:初の神宮登板は悔しい結果でしたが、今度はリーグ戦メンバーとしてマウンドに上がり、悔しさを晴らしたいです。甲子園は観客席がぎっしり埋まり、正直初めて入った時は衝撃でした。2回出場させてもらいましたが、あの雰囲気だけはずっと体に残っています。

根岸:甲子園はとにかく広かった。観客との距離も近く、最高でした。神宮は憧れのマウンドだったので気持ち良かったです。

 

Q6、大学野球の目標は?

栗尾:チームとしてまずはリーグ戦優勝。そして日本一に貢献することです。個人としては1日でも早くリーグ戦に登板し、初勝利をあげることです。

根岸:リーグ戦優勝と日本一です。チームのために自分の力をすべて出し切り、チームを勝たせられるピッチングをしたいです。

 

Q7、目標とする人は?

栗尾:長谷部誠選手です。競技は違いますが、人間性・統率力・場の雰囲気を変える影響力、全てにおいてお手本にしています。

根岸:黒田博樹さんです。練習に対する姿勢や、どんな時でも他に流されず自分の信念を貫く姿を見て、自分もそうなりたいと思ったからです。

 

Q8、自分が女子だったら彼氏にしたいのは?

栗尾川満大翔(1年・投手・興南)。面白いし同期と騒いでいるのを見て、場の雰囲気を楽しくしてくれそうだと思いました。意外と真面目な所もあり、みんなの人気者です!

根岸中莖翼(1年・捕手・長良)。面倒見が良くて彼氏にしたい!

 

Q9、1年の中で一番面白いのは?

栗尾岡本蒼(1年・外野手・報徳学園)。学年一のいじられ役です。写真だけ見ても面白さは伝わってくると思います。

根岸:川満大翔。いつもみんなを笑わせてくれます。

 

Q10、学年一の男前は?

栗尾佐山智務(1年・投手・都文京)。一般入試を突破してきた秀才ボーイです。顔も性格もかっこいいですが、人見知りです。(笑)

根岸:岡本蒼。なんとなく、雰囲気とキャラで決めました。

 

Q11、最後に、ファンの方へ一言お願いします。

栗尾:優勝に貢献できるよう、内容と結果の両方を求め日々頑張りますので、応援よろしくお願いします。

根岸:皆さんの期待に応えられるように、精一杯精進していきたいと思います。応援よろしくお願いします!

根岸、栗尾

以上、真面目なピッチャー2人の対談でした。

今後の2人の活躍に、ぜひご期待ください!応援よろしくお願いします!

 

次回は私の同期、柿沼(1年・マネージャー・竹園)が、川端健(1年・投手・秀岳館)東(1年・内野手・福岡大大濠)の九州コンビをご紹介します!

次回もお楽しみに(^^)

 

【1年・マネージャー・福家紗也子・富士見】

東京六大学野球ブログリーグ一覧