TOKYOROCKS 東京六大学野球

立教大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2018.08.02

【新入生紹介企画⑬】整備の鑑コンビ編

皆さん、こんにちは!
1年マネージャーの福家紗也子です。

新入生紹介企画も残り3組となりました。
さて、今回ご紹介するのは、「グラウンド整備の鑑」と言われているこのコンビです!

畠山寛大(1年・外野手・広島城北)×村田誠(1年・内野手・立教新座)

 

それでは、お楽しみください(^^)

EA821ACB-BC41-4BC9-B50F-D847416E0A9F
【左から村田、畠山】

Q1、球歴を教えてください。

畠山:野球が好きで、中1から広島城北中学校軟式野球部に所属し、高校は広島城北高校硬式野球部でプレーしていました。

村田:小1の時に友達の紹介で野球を始めました。中学校ではより高いレベルで野球をやりたいという思いから熊谷シニアに入団し、全国ベスト8まで進みました。高校は東京六大学野球に憧れを持っていたので、立教新座にスポーツ推薦で入りました。

 

Q2、なぜ立教を選んだのですか?

畠山:父が立教大学野球部出身で、小さい頃から話を聞いており、憧れがありました。

村田:長嶋茂雄さんなど多くの素晴らしい野球選手を育てた環境に身を置いて、人として成長し自分の能力を磨きたかったからです。

 

Q3、大学生活はどうですか?

畠山:思っていたよりも自由な時間が多いですね。空いた時間で練習したり、仲間と話したりするのが楽しいです。

村田:毎日ある厳しい練習と学習の両立など、大変なことが多いですが、普通の学生では体験できない貴重な経験をすることができています。

0878217B-7218-4524-836A-93A43906A0BC
【村田】

Q4、お互いの印象は?

畠山:朝のグラウンド整備時、必ず一番早くグラウンドにいて「朝強すぎ!」と思いました(笑)

村田:お兄ちゃん感がありますね。あと歌がうまいです。

 

Q5、目標とする人は?

畠山:イチロー選手。小さい頃からメジャーリーグなどで活躍されており、選手としてはもちろん、人としても尊敬しています。

村田:両親です。仕事が忙しいのにも関わらず、疲れた素振り一つ見せずに家族を支える父や、どんな相談も親身に話を聞いてくれて、美味しいご飯を作り家庭を支えてくれる母を尊敬しています。

 

Q6、大学野球での目標は?

畠山:リーグ戦に出場して活躍することです。そのために何が足りないのか考えて練習しています。もちろん人間的な面でも成長したいです。

村田:リーグ戦で活躍することです。また、技術の向上だけでなく、心の面でも成長して信頼される人間になりたいです。

 

Q7:二人はグラウンド整備の鑑と言われていますが、どうですか?

畠山:当たり前のことをしているだけなので、そう言われるのは不思議です。

村田:そう言ってもらえる事は光栄です。これからもミスのないように協力していこう!

 

Q8、オフの日は何をしていますか?

畠山:友人とご飯を食べに行ったり、カラオケに行ったりしてリフレッシュしています。

村田:大体寝ています。寝ることが好きなので(笑)

 

Q9、二人の特技を教えてください。

畠山岡本蒼(1年・外野手・報徳学園)の部屋で歌う事!渡辺能久(1年・外野手・日大二)もその場によくいます。大声で歌うので喧嘩になります(笑)

seibinokagami
【岡本の部屋に集まる三人 左から、岡本 畠山 渡辺】

村田:一つのことに集中する事です。ONとOFFの切り替えも得意です。

 

Q10、もしも女子だったら彼氏にしたいのは?

畠山:渡辺能久。一番気が合います。喧嘩もたまにしますが、喧嘩するほど仲がいいと思うので。

村田種田さん(4年・外野手・種田真大・大垣日大)。野球で活躍する姿、立ち振る舞い、すべてにオーラがあってカッコいいです。

 

Q11、学年で一番面白いのは?

畠山:渡辺能久。ねじが飛んでいます(笑)

村田荒木(1年・内野手・荒木恵亮・神戸国際。どんな状況でも笑いを取れるところが凄いです。

 

Q12、学年一の男前は?

畠山:渡辺能久。文句なしに一番の男前だと思います。ちなみに二番目は私自身です。

村田竹間(1年・マネージャー・竹間心・立教新座)。どんなことにも一生懸命に取り組み、努力を怠らない。そんな姿が男前です。

 

Q13、最後にファンの方へ一言お願いします。

畠山:目標を達成するために日々精進してまいります!応援よろしくお願いします!

村田:日々の積み重ねを大切に努力したいと思います。応援よろしくお願いします!

B4A056A8-3ACD-44AB-84C1-758328E5CDD9
【左 畠山、右 村田 ※あまりにも表情が固いので、「少しくだけて!」とお願いしたら、真面目な二人が頑張ってふざけてくれました。】

以上しっかり者二人のインタビューをお届けしました!

 

次回は10月生まれの、金川大祐(1年・外野手・立教新座)×竹津颯斗(1年・投手・長岡大手)コンビです!

お楽しみに!

 

 

【1年・マネージャー・福家紗也子・富士見】

東京六大学野球ブログリーグ一覧