TOKYOROCKS 東京六大学野球

立教大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2018.12.10

選手ブログリレー☆#3

皆さまこんにちは!

本日も「選手ブログリレー#3」をお送りします(^^)/

今回の登場選手は、立大野球部の元気印☀️
田中誠也(3年・投手・大阪桐蔭)です!

東大② (1148)

☆田中誠のプロフィール☆
身長/体重:171cm 67kg
出身校:大阪桐蔭高校
出身地:大阪府
血液型:A型
誕生日:1997年10月27日
学部学科:コミュニティ福祉部 スポーツウエルネス学科
好きな食べ物:焼き肉
趣味/マイブーム:寝ること、グローブ磨き

☆田中誠也ってどんな人?
「元気!あとはとりあえず、めちゃくちゃかまちょやな。お猿さん!」
(小倉大貴・3年・学生コーチチーフ・神戸国際大附)

「猿。メンヘラで前歯がでがち。でもなんだかんだ真面目で優しくて、大好きです。」
(中川颯・2年・投手・桐光学園)

「常に元気で、ベンチでもチームを鼓舞してくれる先輩です!」
(三井健右・2年・外野手・大阪桐蔭)

「出っ歯。わんぱくで元気な子ども!とっても後輩思いな先輩です。」
(川端健斗・1年・投手・秀岳館)

o18a108f386a4cfa820d848df2a57d432_4620693218524444963_180819_0035

誠也にブログをお願いすると、
「真面目な一面を見せる!(笑)」と意気込んで、ノリノリで書いてくれました😊

どうぞお楽しみください!

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+

こんにちは!3年の田中誠也です。

私は、12月1日(土)~3日(月)にかけて二泊三日で行われた、
立教大学体育会本部が主催する体育会リーダースキャンプに副将として参加させていただきました。

野球部からは、健造さん(4年元主将・外野手・横浜)、本郷(3年・マネージャー・県相模原)、
体育会役員の及川(3年・捕手・東陵)が参加しました!

IMG_4972
左から、本郷、健造さん、田中誠、及川

リーダースキャンプとは、体育会各部の主将・主務・中心選手が参加し
リーダーシップ・リレーションシップ・モチベーション・エデュケーションといった
部を運営していくにあたって必要となる要素ついて、ディスカッションをするというプログラムです。

正直、新チームで副将を務めるまでは、自分が上手くなる事だけを考えていました。
自分が活躍したい、結果を残したい。その一心で大学野球に取り組んできました。

新チームが発足してまだ約1ヶ月。
短い期間ではありますが、副将はどのようにチームに関与していかなければならないのかわかりませんでした。

そんな気持ちの中、リーダースキャンプに参加。
私は意外と人見知りで、自分から話しかけるのが少し苦手です。普段はヘラヘラしていますが…(笑)

しかし、このリーダースキャンプでは、積極的にどんどん自分の意見を話すことができ、
他の部のリーダー的存在の人たちの意見も多く聞く事ができました。

IMG_4971
集合の様子です(^_^)

私が参加したリーダーシップのパートでは、他の部の人たちと色々な意見を交換し論議を繰り返して、同じ悩みや不安をもつ選手たちとコミュニケーションを取りました。

私は、2019年度の新チームを「全部員が一体となり勝つことのできるチーム」にしたいと思っています。
リーダーシップのパートでは、そのために自分は何が出来るのか、どうチームと関わっていかなければならないのか、という議論になりました。
チームに足りない部分とその原因、それに対して自分が何をしなければいけないのかを考えました。

今までは自分のことを最優先に考えていましたが、
この話し合いを通して、副将としてチームのために何が出来るかを考えられるようになりました。

IMG_4969

100人を超える大所帯で、全部員が一つになるために私が出来ることは、
とにかく沢山の人とのコミュニケーションを取ること。
そして、相手の考えや自分の考えを積極的に話し合う必要があると感じました。

また、一人一人が常に小さな目標を立てそれを達成し、新しい目標を立て続けて共有する。
そうしていけば、モチベーションを維持していけると参加者の方にも教えてもらいました。

IMG_4968

キャンプを通して、私が見えてきたリーダーシップは、
「実力、実績など関係なく全部員との関わりを大切にし、人として信頼される人間になる」ということ。

覚悟を決めて学生コーチになってくれた人たちは、
それを常に考えてくれていると痛感し、感謝の気持ちを改めて感じました。

マネージャーは、グラウンドでは関わることは少ないですが、
チームの大黒柱であり、マネージャー無くしてチームは成り立たないということも感じました。

この3日間で私自身、“考える”という苦労を感じましたが、
きっとスタッフは、日頃からこれ以上の苦労をしているのだとわかりました。

今は、選手は全員、裏方への感謝をもっとしなくてはいけないと感じています。

その他にもたくさんの引き出しができ、学び得たことが多くありました。
この内容を野球部に持ち帰って、いろんな選手と共有していきたいと思います。
また、このキャンプで出会った、体育会の熱い思いを持った仲間たちとの横のつながりも大切にし、
これから1人の人間として成長していけるよう精進してまいります!

最後に、今回リーダースキャンプを開催するにあたって、運営をしてくださった体育会本部の皆さん、大学関係者の方々、常任委員会、新勧委員、協力スタッフの皆さん、このような機会を設けてくださり、本当にありがとうございました。

IMG_4970

【3年・副将・投手・田中誠也・大阪桐蔭】

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+

キャンプ参加前は、「俺人見知りやからな〜」としぶっていた誠也。
しかし帰ってくると、誰よりも一番楽しめたとの報告でした!よかったです(笑)

長くなってしまいましたが…
さて!次回のブログリレーは、3年小倉大貴が登場します!

おたのしみに!☆

【3年・マネージャー・小林万里菜・春日部共栄】

東京六大学野球ブログリーグ一覧