TOKYOROCKS 東京六大学野球

立教大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2019.08.17

【新入生紹介企画③】東北編

皆さんこんにちは!

1年マネージャーの大河原すみれです。

今日でリーグ戦開幕まで残り28日となりました!弊部では、キャンプが終わると同時に連日のようにオープン戦が行われています。新座グラウンドは開放していますので、どなたでも観戦することができます!9月中旬まで行われますので、ぜひスケジュールをチェックしてみてください(*^^)v そして、神宮球場とはまた違い、リラックスした日頃の部員の様子をぜひ見にいらしてください!!

 

さて、今回は新入生紹介第3弾ということで、東北の高校出身の蒲生潤(1年・内野手・高田)×小岩優介(1年・投手・一関第一)×小松令(1年・外野手・東北学院)×松田翔人(1年・内野手・利府)に話を聞いていきたいと思います!

 

どうぞお楽しみください(^▽^)/

IMG_3135【左から小岩、蒲生、小松、松田

 

 

―――まずは球歴を教えてください!

 

蒲生:広田小学校から高田東中学校に進んで、高校は岩手県立高田高校です。

小岩:赤荻小学校から山目中学校、磐井中学校でプレーして、高校は岩手県立一関第一高校です。

小松:小学生の時は通町コスモスボーイズ、楽天スクールでプレーしていました!中学は仙台市立第二中学校軟式野球部で、高校は東北学院高校です。

松田:小学生の時はリトルリーグの宮城野ブッシャーズ、中学生の時は七ヶ浜リトルシニアでプレーしていました。高校は宮城県立利府高校です!

 

 

―――どうして立教大学の野球部に入部を決めたのですか?

 

蒲生:中学生の時に地元に立教大学の野球部が来てくださって、その時に高田高校出身の先輩がいて、自分も高田高校に行って立教大学に入りたいと思ったので、立教大学に決めました!

小岩:六大学野球で野球がしたかったからです!

小松:小学校からの夢であった、東京六大学野球でプレーしたかったからです!

松田:指定校推薦で立教大学に行けるチャンスがあって、憧れの六大学で野球をするためにどうしても立教大学に入りたかったので、部活と勉強を両立してテストで頑張って良い成績をとれるようにしていました!

 

 

―――野球と勉強の両立は偉いですね!では、大学生活を過ごしてみて感じることは?

 

蒲生:勉強と練習の両立を図るのが難しくて、、、でもとても充実していて楽しいです!

小岩:楽しいです!!

小松:いろんな人と交流できて楽しいです!

松田:初めての寮生活で、少しずつ慣れてきたところです。学校も野球も楽しいです!

 

 

―――私も初めて寮に入ったので、その気持ちがすごくわかります!!入部してしばらく経ったけれど、お互いの印象は?

 

蒲生:翔人(松田)は同じポジションとして毎日一緒に頑張っています。優介(小岩)には毎日部屋に通わせてもらってます。令(小松)は外野からのカットをいつももらっています。

小岩:潤(蒲生)は同じ岩手県出身で、東北中学選抜野球の時の岩手県選抜メンバーで一緒でした!翔人(松田)は彼女とすごく仲いいイメージしかない(笑)めっちゃ優しい好青年です。小松はコミュ力高い。

小松:小岩は毎日一緒に登校しています!こう見えて実はうるさいです(笑)蒲生は守備がとてもうまいです。翔人(松田)は同じ宮城県民としてやっぱり頼りがいがあり、心の支えとなってます!

松田:蒲生は同じポジションとして自主練習を一緒にやったり、お互いにアドバイスをしたりしています。小岩とは仲がいいです!小松は同じ宮城県民として頼れる存在です。

 

 

―――やはり同じ地方出身だと親近感というか安心感が湧きますよね。では、目標とする人を教えてください!

 

蒲生:高校1・2年の時の監督である伊藤貴樹監督です。自分にバッティングや守備だけでなくて、私生活のこととかいろいろなことを教えてもらったし、監督は東京六大学野球でベストナインを獲っているので、自分もベストナインを獲れるように頑張ります!

小岩:イチロー選手です。常に向上心があるからです。

小松:小中高時代に野球を教えていただいたコーチや監督さんです。野球だけでなく、人間的な面でもいろんな事を教えていただきました。

松田:高校野球時代の監督です。とても自分を成長させてくれた存在で、将来自分も野球の指導者になりたいと考えているので、監督のような指導者になりたいと考えています!

 

 

―――大学野球での目標を教えてください!

 

蒲生:リーグ戦に出て、ベストナインを獲ることです!

小岩:神宮の舞台に立つこと!

小松:試合に出て、今までお世話になった人に恩返しをしたいです!

松田:神宮のグラウンドに立ってプレーすることです!

 

 

―――4人は東北出身ということだけれど、東北ならではのエピソードはありますか?

 

蒲生:岩手は海のものがおいしい!

小岩:それはそうかも!

松田:宮城県の仙台市は政令指定都市なので栄えてます!あと、宮城県は温泉が多い!牛タンもおいしい!ずんだもち、ずんだシェイク!

 

 

―――上京、大学の授業、練習、・・・と生活も大きく変わったと思うけれど、最近のマイブームは?

 

蒲生:寮生活だからこそできることだけど、友達の部屋行くこと!

小岩:ウクレレかな!

松田:スターバックスのフラペチーノ飲むことです!

小松:松田と一緒で、甘いものを食べる!

松田:いや、自分は甘いものじゃなくてスタバって言ったから!()

 

 

―――みんなマイブームかわいいですね!では4人の特技は?

 

蒲生:球技かな。

小岩:スノーボード。

小松:早起きすることです。

松田:ボーリング。スコアは190くらい。

 

 

 ―――やはり野球部は球技には強いですよね。小松の特技は早起きと言ってましたが、ちなみに弊部では、1年生は朝530からグラウンドや室内練習場などの整備の仕事があります!では、オフはどうやって過ごしてる?

 

蒲生:温泉!

小岩:寝てる。カラオケ行ったりボーリング行ったり、食べ歩きもする!

小松:翔人(松田)とカラオケ行ってる。

松田:蒲生くんとかとカラオケ行ってる!あと、ボーリングとか。

 

 

―――では、学年で一番優しいのは誰だと思いますか?

 

蒲生でぐちっち(1年・捕手・出口竜・長崎西)。長崎弁教えてくれます。 

小岩まっさ(1年・内野手・中野雅大・鎌倉学園)。人によって態度を変えないから。

小松ともや(1年・内野手・佐野智也・幕張総合)。すべて純粋で、なんというかすごくいい子ちゃん。

松田:俺も佐野!

 

 

―――では最後に一言!

 

蒲生:がんばっぺし!

小岩:頑張ってこ!

小松:見せましょう、東北の底力!

松田:4年間頑張ります!

 

 IMG_3143

  

 

いかがでしたでしょうか?

最後も東北らしく、方言で元気に締めてくれました!

 

次回は北関東編!

瀬間涼太(1年・内野手・東農大二)×角田陸斗(1年・捕手・東農大二)×諸藤駆(1年・外野手・東農大二)×宮海土(1年・投手・國學院栃木)4人の登場です!

それでは、次回もお楽しみに!!

【1年・マネージャー・大河原すみれ・湘南白百合学園】

 

東京六大学野球ブログリーグ一覧