TOKYOROCKS 東京六大学野球

立教大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2020.08.26

【新入生紹介企画④】内野手・外野手編<2>

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!1年マネージャーの中澤智恵美です。

猛暑の中で行われた春季リーグ戦を終え、一ヶ月後に迫った秋季リーグ戦に向けて部員一同、練習に励んでおります。秋季リーグ戦も応援のほどよろしくお願いいたします。

さて今回の新入生紹介企画第4弾は、鎰廣偉吹(1年・内野手・春日)×西川晋太郎(1年・内野手・智辯和歌山)×岡村祥吾(1年・外野手・立教新座)×寺﨑拓真(1年・外野手・東明館)の内野手・外野手4名の対談になっております!

それではお楽しみください!!

{"source_sid":"CA296782-9BDD-4F2D-B388-E7EAC4D3C54D_1598332356327","subsource":"done_button","uid":"CA296782-9BDD-4F2D-B388-E7EAC4D3C54D_1598332356301","source":"other","origin":"gallery"}

【上段左から寺﨑西川、下段左から岡村鎰廣

 

─────まず初めに、球歴を教えてください!

西川:7歳から保田少年野球クラブで野球を始め、中学生の頃は紀州由良リトルシニアに所属していました。高校は智辯和歌山高校です。

寺﨑:自分も7歳から野球を始めて、小学生の頃は基山ジャガーズ、中学は基山中学校で高校は東明館です。

岡村:8歳から菅野ポールスターズで始め、中学高校は立教新座で大学も新座キャンパスです。

鎰廣:小学校の頃は天神山レッドスターズでソフトボールをしていました。10歳から野球を始めて、中学生の頃は福岡ブルースターズでプレーしていました!高校は春日高校です。

 

─────立教大学野球部に入部を決めた理由を教えてください!

西川:監督さんから声をかけてもらって、六大学野球という偉大なリーグで野球やりたかったし、もっと高いレベルで野球やりたいと思ったから選びました。

鎰廣:大学で野球続けたいと思った時に、東京六大学に憧れがあり、そこで野球したいと思ったからです!

岡村:中学から立教ですが、中学受験の時から六大学野球に憧れて受験しました。そして今に至る感じです。

寺﨑:東北楽天ゴールデンイーグルスの田中和基選手(H29卒)に憧れていて、六大学野球に憧れもあり、そして立教大学野球部の雰囲気が自分に合っているように思ったからです。

西川:俺もう一回言うわ、言わせて!!ラストラスト!!!えっと、高2の時に練習参加して、その時に立教いいなと思いました。しかも六大学やし、レベル高いところで野球したいなと思って、選びました。

寺﨑:変わってない、一緒!!(笑)

西川:ええやん(笑)おっけい!次いこ!!

 

─────はい..(笑)では次の質問に行きます!大学野球での目標を教えてください!

鎰廣:リーグ戦に出場することです!

岡村:リーグ戦に出て、チームに貢献することです!

西川:リーグ戦に出て、優勝したいし、優勝する時の中心的存在になりたいと思ってます!

寺﨑:リーグ戦で大事な場面を任されるような選手になりたいです!

 

─────全員がリーグ戦出場している姿を見られることを私も楽しみにしています!それでは、自分のポジションの魅力をお願いします!

西川:はい!はい!!俺から言う!!(挙手)

─────はい、どうぞ(笑)

西川:自分はショート守ってるんですけど、自分の中では勝手に内野手の中では一番格好いいポジションだと思ってて。一番目立てるし、かっこいいプレーしたら「おおおお」ってなるところですね。一番かっこいいですね。

寺﨑:次俺!!
自分センター守ってるんですけど、センターが一番外野の中で格好いいと思ってて・・・(笑)センターはポジションの中で唯一キャッチャーとピッチャーの延長線上にいて、守備の要になるポジションだと思ってます。ちなみに西川の真似してません。最初からこれ言うつもりでした!!!

鎰廣:自分はセカンドで、内野の中で難しいところだと思ってるし、スピード感とか求められると思うので、そういうところが魅力だと思ってます。

岡村:自分は寺崎と同じセンターなんですけど、守る範囲が広、、、

寺﨑:どこどこどこ??ごめん聞いてなかった!!岡ちゃんごめん!

岡村:ごめんごめん、えっと(笑)いくよ!!(なぜか岡村も謝っています…笑)
守らなきゃいけない場所が広い分、自分が動く範囲が多いのでその分いいプレーも多いと思って格好いいと思ってます!

寺﨑:(拍手)

 

─────それぞれ自分のポジションが一番かっこいいという自信と誇りが感じられます!では、そもそも野球をはじめたきっかけはなんですか?

西川:3歳の時からお父さんとボール打ったりして遊んでて、小学校低学年の時に友達と少年野球の体験に行って、シンプルに楽しかったから始めた!

寺﨑:兄が野球していて、小さい時からキャッチボールとかしてました。兄につられて始めたって感じです!

岡村:小学校低学年の頃にテレビでWBCのイチロー選手を見て野球を始めました。

鎰廣:小5ぐらいの時に体験会に行ってすごく楽しかったし、そのチームの先輩から強く勧められたので入りました。

 

─────それでは、高校時代の思い出を教えてください!

西川:はい!高校の自慢!!偏差値が高い(笑)

一同:爆笑

寺﨑:偏差値なんですか?

西川:まじで73くらい!あ、野球部の偏差値は3ぐらいです(笑)俺自身の自慢は5期連続甲子園出場したこと!

一同:それは間違いない、、

岡村:高2の夏に右打ちから左打ちに変えました。

寺﨑:高3の夏の大会13打数10安打!そしてサヨナラホームラン1本!!

一同:拍手

鎰廣:高校から左打ちを始めて、高校の頃は両打ちでした!

 

─────では、今後現在のような自粛生活が終わったら何をしたいですか?

寺﨑石元(1年・投手・佼成学園)と映画観に行きたいです!

西川:えっ…俺入っとらんやん、もうええわ

寺﨑:あ、晋太郎君もです。上映中のやつ全部観ます。

鎰廣:カラオケ行きたいです

岡村:プール!!

西川:普通に笑って過ごせるならそれでいいと思います^^

一同:え、、、何??(苦笑)

 

─────自粛生活が終わったらぜひ行ってきてください!それでは、目標としている人を教えてください!

西川:小学校5年生の時に出会った先生です。馬鹿だった自分を真っ直ぐにしてくれた、自分の人生を変えてくれた先生です。人として成長させてくれました。かっこいい先生です。まだ会えていないので時間ができたら会いに行きたいです。
・・・・・・俺めちゃめちゃいいこと言ってない?!!

寺﨑:それ言うからダメなんよ。(笑)
自分は、中学校の野球部の監督です。え、、西川の真似じゃないですよ(2回目)一人ひとりのことを考え、思ってくれる人で、ずっと憧れてます。

岡村:付き人の道原さん(2年・外野手・駒大苫小牧)です。外野手としても尊敬していて、人としてもいろんなことを教えてくれるのでとても尊敬しています。
(※付き人:1年の仕事などを引き継ぐ先輩後輩関係のこと)

鎰廣:小さい頃から菊池涼介選手(現広島東洋カープ)に憧れてます!

 

─────ではここで、4人の人生グラフについて解説をお願いします!

スクリーンショット 2020-08-25 13.44.16

西川:7歳から野球を始め、13歳で由良シニアに入りました。この時は単純に野球が楽しかったです。14歳で肘を怪我してマイナスに下がりましたが智辯和歌山高校に入学でき、ここから頑張ろうと思えました。けど入ってすぐ、いろんなきつさが重なりどん底に落ち込みました。そこからなんとか這い上がり、高1から5季連続で甲子園にスタメンとして出場できました。大学生になった今ヒーローへの第一歩、頑張ります!

 

スクリーンショット 2020-08-25 13.45.42

寺﨑:6歳から陸上を始め7歳から野球を始めました。12歳で右肘を怪我して下がりました。中3で県大会優勝を達成し野球の楽しさを実感していた16歳の時に腰椎分離症になってしまい、野球ができない日が長く続きました。その時期が一番しんどかったです。最後の大会で結果を残して高校を卒業できましたが、大学入学とともに地元を離れることで少し落ちました。ここから大学卒業とその先に向けてどんどんレベルアップしていけるよう頑張ります!

 

スクリーンショット 2020-08-25 13.45.00

鎰廣:野球を始める10歳までは特に何の変化もなく過ごしてました。10歳で野球を始め、18歳最後の夏で県ベスト8になるまでも特に大きく下がることもなく、常にプラスを維持していました。大学に入学し、これからはレベルに圧倒されたり、いろんな困難があるかと思いますが、目標に向かって頑張っていきます!

 

スクリーンショット 2020-08-25 13.43.37

岡村:小2で野球を始め、中学受験の時から六大学野球に憧れていたため、立教新座中学校に入学しました。高2の春に左打ちに転向しましたがその後怪我が続き、思うように野球ができませんでした。大学野球では、まず第一に怪我に気をつけて頑張っていきます!

 

─────4人のグラフを見ると一人ひとりそれぞれの“らしさ”が感じられるような感じがします。それでは、対談も終盤となりましたが、お互いの印象について聞かせてください!

西川:寺﨑は自分が入寮した次の日に入寮してきたから初めから結構話してて、第一印象は…背が高いやつやなと思った。ちょっと経ってから池田(1年・投手・智辯和歌山)川口(1年・投手・東明館)と4人で映画観に行って、そこから一気に仲良くなって、今は「いいやつやんけ」って感じ(笑)

寺﨑:岡村は、初めて見た時のシートノックの印象が強いです。けど実際喋ったら面白いし、ポテトチップスくれるし、今では「岡ちゃん」呼びです!仲良いです

岡村:鎰廣、なんか方言がすごくて、すっごい「けん」って言うやつ(笑)

鎰廣:西川は、入る前からテレビ越しに見てた人で、勝手に怖そうなイメージ持ってたけど、話してみたら明るくて、めっちゃ喋るしうるさいけどいいやつだなと思います。

 

─────結構第一印象と今の印象が結構違いますね…これからもお互いの意外な一面を発見できるといいですね!それでは、最後に一言お願いします!

西川:まだ見れてない世界があると思うので、その世界に飛び込んでいけるような選手になります、頑張ります!!

寺﨑:名門校じゃなくて地方出身で不安だけど、練習環境が整っているこの環境で、いっぱい努力して、試合に出られるように頑張ります!

岡村:怪我に気をつけて頑張ります!

西川:え…最後に一言って俺も言うん?

寺﨑:え、何?お前もう言ったやん

一同:爆笑

鎰廣:今すごく大学野球のレベルの高さを感じています。この環境でしっかり練習して、リーグ戦に出られるよう頑張ります!

 

仲のいい4人によるテンポの良い対談、いかがでしたでしょうか?

予定は45分で行う予定だった対談も4人の驚異的な回答スピードにより30分で終了しました!しかしその後、他愛もない話を40分以上話し続けた結果、予定を大幅にオーバーしていました。常に笑いの絶えない対談となりました!

いつでも元気溢れるフレッシュな4人の今後にご期待ください!!

 

次回は齋藤舜(1年・内野手・桐朋)×藤本倫(1年・内野手・立教池袋)×峯岸快(1年・内野手・桜美林)×二角凛海(1年・外野手・広島新庄)×三田村篤(1年・外野手・國學院久我山)の内野手・外野手<3>をお届けいたします。お楽しみに!!

 

【1年・マネージャー・中澤智恵美・成蹊】

 

 

東京六大学野球ブログリーグ一覧