TOKYOROCKS 東京六大学野球

立教大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2021.10.28

2021秋季リーグ戦 対明治大学

ブログをご覧の皆さま、こんにちは!

3年マネージャーの白石です。

 

本日は、先週末に行われた明治大学戦についてお届けします!

10月23日(土)第一回戦

M 200 000 000=2

R 000 010 000=1

優勝をかけた大事な1戦。初回、適時打と失策により2点先制されます。一方の打線も、先発・竹田の前に得点することができません。

明大① (920)

(先発した池田陽(2年・投手・智辯和歌山)

 

2点ビハインドで迎えた5回裏、先頭の吉岡(3年・外野手・広陵)が右前安打で出塁すると、続く黒岩(3年・捕手・静岡)の犠打で一死2塁と得点のチャンスを作ります。

明大① (994)

(5回にヒットを放った吉岡

 

続く打者が倒れるも、9番代打柴田颯(3年・内野手・札幌第一)が内野安打を放ち、ようやく1点を返します!

明大① (1161)

(5回に適時打を放った柴田颯

 

その後もなんとか得点を挙げたいところでしたが、反撃の糸口を掴むことができず、そのまま敗戦となってしまいました。

これにより、立教の優勝の可能性は消滅してしまいました。

 

 

10月24(日)第二回戦

R 400 000 000=4

M 100 101 002X=5

初回の先頭打者、道原(3年・外野手・駒大苫小牧)が中前安打で出塁を決めると、続く井上剛(3年・内野手・佐久長聖)の左前安打、山田(3年・内野手・大阪桐蔭)の犠打で一死1,2塁とチャンスを作ります。

明大②(883)

(初回に安打を放った道原

 

明大②(1225)

(初回に安打を放った井上剛

 

ここで4番東(4年・外野手・福岡大大濠)の犠飛により1点先制します!続く吉岡が四球を選び、なおも二死1,3塁と追加点のチャンスを広げます。

さらに黒岩の適時二塁打、太田(4年・主将・智辯学園)の適時打により2点追加し、4点とリードを広げます!

明大②(954)

(初回に適時二塁打を放った黒岩

 

明大②(974)

(初回に適時打を放った太田

 

先発マウンドに上がったのは1回戦のリリーフで好投した荘司(3年・投手・新潟明訓)。初回に死球と適時二塁打で1点失うも、続く2,3回は無失点に抑えます。

明大② (199)

(先発の荘司

 

しかしその後徐々に点差を詰められていき、最終回に逆転サヨナラ打を浴びて4-5で惜敗してしまいました。

 

この試合をもちまして、弊部は5勝4敗1分・勝ち点5.5で秋季リーグ戦全日程を終えました。

今年度も例年とは異なる形でのリーグ戦となりましたが、無事最後まで試合ができたことに感謝いたします。

春秋ともに、あと一歩のところで優勝を逃してしまいました。しかし、太田率いる新チームが発足してから1年間を通して、チームは大きく成長したと実感しております。

この悔しさを糧に、来季こそは必ず優勝できるよう今後とも練習に励んでまいります。

今季も立教大学野球部への温かいご声援、誠にありがとうございました。

 

また、秋季リーグ戦終了翌日より4日間秋季フレッシュトーナメントが行われます。

詳細はこちらをご覧ください。

今後の野球部を担っていく1年生、2年生の活躍にご期待ください!

今後とも応援の程、よろしくお願いいたします!

 

【3年・マネージャー・白石優依・湘南白百合】

 

東京六大学野球ブログリーグ一覧