BIG6 BLOG LEAGUE

立教大学
野球部ブログ

主将 山田 健太
  • TOP
  • 2022春季リーグ戦 対慶應義塾大学

2022春季リーグ戦 対慶應義塾大学

ブログをご覧の皆さん、初めまして!

1年マネージャーの田中です!

先週の試合前の時点で、大学には引き分けを挟んで11連敗中。なんとも相性が悪いです…。

今回は、大学戦の振り返りをしていこうと思います!
それでは振り返っていきましょう。

 

4月23日(土) 大学1回戦

【スターティングメンバー】
1 中 道原
2 左 宮﨑
3 三 西川晋
4 二 山田
5 一 柴田颯
6 右 吉岡
7 捕 黒岩
8 投 荘司
9 遊 井上剛

 

 

慶應① (1515)
【中・道原】

慶應① (1683)
【左・宮﨑】

慶應➁ (789)
【三・西川晋】

慶應① (993)
【一(途中出場)・齋藤大】

慶應① (859)
【二・山田】

慶應① (391)
【一・柴田颯】

慶應① (220)
【代打・森村】

慶應① (2838)
【三(途中出場)・柴田恭】

慶應➁ (1144)
【右・吉岡】

慶應① (2900)
【代走・菅谷】

慶應① (886)
【捕・黒岩】

慶應① (2897)
【代走・諸藤】

慶應① (1697)
【投・荘司】

慶應➁ (1390)
【投(途中出場)・島田】

慶應➁ (2285)
【投(途中出場)・宮】

慶應➁ (1706)
【投(途中出場)・沖】

慶應➁ (1975)
【代打・田中】

慶應① (925)
【遊・井上剛】

 

法政大学戦に続き、初戦の先発のマウンドを任された荘司(4年・投手・新潟明訓)は、7回を被安打2無失点に抑える好投を見せます!
その好投に応えたい打線は、2回、3回と満塁のチャンスを作りますが、あと1本が出ません。

《6回表》

そんな中、先発投手の八番荘司が、法政大学戦に続き今季2本目となるソロ本塁打を放ちます!
立大が1点先制し、この試合の均衡が破れました。

慶應① (771)

慶應_ (2545)【本塁打を放つ荘司】

 

《7回表》

この回先頭の四番山田(4年・内野手・大阪桐蔭)がこの試合3本目となる中前安打を放ち出塁すると、代打森村(4年・外野手・国学院久我山)の犠打で一死二塁のチャンスを作ります。ここで七番黒岩(4年・捕手・静岡)が決死のヘッドスライディングで内野安打をもぎ取り、その間に二塁走者の山田が好走塁でホームに生還し、1点を追加します!

慶應① (866)
【安打を放つ山田】

慶應_ (895)
【適時打を放つ黒岩】

 

《8回裏》

この回から荘司に代わり二番手で登板した島田(4年・投手・龍谷大平安)相手打線に捕まってしまいます。先頭打者に安打を許すとその後、痛恨の逆転3ラン本塁打を浴び、2-3と一気に逆転されてしまいます。
その後、救援でマウンドに上がった宮(4年・投手・国学院栃木)も流れを止めることが出来ず、押し出しとなる四球で痛恨の1点を献上してしまいます。

 

《9回表》

六番吉岡(4年・外野手・広陵)の二塁打と七番黒岩の四球で得点のチャンスを作りましたが、後続が打ち取られ、無念の敗戦となってしまいました。

 

《試合結果》

2-4で敗戦となりました。

R 000 001 100=2
K 000 000 04X=4

 

 

4月24日(日) 大学2回戦

【スターティングメンバー】

1中 道原
2左 宮﨑
3右 吉岡
4二 山田
5一 柴田颯
6捕 黒岩
7三 西川晋
8遊 井上剛
9投 島田

 

慶應➁ (1308)
【中・道原】

慶應① (989)
【左・宮﨑】

慶應➁ (1339)
【右・吉岡】

慶應➁ (2021)
【代走・諸藤】

慶應➁ (1158)
【右(途中出場)・菅谷】

慶應➁ (1184)
【二・山田】

慶應➁ (2199)
【代走・森村】

慶應➁ (228)
【一・柴田颯】

慶應➁ (1192)
【一(途中出場)・齋藤大】

慶應➁ (772)
【捕・黒岩】

慶應➁ (1530)
【三・西川晋】

慶應➁ (2323)
【投(途中出場)・宮】

慶應➁ (862)
【遊・井上剛】

慶應➁ (1248)
【投・島田】

慶應➁ (1672)
【投(途中出場)・沖】

慶應➁ (1981)
【代打・田中】

慶應➁ (2011)
【投(途中出場)・吉野】

慶應➁ (1177)
【三(途中出場)・柴田恭】

 

第2回戦の先発のマウンドを任されたのは島田!前日の雪辱を果たしたいところです!

慶應➁ (1409)
【島田】

 

《2回表》
先発の島田がソロ本塁打を浴び1点先制されてしまいます。

《2回裏》

反撃したい立大は、この回先頭の四番山田が右前安打を放ち出塁すると、六番黒岩、七番西川晋(3年・内野手・智辯和歌山)の連打で一死満塁のチャンスを作ります!

この場面で、八番井上剛(4年・内野手・佐久長聖)が犠飛を放ち、1-1の同点に追いつきます!

慶應➁ (415)
【犠飛を放つ井上剛】

 

《3回表》

しかし、島田が単打と犠飛等で1点を献上し、1-2と逆転されてしまいます。

《4回表》

島田、この回先頭の打者にソロ本塁打を浴びてしまいます。

4回途中、島田に代わり沖(2年・投手・磐城がマウンドに上がります。
するとは、1人も走者を出さない好投でチームに流れを持って来ます!

慶應➁ (1682)
【沖】

 

《6回裏》

この回先頭の三番吉岡が三塁打を放ち、続く四番山田犠飛で1点を返します!

慶應➁ (1616)【三塁打を放つ吉岡】

その後、二死から六番黒岩が中前安打を放ち出塁すると、七番西川晋、八番井上剛、代打田中(2年・内野手・仙台育英)3連続四死球によって、同点に追いつきます!

慶應➁ (1811)
【ガッツポーズをする吉岡】

 

《7回表》

東京六大学野球リーグ戦初登板の吉野(1年・投手・仙台育英)が一死一、二塁のピンチを背負いますが、後続を打ち取り無失点で切り抜けます!

慶應➁ (696)
【吉野】

 

《8回表・9回表》

8回を、9回を荘司継投で繋ぎ、無失点に抑えます!

慶應➁ (2383)
【宮】

慶應➁ (2569)
【荘司】

 

《9回裏》

何とか得点したい立大は、二死から四番山田が四球を選び出塁するも、最後は山田の代走森村の盗塁死で試合終了となりました。

《試合結果》

3-3で引き分けとなりました。

K 011 100 000=3
R 010 002 000=3

勝負は第3回戦に縺れ込みます!

 

4月25日(月) 大学3回戦

【スターティングメンバー】
1 中 道原
2 左 宮﨑
3 三 西川晋
4 二 山田
5 一 齋藤大
6 捕 黒岩
7 右 吉岡
8 投 荘司
9 遊 井上剛

 

慶應➂ (148)【中・道原】

慶應➂ (1101)【左・宮﨑】

慶應➂ (1120)【三・西川晋】

慶應➂ (1438)【二・山田】

慶應➂ (1265)【一・齋藤大】

慶應➂ (1499)【投(途中出場)・沖】

慶應➂ (1270)【捕・黒岩】

慶應_ (1281)【右・吉岡】

慶應_ (648)【代走・菅谷】

慶應➂ (199)【投・荘司】

慶應➂(1708)【代打・佐藤】

慶應➂ (1332)【投(途中出場)・宮】

慶應➂ (1408)【投(途中出場)・石元】

慶應_ (108)【一(途中出場)・田中】

慶應_ (1081)【遊・井上剛】

慶應_ (596)【代打・松田】

 

第3戦の先発投手は荘司です!

《1回裏》

荘司が長打を2本浴び、1点先制されてしまいます。

《3回表》

反撃したい立大は八番荘司、九番井上剛の連続四球で一死一、二塁とすると、二番宮﨑(4年・外野手・大阪桐蔭)が3ラン本塁打を放ち、3-1と逆転します!

慶應➂ (1105)【本塁打を放つ宮﨑】

 

《3回裏》

荘司が2者連続本塁打を浴び同点に追いつかれてしまいます。

《5回裏》

四球と犠打、単打に失策などが絡み3点を献上し、3-6と点差を広げられてしまいます。

《6回表》

この回先頭の二番宮﨑が四球を選び出塁すると、三番西川晋の中前安打と四番山田の四球で無死満塁のチャンスを作ります!ここで、今季初スタメンの五番齋藤大(2年・内野手・東北)が犠飛を放ち、1点を返します!

 

慶應➂(1727)【犠飛を放つ齋藤大】

 

《6回裏》

この回から継投に回ったが、3連打を浴び1点献上します。

この回途中から石元(3年・投手・佼成学園)が今季初登板となる救援に回り、後続を抑えます!

 

慶應_ (1409)【石元】

 

《8回裏》

3試合連続登板となったですが、いずれの試合も1人も走者を出さない好投を見せます!

慶應① (2793)【沖】

 

《9回表》

この回先頭の七番吉岡の内野安打、代打松田(4年・外野手・利府)の内野安打で一死一、二塁のチャンスを作りましたが、後続が打ち取られ4-7で敗戦いたしました。

《試合結果》

4-7で敗戦となりました。

R 003 001 000=4
K 102 031 00X=7

 

 

空き週を挟み、来週末は東京大学戦です!

5月7日(土)13:30試合開始予定

5月8日(日)11:00試合開始

 

先週も沢山のご声援ありがとうございました。

『進化』というスローガンのもと、チーム一丸となって優勝を目指し、精一杯戦ってまいります!

引き続きご声援のほどよろしくお願いいたします。

【1年・マネージャー・田中佑樹・立教池袋】