BIG6 BLOG LEAGUE

立教大学
野球部ブログ

主将 山田 健太
  • TOP
  • 2022秋季リーグ戦 対東京大学

2022秋季リーグ戦 対東京大学

ブログをご覧の皆さん、お久しぶりです!

1年マネージャーの田中佑樹(1年・マネージャー・立教池袋)です!

 

優勝に向けてもう1試合も負けられない中で迎えた東京大学とのカード。

今回は、東京大学戦を振り返るとともに、活躍した選手のインタビューも交えてじっくり振り返っていきたいと思います!

まず試合に出場した選手を紹介したいと思います!

 

10月8日(土) 東京大学1回戦

【スターティングメンバー】

1 二 西川晋
2 三 柴田恭
3 中 道原
4 一 山田
5 左 宮﨑
6 右 安藤碧
7 捕 黒岩
8 遊 井上剛
9 投 池田

西川
【二・西川晋】

鬼頭
【代打・鬼頭】

東大 (233)
【二(途中出場)・齋藤大】

柴田
【三・柴田恭】

畑
【代打・畑】

戸丸
【捕(途中出場)・戸丸】

道原
【中・道原】

山田
【一・山田】

宮﨑
【左・宮﨑】

安藤
【右・安藤碧】

東大➀ (4)
【捕・黒岩】

吉岡
【代打・吉岡】

沖
【投(途中出場)・沖】

井上剛 (2)
【遊・井上剛】

池田(2)
【投・池田】

東大 ➁ (1893)
【三(途中出場)・佐藤】

 

《1回表》

二死から三番道原(4年・外野手・駒大苫小牧が右前安打で出塁すると、続く四番山田(4年・内野手・大阪桐蔭)が2試合連続となる本塁打を放ち、2点を先制します!

山田 (3)
【本塁打を放つ山田

 

先発の池田(3年・投手・智辯和歌山)は安定のピッチングを披露しますが、3回に捕逸で1点、7回に適時打で1点を返され同点に追いつかれてしまいます。

池田

【力投する池田

 

《8回表》

何としても勝ち越したい立大はこの回、三番道原右越二塁打を放つと、四番山田の中飛、五番宮﨑(4年・外野手・大阪桐蔭)の四球と盗塁で二死二、三塁のチャンスを作ります。この場面で、リーグ戦初スタメンの六番安藤碧(3年・外野手・明石商業)が中前適時打を放ち2点追加!4対2と勝ち越しに成功しました!

この緊迫の場面で適時打を放った安藤碧にインタビューをしました。

 

田中佑:リーグ戦初スタメンとなる試合でしたが、どのような意気込みで試合に臨みましたか?

安藤碧:気負うことなく、いつも通り試合に臨もうと思っていました。

田中佑:決勝打となった適時打を放った時の感想を教えてください。

安藤碧:なんとかチームを勢いづけることができる1本を打ててとても嬉しかったです。

田中佑:まだまだこれからもリーグ戦は続きます。これから迎える早稲田大学戦、明治大学戦への意気込みを教えてください。

安藤碧:目の前の一戦に集中して勝利を掴めるように頑張ります。

田中佑:ありがとうございました!

 

その後、8回裏からマウンドに上がった沖(2年・投手・磐城)が8回9回と共に三者凡退に抑え、4-2で勝利いたしました!

 

《試合結果》

R 200 000 020=4

T 001 000 100=2

—————————————————

10月9日(日) 東京大学2回戦

【スターティングメンバー】

1 左 宮﨑
2 三 西川晋
3 中 道原
4 二 山田
5 一 柴田颯
6 右 安藤碧
7 捕 戸丸
8 投 荘司
9 遊 井上剛

東大➁ (404)
【左・宮﨑】

東大➁ (1411)
【三・西川晋】

東大➁ (1721)
【代打・吉岡】

東大➀ (24)
【三(途中出場)・佐藤】

道原 (2)
【中・道原】

東大➁ (504)
【二・山田】

東大➁ (518)
【一・柴田颯】

東大➀ (244)
【右・安藤碧】

東大 (742)
【捕・戸丸】

東大➁ (647)
【投・荘司】

東大➁ (1648)
【代打・鬼頭】

東大➁ (863)
【投(途中出場)・沖】

東大➁ (1841)
【代打・諸藤】

東大➁ (1716)
【遊・井上剛】

 

《5回裏》

両投手が好投を続けていましたが、その均衡を破ったのはリーグ戦初スタメンの戸丸(2年・捕手・健大高崎)でした。戸丸が左越本塁打を放ち1点を先制します!

S__122765316
東大➁ (2022)
【本塁打を放つ戸丸

 

前日の試合ではリーグ戦初打席初ヒット、この試合では先制弾を放った戸丸にインタビューをしました。

 

田中佑:初本塁打の感想を教えてください。

戸丸:打席前は健さん(山田)に「初球を振ってこい!」と言われてその通りに振りに行きました。まさか入るなんて思いませんでした。山田様様です。

田中佑:前日にはリーグ戦初打席初安打でしたが、その感想も教えてください。

戸丸:1年春からベンチに入れさせていただいて、やっと打席に立てたのはとても嬉しかったです。しっかり振りに行った結果がヒットになったので、それは本当によかったです。

田中佑:今季のリーグ戦では出場機会が多く、投手陣を引っ張っていますが、何か意識していることはありますか?

戸丸:意識していることは、ちゃんと捕ること。ボールを後ろにそらさないこと。この2つは、とにかく意識しています。その他は、黒岩さん(4年・捕手・静岡)や投手陣に引っ張ってもらっています。

田中佑:まだまだこれからもリーグ戦は続きます。これから迎える早稲田大学戦、明治大学戦への意気込みを教えてください。

戸丸:とにかくどんな形でも勝ちにいきます。自分がどの立場であろうと勝ちを全員で取りにいきます。そして、優勝します!これからもご声援をよろしくお願いいたします。

田中佑:ありがとうございました。

 

《8回裏》

7回表に犠飛で同点に追いつかれましたが、8回裏に三番道原右中間三塁適時打を放ち2-1と勝ち越します!

東大➁ (957)
【三塁打を放った道原

 

しかし、9回表に適時打により2-2と再び同点に追いつかれます。

《9回裏》

その裏、一死から代打諸藤(4年・外野手・東農大二)が四球を選び出塁すると、敵失や死球などにより一死満塁となります。ここで三番道原が押し出し四球を選び、3-2でサヨナラ勝利となりました!

道原へのインタビューです。

 

田中佑:前日は猛打賞、今試合も2安打2打点ととてもバッティングが好調のように思えますが、何か要因はありますか?

道原:小さくならずに思い切ってやろうと思うようになったメンタル的な部分の変化が要因だと思います。

田中佑:サヨナラの四球を選んだ打席前はどのようなことを考えて打席に入りましたか?

道原:状態は良かったので、特にあれこれ考えず、打てるゾーンに来た球をセンターへ強く打ち返そうとシンプルな考えを持って打席に入りました。

田中佑:優勝のためには来週以降の早稲田大学、明治大学戦が非常に重要な試合になります。意気込みを聞かせてください。

道原:優勝するためにはもう1つも負けられないので、とにかく勝利への執念を持って泥臭く戦っていきたいと思います。

田中佑:ありがとうございました。

 

《試合結果》

T 000 000 101=2

R 000 010 011x=3

—————————————————

本カードで、立大は勝ち点を獲得し、勝ち点2としました!

たくさんのご声援ありがとうございました。

 

次回の試合は、早稲田大学です!

10月15日(土)13:30試合開始予定
※プロ野球クライマックスシリーズが開催される場合は、12:30試合開始予定となります。

10月16日(日)11:00試合開始
※プロ野球クライマックスシリーズが開催される場合は、10:00試合開始となります。

 

優勝するためには、もう1つも落とせる試合はありません。

これからも厳しい試合が続くと思いますが、今後ともご声援の程よろしくお願いいたします。

【1年・マネージャー・田中佑樹・立教池袋】