TOKYOROCKS 東京六大学野球

東京大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2018.08.23

UTokyo vs UBC !

TOKYO ROCKSをご覧の皆様、ごきげんよう!

1年マネージャーの中嶋です。

先日、夏の全国高校野球選手権大会も大阪桐蔭の優勝で幕を閉じました。劇的なサヨナラ勝ち、ニューヒーローの誕生などに湧いた100回記念にふさわしい素晴らしい大会でした、終わってしまって寂しい限りです…

が!東大野球部はまだまだ熱い戦いを続けております!秋季リーグ戦の開幕まで3週間を切りました。いよいよ本番ですね。

さて、先日、カナダのUBC(The University of British Columbia)との交流試合が行われました。

第一戦の舞台はなんと横浜スタジアム!!今年もプロ野球や高校野球神奈川県大会などで数々の名勝負が繰り広げられましたね。私自身、3年前にプロ野球の観戦に訪れて以来でしたので、非常に胸が高鳴りました!

では、早速そんな第一戦を振り返っていきます。

vs UBC   4-4  (規定により7回引き分け)
試合前にはセレモニーと両大学学長・総長による始球式が行われました。

この試合の先発を任されたのは元神奈川高校球児の小林大雅投手(3年/横浜翠嵐)。まずは初回を見事に三者凡退に抑えます。
H30.08.20 vsUBC (268)blog

その裏、東大打線が猛攻を見せます。トップバッターの笠原内野手(2年/湘南)がいきなりヒットで出塁。2番新堀内野手(3年/麻布)もヒットでつなぎます。すると4番の三鍋捕手(4年/川和)がセンター前へのタイムリーを放って東大が先制します。

H30.08.20 vsUBC (304)blog
[先制タイムリーを放った三鍋捕手]

H30.08.20 vsUBC (287)blog
[2安打の活躍を見せた笠原内野手]

2回は2アウトとされますが、9番の梅山外野手(2年/四日市)が死球を受けて出塁すると、1番の笠原内野手が放った打球が左中間を破り俊足を飛ばして一気に三塁へ!このタイムリースリーベースで追加点をあげます。

一方のUBCも反攻を見せます。一挙5本のヒットを集めて3回に4点をとり逆転します。何としても追いつきたい東大はその裏2アウトから5番の青山内野手(3年/広島学院)が二塁打を放ちます。代走で出た伊津野外野手(2年/栄光学園)が見事に三盗を決め、つづく6番の井上内野手(1年/県長野)の当たりが相手のエラーを誘い1点を返します。その後押し出し四球があって同点に追いつきました。

6回からは坂口投手(3年/日比谷)が登板。ピンチを招きましたが無失点で切り抜けました。また7回は宮本投手(3年/土浦一)が登板し、貫禄のピッチングを見せ三者凡退に打ち取りました。試合は両校譲らず、時間規定により7回をもって引き分けとなりました。

vs UBC  ●6-7X

東大球場に場所を移して行われた第2戦。逆転を許す苦しい展開でしたが、青山内野手にホームランが飛び出すなど、好調な打線が6点を取ってリードを奪います。しかし9回にサヨナラホームランを浴びて逆転負けを喫してしまいました。

IMG_1403
[ホームランを放った青山内野手]

勝つことができなかったのは残念でしたが、横浜スタジアムでの神奈川県勢の躍動は見ていて本当にワクワクしました!何はともあれ、UBCの方々と交流を深めることもでき充実した数日間でした。

さて、今週もオープン戦の開催が予定されています。暑い中ではありますが、ぜひ球場に足をお運びいただければと思います。詳しくはこちらをご覧ください。

次回のブログは神﨑が担当します。 お楽しみに!

 

 

中嶋 理沙(1年/マネ―ジャー/白百合学園)

東京六大学野球ブログリーグ一覧