BIG6 BLOG LEAGUE

東京大学
野球部ブログ

主将 松岡 泰希
  • TOP
  • 『僕の野球人生』第24回 坂井直樹学生コーチ

『僕の野球人生』第24回 坂井直樹学生コーチ

『僕の野球人生』第24回

坂井 直樹 学生コーチ(4年/久留米大附設)

坂井①

坂井②

[(左から)田中啓資投手(4年/筑波大駒場)、坂井学生コーチ]

 

昨日周(齋藤/学生コーチ/4年)が一切過去を振り返らず格好良すぎて書きにくいですが、がっつりと振り返りたいと思います。

 

 

小学生の時、兄がやっているからという理由だけで始めた野球にこんなにも長く携わり、こんなにも苦しく辛い経験も味わうことになるとは思ってもいませんでした。今思い返してみても、楽しかった思い出よりも辛いこと、苦しいことの方が多いように感じられます。特に東大野球部に入ってからはそれが顕著でした。

 

僕は高校生の時にテレビで東大野球部の活躍を見て、その姿に憧れを持ち東大野球部に入部しました。しかし入部当初から、体力・技術・メンタル全てで同期と比べても劣っていた僕は、当時の助監督の「早く辞めろ」という言葉もあり大きな挫折を味わいました。その時は1日1日が苦痛でしかなく、部活動に行くこと自体嫌になってしまっていました。

 

幾度となく辞めたいと思うこともありましたが、その時に辞めなかったのはきっと野球が好きだからといった前向きな理由ではなく、辞める勇気すら出なかった臆病さが原因です。

 

 

それでも、僕は今この時の臆病に感謝しています。その時に辞めてしまっていたらこの素晴らしい仲間たちと最後まで野球をし、勝利の喜びをともに味わうことが出来なかったからです。

 

部活動が辛く精神的に限界に近かった頃、同期の隈部(外野手/4年)や横井(学生コーチ/4年)、伊沢(学生コーチ/4年)をはじめとした多くの同期の力を借りてまた野球部で頑張ろうと思うことが出来ました。また小宗(投手/4年)や柳川(投手/4年)、馬場ちゃん(内野手/4年)なども、コミュニケーションを取ることが苦手な僕とたくさん話してくれました。多くの人にとってはそれが当たり前かもしれませんが、人と話すのが苦手で1人でいることも多かった僕にとって、自分が認められた気がしてとても嬉しかった思い出です。他にも、ここには書ききれないくらい同期全員にはとてもお世話になりました。本当に感謝しています。

 

 

学生コーチになってからは、ノックや守備の補助など慣れない仕事も多く、チームの力になれているかは正直今でも自信が持てていません。しかし投手として辛かった時期に比べ、このチームに貢献したいと心から思えるようになり、またチームメイトとコミュニケーションを取る機会も増え、非常に充実した日々を過ごせています。

 

神宮で活躍したいという思いもあった以上当初は葛藤もありましたが、今では学生コーチになって良かったと心から言えます。

 

 

野球人生の最後を、このチームで、この最高の同期と迎えられた僕はとても幸せ者です。あの時野球を始めたこと、あの時東大野球部に入ったこと、あの時臆病で辞めることが出来なかったこと。その全てが今こうして最高の最後に繋がっているので、今までの野球に対する楽しかった思い出だけでなく、辛かったこと、苦しかったこと全てが大切な財産です。

 

最後の法政戦でこの最高の仲間と最高の結果で終われるよう、プレーヤーではない僕に出来ることは多くはありませんが、全力を尽くします。

 

——————————————–

次回は10/16(土)、周佐学生コーチを予定しております。

お楽しみに!