BIG6 BLOG LEAGUE

東京大学
野球部ブログ

主将 松岡 泰希
  • TOP
  • オータムフレッシュリーグ in静岡!

オータムフレッシュリーグ in静岡!

TOKYO ROCKSをご覧の皆さま、お久しぶりです。2年生マネージャーの木村です。

 

すっかり寒くなってきましたね…!

11月も下旬になって、1年で1番好きな時期がやってきました。冬の冷たい風年末に向けてゆったりと過ごしていく時間が私はとても好きです。 心身ともにペースダウンをして心から年末を満喫しましょう。

 

年末のテレビは皆さん何をご覧になりますか?

私は、年末特有の豪華な歌番組を見るのがとても好きです。もうすでに何局か放送していましたが、みんなで今年を振り返りながら音楽を聴くのは癒されますね(笑) 12月1日にも某局で放送されるのでぜひ見てみてください。

 

 

さて私たち東京大学野球部は1,2年中心に、11月19日(金)〜21日(日)の3日間の日程で行われた『第4回オータムフレッシュリーグin静岡』に参加してきました。

私たち1,2年生にとって宿泊を伴う遠征は初めてでした。

 

[11月20日(土) vs筑波大学 ●4-6]

球場に到着してすぐに始まった対筑波大学戦

なかなか体が思うように動かず、初回で1点先制を許します。(東0-1筑)

2回の表、先頭バッターの内田捕手(1年/開成)が中前安打を放つと、指名打者鈴木太陽投手(1年/国立)が遊内野安打、大井外野手(2年/石川県立小松)が四球で塁に出て1死満塁のチャンスです。秀島内野手(2年/東筑)がこのチャンスを生かし右前安打を放ち1点返します。(東1-1筑)

スクリーンショット 2021-11-26 21.53.45○【写真:(左から)内田捕手、鈴木太陽投手、大井外野手、秀島内野手】

しかし3回の裏。相手の先頭バッターが中前安打を放つと、相手の打線が勢いづき3点を失います。(東1-4筑)

続く4回表では、先頭バッターの近藤外野手(2年/県立浦和)が右中間を抜ける3塁打を放ちます。その後この貴重な一本を活かし、1点を返しました。(東2-4筑)

スクリーンショット 2021-11-26 22.06.09○【写真:近藤外野手】

4回の裏では、四球ででたバッターがその後に続く2本のヒットで本塁に還り、またもや2点奪われてしまいます。(東2-6筑)

反撃を…と5回,6回に東大もチャンスを作るもなかなか点を奪うことができません。

8回の表。死球で塁に出た鈴木太陽投手に、続く長谷川亮太外野手(2年/灘)がここぞとばかりにヒットを放ちます!相手の送球エラーにも助けられ、2点を返します。(東4-6筑)

スクリーンショット 2021-11-26 22.15.55○【写真:長谷川亮太外野手】

 

しかしその後追加点を奪うことはできず、4-6で敗戦いたしました。

 

 

[11月21日(日) vs東海大学海洋学部  ●10-5]

朝8時半にプレイボールの最終日第1試合。選手はしっかり休んで試合に臨みました。

1回の裏。近藤外野手が四球で、昨日に引き続き内田捕手がヒットを放ち、梅林内野手(2年/静岡)が四球で塁に出て、いきなり満塁のチャンスを作りますが、うまく得点に繋げられません。(東海0-0東京)

スクリーンショット 2021-11-27 8.39.45○【写真:梅林内野手】

2回の表。エラーで出塁した相手に連続ヒットを許し2点奪われます。(東海2-0東京)

続く2回の裏では、またもや昨日に引き続き長谷川亮太外野手が右前安打を放つと、地曵内野手(2年/開成)が四球で塁に出ます。その後ダブルプレーとなるも藤川内野手(2年/私立武蔵)が俊足を活かし盗塁、秀島内野手の中前安打で生還します。続く矢追外野手(2年/土浦一)がヒットを放ちこの回2点返します。(東海2-2東京)

スクリーンショット 2021-11-27 15.08.50○【写真:(左から)地曵内野手、藤川内野手、矢追外野手】

しかし3回,4回,5回と四球やエラー、相手のヒットが続き一気に4点を奪われ再び離されてしまいます。(東海6-2東京)

5回の裏。先頭バッターの内田捕手が本日3本目となるヒットを放ちます。続く梅林内野手は右越2塁打。勢いづいた東大は、鈴木太陽投手が昨日に引き続き2塁打を放ち2点を返します。(東海6-4東京)

 

しかし相手も攻撃の手が緩みませんでした。6回には矢追外野手が俊足を生かしホームスチールを決め東大も1点を返しますが、7回までに4点を奪われてしまいます。(東海10-5東京)

 

試合規定2時間半のルールに則り7回で試合は終了し、10-5で敗戦いたしました。

 

 

[11月21日(日) vs静岡市立高校  ●12-1]

第1試合が終わり、すぐに2試合目が始まりました。

1回の裏には橋元外野手(1年/修猷館)が左前安打を放ちますが、点には繋がりませんでした。(静0-0東)

スクリーンショット 2021-11-27 15.18.26○【写真:橋元外野手】

2回の表。静岡市立高校の打線がつながり、この回2点を奪われてしまいます。(静2-0東)

2回の裏では、平松内野手(2年/東海)が左前安打を放つと初球で盗塁を決めます。このチャンスをしっかり掴もうと大巻外野手(1年/花巻東)が内野安打を放ち1点を返します。(静2-1東)

スクリーンショット 2021-11-28 8.16.29○【写真:(左から)平松内野手、大巻外野手】

その後大きく点は動かず試合は後半に突入します。

6回の表。高校生の勢いを前にうまく投球が噛み合わず大量得点を許してしまいます。さらに8回でも相手のヒットが続き3点を追加で奪われます。(静12-1東)

東大も負けじと大井外野手の右前安打、代打で出場した地曵内野手藤田内野手(1年/岡山大安寺中等教育)が左前安打と粘りますが、点を得ることはできませんでした。

R31103FreshvsK (488)○【写真:藤田内野手】

規定により8回コールドとなり、12-1で敗戦いたしました。

 

---------------------------

オータムフレッシュリーグの3試合は、秋のフレッシュより1つの目標としてきた勝利するということは叶いませんでしたが、積極的な盗塁が見られたり様々な選手が公式戦初ヒットを記録したりと、嬉しい場面もたくさんありました。

初めての遠征は、いつもとは違う環境・雰囲気の中、いつもと同じプレーをする難しさや大切さなどを感じる貴重な経験となりました。今後もこの経験を生かしてより一層いい試合ができるように取り組んでいきますので、温かい応援をどうぞよろしくお願いいたします。

 

□□オータムフレッシュリーグ裏側□□□□□□□□□□□□□□

オータムフレッシュリーグは各大学から企画チームを出し、企画チーム主体でゲーム進行から広報・ホテルの手配まで、ほとんどの準備を行ってくれていました。東大からは名畑内野手(2年/並木中等教育)が手を挙げてくれました。先に現地入りしたり朝から晩まで動いていたりと忙しそうでしたが、すごくいい経験ができたと言ってくれてとても嬉しかったです。本当にお疲れ様でした!

スクリーンショット 2021-11-28 8.22.07○【写真:(左から)秀島内野手、名畑内野手】

〜行き〜

行きのバスは、まだほの暗い6時半出発でした…!暗い朝に家を出て集合した選手の体温は、ほぼ全員が34〜35度台を記録しました( × × )

また行きのバスは工事渋滞事故渋滞が重なり、到着が予定より大幅に遅れてしまいました。アップの時間も十分に取ることはできませんでしたが、選手はみんなで声を掛け合って気持ちを高めて試合に臨んでいました。

 

〜試合中〜

お聞きになった方もいるでしょうか?

オータムフレッシュリーグ3試合目の対静岡市立高校戦では、同期の石井マネージャー(2年/灘)が、私のベンチに入りたいという願いを叶えるために、代わりにアナウンスをしてくれました!ほとんど練習の時間も取れない中、選手交代まで完璧に読み切っていて感動しました。関西訛りも良かったですね!

IMG_2858

【写真:石井マネージャー】西山副将(3年/投手/土浦一)が撮影した彼史上1番のベストショットです!

 

〜ホテル〜

第1試合が終わってホテルに到着した選手は、ミーティングが始まるまで温泉に行ったり街中を散策したりと楽しそうに過ごしていました。ホテルは静岡駅に近く、近くにはたくさんのお店やイルミネーションで華やかでした。下の写真はイルミネーションの中で嬉しそうな大井外野手(2年/石川県立小松)です…!(笑)

スクリーンショット 2021-11-26 17.38.13○【写真:嬉しそうに両手をばんざいする大井外野手】

夜ご飯は美味しい天丼でした。コロナ対策で各自の部屋での夜ご飯でしたが、仲良しな選手の部屋で一緒に食べた人も多かったようですね!私も隣の部屋の早稲田大学1年マネージャー藤田南ちゃんと一緒に食ベて、お腹も心も満たされました(笑)

 

〜帰り道〜

帰りのサービスエリアでは、たくさんの選手がお土産選びに奔走していました。1年生の美味しいソフトクリームを食べている姿はとっても可愛かったです!(笑)

 

---------------------------

 

オータム特集はいかがだったでしょうか?

2日間を通していつもと違う環境だからこそ見える意外な一面や、大事なことに気がつくことができ、私にとってもいい刺激となりました。早く新型コロナウイルスが収束して春夏の合宿遠征が制限なく行えることを心待ちにしています…!

 

マネージャーの人手が足りず、オータムフレッシュリーグの写真はあまり撮影できなかったのですが、名畑内野手が企画チームとして撮影したくれたものを少し載せます!雰囲気を感じてみてください✨

スクリーンショット 2021-11-28 9.59.02○【写真:和田捕手(2年/海城)】もともと外野手として活躍していましたが転向し、オータムでは捕手としてチームを引っ張りました。オータムフレッシュリーグ後の秋季オープン戦では、バッティングも光っています。

スクリーンショット (159)○【写真:長谷川大智投手(1年/駒場東邦)】1年生ながら安定感のあるピッチングで、信頼を集めています。オータムフレッシュリーグでは対筑波大学戦と対静岡市立高校戦で途中登板しました。これからどんな選手になっていくか期待が高まります。

スクリーンショット 2021-11-28 10.15.13○【写真:守備や攻撃の方針を都度都度話し合っている姿です。ここで出たアイデアや方針をしっかりと生かして、次のイニングに向かいます】

スクリーンショット 2021-11-28 10.11.25○【写真:(右)大久保助監督】対静岡市立高校戦では、相手が高校生ということで記念品贈呈がありましたが、弊部からは松岡主将(3年/捕手/東京都市大付)西山副将サイン入りボールを贈呈しました。

---------------------------

 

とても嬉しいことに、11月から1年生マネージャーが新たに2人入部してくれました!

德田菜月マネージャー(1年/学芸大附)角能紳吾マネージャー(1年/攻玉社)です。まだHPなどに掲載はされていないのですが、一足先にマネージャーになった岩瀬マネージャー(1年/開成)と仲良くしっかり仕事をしてくれています!

私たち2年生にとっては待望の後輩であり、マネ部屋がとても明るくなったように感じています。3人ともしっかりしているので、これからどんなマネージャーになっていくのかがとても楽しみです。写真がまだ撮れていなくて申し訳ないのですが、来週岩瀬マネージャーがブログで存分に紹介してくれます。どうぞお楽しみに!

 

---------------------------

オータムを終えて、今年の弊部のオープン戦は全て終了いたしました。オータムから帰ってきてひと呼吸おいた選手の笑顔をお届けします📷

スクリーンショット 2021-11-28 8.49.51○【写真:小島投手(2年/ラ・サール)】オータムでは第3戦の対静岡市立高校戦で途中登板しました。この秋から東大近くの小松庵に入庵します。より一層のレベルアップにご期待ください!

スクリーンショット 2021-11-28 9.32.34○【写真:永田学生コーチ(2年/開成)】今日のお昼はスパゲッティですか?いつも響き渡る声でチームを鼓舞してくれています!オータムフレッシュリーグのタイトなスケジュールもお疲れ様でした。

 

IMG_8978 2○【写真:(左から)向原内野手(2年/長崎西)阿部内野手(2年/栄東)、秀島内野手、梅林内野手、矢追外野手、藤川内野手】真ん中がなんの真似かわかる方いらっしゃるでしょうか。『ワンピース』東大野球部でもとっても人気ですね。写真左から2番目の阿部内野手は大量に漫画を所有しており、それをみんなに読ませてくれる天使のような存在です。秀島内野手はノリノリです。

 

寒い時期がこれからも続きますが、残りわずかとなった今年も最後まで満喫して過ごしたいです。皆さまもお体にお気をつけてお過ごしください。

スクリーンショット 2021-11-28 9.23.08○【写真:(左から)向原内野手、阿部内野手、梅林内野手、矢追外野手、藤川内野手】5人のいい笑顔でお別れです。また来年お会いしましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

木村舞穂子(2年/マネージャー/国立)

 

前の記事
2021.11.17 Team2022始動
次の記事
2021.12.03 1年生紹介!