BIG6 BLOG LEAGUE

東京大学
野球部ブログ

主将 松岡 泰希
  • TOP
  • もういくつ寝ると

もういくつ寝ると

 

TOKYO ROCKSをご覧の皆さま、はじめまして!1年生マネージャーの角能 紳吾(かどの しんご)です。

 

IMG_7759

【写真:(1段目左から)西前内野手(1年/彦根東)谷村内野手(1年/湘南)内田捕手(1年/開成)(2段目左から)木村航内野手(1年/開成)青山内野手(1年/川和)、(3段目)角能】 一番上に立たせていただきました。恐縮です。

 

今回初めてブログを書かせていただくので、簡単に自己紹介をしたいと思います。

生まれも育ちも東京都で、出身高校は攻玉社です。中高で野球部に所属していたことはなく、野球経験も小学校の時に放課後で友達と遊んでいたくらいです。

 

幼いころからプロ野球や高校野球を見ていたため、野球の知識だけは豊富に持っていて、その実力は同じく熱烈な野球オタクである岩瀬マネージャー(1年/開成)からも認められています(ちなみに東京出身ですがドラゴンズファンです。好きな理由は単純で僕が小学生のころは強かったからです)。

 

とはいっても、六大学野球を含め、大学野球には特に縁がなかったため、入学当初は野球部に入部する気は全くなく、特になんの団体にも所属せず堕落した大学生活を謳歌していました。

 

そんな僕を熱烈にマネージャーに勧誘した人物が長谷川大智投手(1年/駒場東邦)平田投手(1年/都立西)の2人です。

IMG_7852

かっこいい長谷川大智投手

 

IMG_7973

可愛い平田投手

 

彼らは大学のクラスが同じで、僕の数少ないクラスの友達でもあります。最初は彼らの勧誘にあまり取り合っていませんでしたが、時間が経つにつれて彼らの熱意をひしひしと感じ、特に何もしていなった日々にも飽きがきていたので、入部を決意しました。

 

入部してからちょうど1か月が経ちました。先輩方にいろいろと教えていただきながら、様々な経験をさせてもらった1か月だったと思います。入部した時期が遅かったのもあって、すぐに後輩が入ってきます。先輩に頼ることなく、自分の力で仕事をこなせるよう、1日1日を大切にしていきたいです。

 

 

—————————————————————————————————————————————-

ところで、先々週の岩瀬マネージャーのブログはみなさんご覧になりましたか?

彼のブログでは1年生マネージャーや1年生の選手が紹介されています。ありがたいことに、僕も紹介されているのですが、長々と書かれた割に内容が薄かったので少し残念でした。掘り下げが足りません。

IMG_7927

岩瀬マネージャーの口癖は、「俺、何しようとしてたっけ」です。

以前、この口癖をやめたいと語っていた数十分後に、「俺、何しようとしてたっけ」と普通に言ってました。ちょっと心配に思うかもしれませんが、仕事はしっかりとこなす、やるときはやる男です。

もう少し掘り下げたいところですが、残念ながらこれ以上は浅いことしか思いつかないので、これから観察していつか深く紹介できるようになりたいと思います。

 

—————————————————————————————————————————————-

 

さて、ここまで少し真面目に入部理由等書いてきましたが、実は初回のブログにして書くネタがないです岩瀬マネージャーのブログのように、1年生紹介を行いたかったのですが、詳しく紹介できるほど1年生のことを知りません。ということで、先週の德田マネージャー(1年/学芸大附)ブログにもあったように、選手やマネージャーの方々に質問を行い、そのうえで、答えてもらった方々の印象も少し書いてみたいと思います。(德田マネージャーの書く文章は言葉選びが秀逸で読んでいて面白いので彼女のブログを読んでいない方は是非読んで下さい。)

 

の予定

いよいよクリスマスが近づいてきましたね。野球部の皆さんはどのようなクリスマスを過ごすのでしょうか。僕は1人で呪術廻戦の映画を見に行こうと思っています。乙骨くん、待っててください。

 

イケメンな府川捕手(1年/西大和学園)     クリスマスは遊んで、その後は野球部とスノボ

中村薫平投手(1年/堀川)   男6人でスノボ

門池外野手(1年/都立富士)  野球部の1年生と渋谷デート

入ってから強く感じたことでもありましたが、このように野球部はみんな仲が非常にいいです。

 

森岡投手(1年/渋谷幕張)   なし

德田マネージャーのブログにも書かれていましたが、念のためもう一度書いておこうと思います。

IMG_7934

【(前列)長谷川大智投手、(後列左から)双木投手(1年/都立西)鈴木太陽投手(1年/国立)森岡投手中村薫平投手

 

大巻外野手(1年/花巻東) サンタコスしてバイト先で学習指導

いまいち意味が分からないですが、サンタさんに教わったらいつもより生徒も真面目に受けてくれる気もしなくもないです。

IMG_7096

【重そうなプレゼントを持っている大巻サンタ(外野手)

 

来年の抱負

2021年も終わってしまうので、2022年の抱負を聞いてみました。

小野優華マネージャー(3年/青島二)  後輩に仕事を引き継ぐ

木村舞穂子マネージャー(2年/国立)  行きたい研究室にいくために勉強もちゃんと頑張る

德田マネージャー     野球の勉強をする

岩瀬マネージャー     先輩の指示なしでも仕事ができるようになる

マネージャー陣の抱負ですが、部活のことや勉強のことなど、全員しっかりとした抱負を言ってくれました。マネージャー陣の紹介もいつかしたいと思っているので観察を続けていきたいと思います。

 

IMG_7902

【(左から)德田マネージャー木村マネージャー

 

田中主務(3年/ラ・サール)  愛情をもってチーム運営+5㎏増量して172㎝の適正体重に。パワー!ヤー!

IMG_6898

【好きな芸人だという、なかやまきんに君さんのポーズを取る田中主務

真面目な抱負だけでなくボケまで入れてくれるところが流石です。

 

中村薫平投手 フレッシュリーグで先発  双木投手 球速140キロ

府川捕手 リーグ戦ベンチ入り 谷保外野手(1年/屋代) バッティング向上

松原外野手(1年/土佐) フレッシュリーグで打つ

1年生選手たちの野球に関する抱負です。フレッシュリーグやリーグ戦などで、これらの目標が達成されているのかどうかも注目してみてもらうと面白いかもしれません。

 

永田学生コーチ(2年/開成) 彼女を作る

永田学生コーチは普段とても明るく、面白い方ですが、だからこそ真面目な時のギャップに萌えます。僕の見立てではこの抱負は間違いなく達成されます。

 

IMG_7126

 

 

 

平田投手 角能よりいい成績を取る

残念ながら、この抱負は絶対に達成されないと思います。というか達成させません。

 

 

1年後、どのくらいの人がこれらの抱負を達成することができたのかどうかの確認を忘れずにしたいと思います。ちなみに、僕の抱負は岩瀬マネージャーと同じく、1人で仕事をこなせるようになることとライブに行くことです。

 

角能の印象

3つ目の質問が思いつかず、非常に個人的なことで恐縮ですが、少し気になったので聞いてみました。

 

江口内野手(1年/海城)門池外野手岩瀬マネージャー    オタク、マネ部屋で少女時代踊ってた

谷保外野手松原外野手門池外野手   THE男子校

このような意見が多く出てきた理由が岩瀬マネージャーのブログであることは明らかですが、実際間違っていないので許してあげようと思います。

IMG_7997

江口内野手

 

IMG_7097

門池外野手

 

 

IMG_7084

谷保外野手

 

双木投手 清楚  大巻外野手門池外野手 秀才   平田投手 イケメン   中村薫平投手 穏やかかつ有能

何人かからは意外にもお褒めの言葉もいただけました、ありがとうございます。この印象が崩れることの無いように日々頑張っていきたいです。

 

谷村内野手  卓造ではないんだよなー

「かどの」といったら卓造というステレオタイプを壊すことも抱負に追加しておきます。

 

この質問にだけみんなたくさん回答してくれましたのですが、その中でも門池外野手は5個、松原外野手に至っては13個も送ってくれました。ありがたいのですが、僕のことを書きすぎてもあれなので大幅に割愛させてもらいました。2人とも今持っている印象でだいたい当たっているので引き続きよろしくお願いします。

 

 

 

—————————————————————————————————————————————-

以上で質問コーナーは終わりです。写真だったり長さの都合上いくつか省略してしまった回答もある上、2週連続で似たような企画ということで、パクリじゃないのかという批判の声が聞こえてきそうな気もしますが、許していただきたいです。次回以降は、練りに練った内容のブログをお届けしたいと思っています。

 

さて、今回初めてブログを書いてみたわけですが、なんと僕の拙いブログが2021年度最後のブログとなります。1年間お読みいただきありがとうございました。

2021年がもう終わってしまいます。個人的には、受験や高校卒業がつい最近のことに感じられるほど1年があっという間に過ぎていった気がします。昨年度に引き続き、様々な場面で制限の強いられる1年となりましたが、ようやく元の日常が戻ってきたな、と感じる風景も多く見られるようになりました。入ったばかりの者が言うのもなんですが、今年、野球部がリーグ戦でともに勝利を掴むことができたのは応援してくださる皆様の力のおかけであるのは間違いないと思います。来年こそは、満員の神宮球場で、応援歌を大声で歌って、勝利の瞬間に全力で叫ぶことができることを願っています。その前に、健康第一で新年を迎えられるよう、手洗いうがいは忘れずに。

 

それでは、よいお年をお迎えください!!

 

今週の一曲 『お正月

この歌、実は2番もあるんです。

角能紳吾(1年/マネージャー/攻玉社)

前の記事
2021.12.09 はじめまして。
次の記事
2022.01.01 Monthly Letter 1月