BIG6 BLOG LEAGUE

東京大学
野球部ブログ

主将 松岡 泰希
  • TOP
  • Monthly Letter 5月

Monthly Letter 5月

Monthly Letter 5月

皆さま、こんにちは。

5月に入り、あっという間に春季リーグ戦も折り返し地点。

4月30日、5月1日に行われました対早稲田戦では、春季リーグ戦史上においても珍しい、2試合連続引き分けという結果となりました。両校は最後まで諦めず熱戦を繰り広げ、注目を集めたことをご存じの方もいらっしゃるかと思います。

残りの試合も、勝利を目指して全力で戦います。
ご声援のほど、よろしくお願いいたします。
去年度まで皆さまにご愛読いただきましたメルマガは、今年度より「Monthly Letter」として、毎月1日に配信させていただきます。今後とも東大野球部をどうぞよろしくお願いいたします。

1枚目(表紙)R45月

—————————————————————————————————————

今月の予定
今月の予定を公開いたします!

2枚目(日程)R45月

—————————————————————————————————————

『今回の特集』
神宮に春が来たvol.2

〜長い冬を越えて、いよいよ春を迎える部員の意気込みをもっと聞きました。〜

中井 徹哉 (4年/内野手/土浦一)

tempImage4sgEtu-0000

春のリーグ戦も中盤、後半戦になって参りました。僕たちは慶應、明治戦ではあまりいい結果が残せませんでした。しかし、いい当たりが野手の正面に飛んだり相手のファインプレーに阻まれたりと、運がないなという打球も多く感じます。運がこちら側を向いてくれたときにしっかりと勝てるように、ここで気を落とさず僕たちはしっかりとフルスイングし、やることをやるのみです。後半戦ではいい結果を残し、勝ちに繋げて行けるよう頑張りますので応援お願いします。

 

梅林 浩大 (3年/内野手/静岡)

R4.04.23vs横浜国立大学(A) (74)

第1週、第2週は自分達の長所で勝負しようと挑みましたが、相手の実力に阻まられ苦しい展開の試合が続きました。個人としても試合の要所で結果を出すことができず、自分の役割を果たせずにいます。しかし、この2カードでしっかりと経験を積み、地に足をつけて試合に臨めるようになったと感じています。
「最下位脱出」という自分達の目標を達成するために、後半戦は何が何でも勝ち点を取らねばなりません。最下位脱出のヒーローとなれるよう、全力でプレーしていきます!

 

佐藤 想真 (2年/アナリスト/佐世保北)
canon (39)

129vs138。

これは昨季リーグ戦における東大と他5大学の打球速度の違いです。

この9キロの差は、ヒットの確率をおよそ6%下げます。たかが6%といえど、1試合単位でみると、その結果は大きく異なったものになります。

その差を埋めるべく、練習の時から、選手たちに打球速度を意識してもらうように心がけてきました。

いよいよこの春、その成果を見せる時です。

東大野球部の選手たちが神宮という大舞台で快音を響かせ、そしてその先の勝利を掴むことを信じています。

—————————————————————————————————————

『編集後記』

今回の特集はいかがでしたでしょうか。 次回の特集は「1文字で伝える東大野球部の魅力」です。お楽しみに。
今後とも東大野球部をよろしくお願いいたします。

▽メール配信の登録もお待ちしております!
https://tokyo-bbc.net/melma/application.html

前の記事
2022.04.24 春季リーグ戦vs明治大学
次の記事
2022.05.04 vs早稲田4回戦へ!