BIG6 BLOG LEAGUE

東京大学
野球部ブログ

主将 松岡 泰希
  • TOP
  • Monthly Letter 12月

Monthly Letter 12月

Monthly Letter 12月

皆さま、こんにちは。

弊部では11月13日に新体制が始動しました。梅林主将(4年/内野手/静岡)率いるteam2023の「奪出」にご期待ください。

来るべき春に備え、部員一同寒さに負けず冬の間も鍛錬致します。

去年度まで皆さまにご愛読いただきましたメルマガは、今年度より「Monthly Letter」として、毎月1日に配信させていただきます。今後とも東大野球部をどうぞよろしくお願いいたします。1枚目(表紙)R412月 のコピー

——————————————————————————————————————————————————————————————————

『今月の予定』

今月の予定を公開いたします!

2枚目(日程)R4.12月 のコピー

—————————————————————————————————————————————————————————————

『今回の特集』

「Merry Christmas」

~東大野球部の過ごすクリスマス 恋人はサンタクロース!?~

 

矢追 駿介(3年/外野手/土浦一)

クリスマスということで、僕を選出してくれた方、なかなか見る目があると思います。小中高モテた人間としては良い思い出がありすぎて何を書けば良いか迷ってしまうくらいですが、そんなことよりたったいま日本がコスタリカに負けたショックで何にも判断できません。青の洞窟のイルミネーション行って、赤レンガ倉庫のクリスマスマーケット行って、ホテルでディナーを食べる最高のクリスマスを過ごそうと思いましたが、このままクリスマスまで寮の畳から動けなさそうです、、、E235403C-01AF-4DC9-8FFE-1C34BF4D6245

 

角能 紳吾(2年/マネージャー/攻玉社)

𝓶𝓸𝓷𝓽𝓱𝓵𝔂 𝓵𝓮𝓽𝓽𝓮𝓻をご覧の皆様、こんばんは。文学部日本史学専修内定、2年マネージャーの角能です。
クリスマスといえば、カップルが楽しむイベントというイメージがありますね。ですが皆さん、子供の頃を思い出してくだい。小さい頃、クリスマスといえばサンタさんにプレゼントを貰って歓び愉しむ日だったはずです。別に彼氏彼女の存在など関係ないのです。ということで、僕も初心に帰ってサンタさんにプレゼントをおねだりしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンタさん、可愛い彼女をください。

7BBFBD34-89B7-4212-9552-DBBFB182A5EE

 

芳野 詢(2年/外野手/西大和学園)

クリスマスってだけでキラキラしてた。
誰よりも早く起きて、足音を立てないように、ドアをそっと開けて閉じて、冬の冷たい空気が充満するリビングに一番乗りして、部屋のどこかにあるはずのプレゼントを見つけようとする。あのキラキラは、お金では買えなかったはず。
お高めなディナーを予約して、高級ホテルに二人でお泊りをして、プレゼントにはブランドもののネックレスを。いつからだろう、キラキラをお金で買うようになったのは。

こんなポエミーなことを考えてしまうのは僕がポエミーな人間だからではなく単純に金欠だからです、お金の余裕は心の余裕、皆さんも年末の浪費は計画的に!

2AD17E51-3BC1-45E8-947D-CB3EE8D82D68

【練習の合間に同期に奢ってもらったラーメンを口いっぱいに頬張る芳野外野手】

 

岡田 諒(1年/捕手/岡崎)

クリスマス回に呼ばれた意図を察して、恐縮ながら惚気させていただきます。今年のクリスマスの予定は遠距離恋愛中の彼女と過ごすことです。彼女は両親と同じくらい野球に関して応援してくれます。ありがとう。たるんだ体になったら別れると言うので、トレーニングに危機感が生まれます。ありがとう。電話での話あんまり覚えてないです。ごめんなさい。12月のモチベーションは全てクリスマスに持って行かれている男ですが、野球面は厳しく、恋愛面は多めに見ていただけると幸いです。

R4秋FreshvsK (182)

 

——————————————————————————————————————————————————————————————————

『編集後記』

今回の特集はいかがでしたでしょうか。 次回の特集は「新年の抱負」です。お楽しみに。
今後とも東大野球部をよろしくお願いいたします。

▽メール配信の登録もお待ちしております!
https://tokyo-bbc.net/melma/application.html

前の記事
2022.11.19 歓喜の秋フレッシュ
次の記事
2022.12.01 新鮮な秋の風に乗って