TOKYOROCKS 東京六大学野球

早稲田大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2020.07.11

新入生紹介⑧~大木涼聖~

皆さんこんにちは!

2年マネージャーの岩井です。

昨日、2020年春季リーグ戦の日程が発表されました!

選手は開幕戦に向けさらなる意気込みで練習に励んでいます!

そして明日から2020年夏季オープン戦が始まります!

当面の間は無観客試合のため、

選手のはつらつとしたプレーはご覧いただけませんが、

ご声援の程、よろしくお願いします!

さて、本日も新入生の紹介をしてまいりたいと思います!

本日の方、よろしくお願いします!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

はじめまして!

新一年、商学部所属の大木涼聖です。

 

出身校は早稲田大学本庄高等学院で、内部進学で入学しました。

出身地は東京都杉並区で、高校時代は新幹線を利用して、埼玉県北部にある本庄高等学院に通っていました。新幹線通学について、とても珍しがられますが、県外から通学する人にとっては主流の通学形態でした。

現在は、安部球場の近くの学生寮で生活しています。新幹線通学といい、寮生活といい、両親にはとても迷惑をかけているのにも関わらず、応援してくれるので非常に感謝しています。

 

さて、「自分の人生のターニングポイント」ですが、中学受験で第一志望の学校に不合格し勉強においても野球においても、努力することの大切さを学んだことです。

自分は、早稲田実業の斎藤佑樹投手を観て以来、早稲田のユニフォームを着て野球をすることに強い憧れを抱いてきました。しかし、早稲田大学のある附属中学を受験しましたが不合格となってしまいました。それでも早稲田に対する気持ちを諦めることができず、高校受験で早稲田に入ることを決意しました。高校受験では、中学校の学業成績と野球などの課外活動の成績を総合的に見てもらえる入試制度で本庄高等学院に入学することができました。

早稲田のユニフォームを着て野球をすることへの憧れを持ち続け、勉強においても野球においてもひたむきに努力することの大切さを実感しました。

 

これからも、家族をはじめとする、今まで支えてくださった方々への感謝の気持ちを忘れず、明治神宮野球場のマウンドに立つことを目標に頑張っていきたいと思います。文武両道を継続し、四年間を通して、一人の人間として大きく成長したいと思います。

 

宜しくお願いします!

 

15

東京六大学野球ブログリーグ一覧