TOKYOROCKS 東京六大学野球

明治大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2021.06.14

ナイスショット選手権第3弾!

みなさんこんばんは!

2年マネージャーの萬谷です。

 

 

今回で最終回となるナイスショット選手権!

本日は立教大学戦と春季フレッシュトーナメントをお届けします。

 

 

それでは早速振り返って行きましょう!

 

 

まずは立教大学戦。

 

 

1枚目はこちら!

 

4年・陶山(常総学院)と並んで、

打率が.500に達した打席後の3年・山田陸(桐光学園)。(2戦目)

今季、リーグ戦初となるスタメンに抜擢され、3年生ながらも力強いプレーでチームを引っ張りました!

 

 

2枚目はこちら!

 

左から4年・竹田(履正社)1年・藤江(大阪桐蔭)

 

リーグ戦初先発となった藤江は、緊張した面持ちの中、エースの竹田に背中を押されマウンドへ向かいました。(2戦目)

 

マウンドに上がると初先発とは思えない気迫のピッチングを見せ、明治では2008年の野村祐輔さん(現・広島東洋カープ)以来となる、1年生で春季リーグ戦の勝利投手となりました!

 

 

3枚目はこちら!

 

春季リーグ戦の最終回は副将、4年・髙橋(小諸商)の気持ちのこもったピッチングで幕を閉じました!(2戦目)

 

 

 

続いて春季フレッシュトーナメント

 

 

1枚目はなんと言ってもこの人!

 

1年・杉崎(東海大菅生)

全試合で本塁打を放ち、守備でも味方を助ける好プレーを見せ、チームを勝利に導きました!

 

来季の活躍にも、目が離せません!

 

 

2枚目はこちら!

 

新人キャプテンを務めた2年・斉藤(常総学院)

ベンチから常に大きな声を出しチームを盛り上げ、声でチームを引っ張りました!

 

 

3枚目はこちら!

 

全試合にフル出場した2年・久島(城南)

走攻守において粘り強いプレーを見せ、期待に応えました!

 

 

 

以上3回に渡って、春季リーグ戦、フレッシュトーナメントのナイスショットをお届けしました!

 

今季はチームとしては悔しい結果となってしまいましたが、個人の活躍が光りました!

来季はチーム一丸となってリーグ戦優勝、日本一を掴みとります!

 

 

 

次回からは、ベストナインに選出された4名の特集になります!お楽しみに✨

 

 

それでは本日はこの辺りで失礼します。

東京六大学野球ブログリーグ一覧