TOKYOROCKS 東京六大学野球

立教大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2018.03.11

【幹部・スタッフ紹介⑧】学生コーチチーフ・坂本憲吾編

ブログをご覧の皆さん、こんにちは。
新2年マネージャーの浅井奏子です!

宮崎と新座で行われているキャンプも後半に突入しました。
私がいる新座では、今日も選手たちが元気に練習をしています!

 

さて、幹部・スタッフ紹介第8回目の今回は、坂本憲吾(新4年・学生コーチチーフ・桐光学園)です!

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

IMG_6315

―――自己紹介をお願いいたします!

黒沢(新4年・学生コーチチーフ・黒沢康太・本庄東)とともに学生コーチのトップとして部を統括しています。

試合中はベンチに入り、練習中は練習の管理をしています。選手のサポートがメインです!
僕は、選手時代バッティングが得意だったので、バッティング指導が多めです。

 

―――野球を始めたきっかけを教えてください。

小学2年生の時、父親の影響で野球を始めました。
当時の仲が良かった周りの友達もやっていて、誘われたというきっかけもあり、九品仏ペガサスに入りました。

 

 

―――なぜ立教大学の野球部に入部したのですか?

高校時代は、甲子園に出場したり、国体に出場したりしてレベルの高い舞台を経験することができました。

大学の最高峰はやっぱり六大学野球だと思っていて、その東京六大学野球でプレーをしたい!と思い、立教を選びました。高いレベルでプレーしたいという思いが一番にありましたね。

 

 

―――学生コーチになったきっかけを教えてください。

2年秋の新人戦、試合中にけがをしました。その後も、なかなか野球ができなくて。

その時に、自分がチームに役立つにはどうしたら良いかと考えている中、監督さんから「学生コーチにならないか」と打診されました。
「学生コーチのトップになって、部員をサポートし、優勝に導きたい。」その思いが強かったので、学生コーチになりました。

 

 

―――学生コーチになって、やりがいや喜びを感じる瞬間を教えてください。

さっきもお話したんですけど、僕は選手時代バッティングが得意だったので、バッティングのことを聞かれることが多いんです。

よく聞いてきてくれるのは、藤野(新3年・捕手・藤野隼大・川越東)ですかね。
去年の春くらいにバッティングですごく悩んでいて。
春のキャンプ中などに、よくバッティングのことを聞いてきてくれました。そんな藤野が春秋で成績を残してくれたのは本当に嬉しかったです。

こうやって選手が結果を残してくれると裏方に回ってよかったな、と思います。
学生コーチになると、選手とは違う喜びを感じることができるので、いい経験になります。

あとは、学生コーチとしてベンチに入って、試合に勝つときですかね。これは選手と同じ喜びですが、すごく嬉しいです。

 

 

―――新チームになって、学生コーチのトップとなりました。心境に変化はありましたか?

選手の時は主にBチームに所属していたので、チームを引っ張る意識というのはあまりなかったのかな、と思います。
しかし、新チームになって学生コーチのトップになってからは、自分が引っ張らなくてはという責任を感じるようになりました。

後は、ラスト1年だから、どうしても優勝したいという気持ちが昨年より強くなりました。

 

―――黒沢さんとは同じく学生コーチのトップとして一緒にやっていると思いますが、どういう存在ですか?

(395)
【黒沢】

黒沢とは同じ立ち位置で、お互い常に「リーグ戦優勝」というのを考えてやっています。1番かかわりは深いですね。
何かやろうって僕が考えた時も1番に相談しますし、何事も一緒にやります。選手時代にはなかった関係です。

黒沢は、責任感も強くて、まとめる力もありますし、頼もしい存在ですね。考え方も似ていますし。同意できる部分がすごく多くて、一緒にやっていて気が楽です。

中学の時、対戦しているんですよ!黒沢は上尾シニアで、僕は世田谷西シニアで。お互いキャプテンだったので、試合前じゃんけんしたんですけど、写真がたぶん残ってる!笑

あとで送ります!

 

S_7508478755306
【写真左・黒沢、右・坂本憲】

翌日、憲吾さんから送られてきたこちらの写真。黒沢さんはあまり顔が見えていませんが、憲吾さんとても若いです!!笑

 

―――ライバルはいますか?

早稲田の学生コーチチーフです!世田谷西シニアの同期なんですよ!
だから、どうしても早稲田には負けたくないです笑

 

―――目標としている人はいますか?

高校時代の監督です。

監督には、高校生の頃、気配りに関してたくさん言われてきました。野球以外でも気を配れる人だったんです。本当に偉大な人で、人として尊敬しています。そういう人になりたいですね。

 

IMG_6320

―――信条はありますか?

信条ってなんだっけ…あ、座右の銘みたいなことか!

そうですね、日常では「目配り・気配りの徹底」、試合などの勝負ごとに関しては「何事にも勝つ姿勢を忘れずに」ということです。

 

 

―――新チームの持ち味を教えてください。

新チームにスター選手はいませんが、チーム力、組織力はとても強いと思っています。
いい意味で、先輩後輩とても仲が良いので。新チームに関して、推していける点です。

 

 

―――リーグ戦も近くなってきました。憲吾さんがブログをご覧の皆さまに注目してほしい選手はいますか?

うーーん、1人じゃなきゃダメ??笑

(―――2人でも大丈夫です!)

藤野颯(新2年・投手・中川颯・桐光学園)かな。
藤野はキャンプから積極的にバッティングに関して聞いてきてくれて、やっぱり頑張ってほしいなと思いますし、颯は高校からのチームメイトなので、注目してほしいです!

 

―――颯が出てきたところで、桐光学園時代のエピソードを伺いたいのですが、いとしょーさん(新4年・投手兼学生コーチ・伊藤翔大・桐光学園)前回のブログで憲吾さんについて話してくださっているのですが、ご覧になりましたか?

え、見てない!笑
今見ます笑

翔大は本当に、野球に関する知識とか考え方が並外れているんです。

あいつも俺と似てるところがあるので、負けず嫌い。お互い学生コーチになって、野球の話をすることが多いですね。これからもお互い刺激し合っていきたいです!

 

―――続いて、颯もチームメイトだと思いますが…。

夏大の慶應義塾高校戦のこと、言われたー笑
僕その試合、4番で出場していたんです。

 

―――では、いとしょーさんが伝令に行ったとき憲吾さんもその場に?

僕はセンターだったので、マウンドにはいませんでした笑
後から、そんなやり取りが行われていたんだなと知りました。

2人でインタビューを受けたこともあるんです!
1年生の初々しい颯と2人で受けましたね。懐かしいな…笑

S__15351863
【当時の二人の写真 写真左・坂本、右・中川】

ふたりとも幼くて可愛らしいです(#^^#)

 

―――桐光学園エピソード、面白いものばかりです…笑
それでは、今までの野球人生で一番印象に残っていることはありますか?

高校1年の時の国体です。相手は大阪桐蔭高校でした。

最終回、現在阪神タイガースで活躍している藤浪投手がでてきたんです。
バッターボックスに入ったら、キャッチャーの方に「まっすぐで勝負しよや。」って言われて。

結果、藤浪選手の149kmのストレートを打ち返して、ツーベースを打つことができました。

それまでそんなに速い球を打ったこともなくて、打ち返せたこと、それからプロ注目のピッチャーからツーベースを打てたことはやっぱり嬉しくて、印象に残っていますね。

 

―――では、今後の抱負を教えてください。

第一は春のリーグ戦で優勝することです!
そのための僕の役目は、選手がどうやったらいい状態でプレーできるか考えること。

高校時代、大舞台を経験することができたからこそ知っているメンタル面の指導などで、選手をサポートしていきたいです!

 

―――最後に、ブログをご覧の皆さまに一言お願いします!

今年も立教は明るい人がいっぱい揃っているから、試合をみていても楽しいはずです!
ぜひ球場で、選手のアグレッシブな姿をみていただきたいです。

応援よろしくお願いします!!

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

🌟番外編🌟

「あなたから見た坂本憲吾学生コーチはどんな人?」

 

同じ役職・黒沢さん(新4年・学生コーチ・本庄東)

「器が大きい。」

憲吾さんはインタビューで黒沢さんのことをたくさん話してくださったのに…まさかの一言で終結です笑

 

食堂から出てきた・大揮さん(新3年・外野手・佐藤大揮・清水東)山本さん(新3年・外野手・神戸国際大附)

「めちゃめちゃ面白い。本当に!そして、なんだかんだ優しい。」

 

通りがかった・本郷さん(新3年・マネージャー・県相模原)

「面白くて、話が上手い。口が達者。後輩から慕われてる!」

番外編の本郷さんの登場率がやたら高い気がするのは、私だけでしょうか?

 

同期の選手・齋藤匠馬さん(新4年・外野手・立教新座)

「ヒゲ」

匠馬さん…ちょっと雑な気がします笑
※ちなみに匠馬さんも部内でヒゲキャラとして定着しています。

 

高校からのチームメイト・中川(新2年・投手・桐光学園)

「優しい世田谷のお坊ちゃま」

『はやて、憲吾さんの印象、この間優しい世田谷のお兄ちゃんって言ってたよね?』と、本人に内容の確認をしたところ、「いや、お坊ちゃま。」となぜか怒り気味に言われました笑

 

すれ違った・林中(新2年・内野手・敦賀気比)

「いつもラ〇フローレン着てる」

確かに、よく着ているイメージあります。。。

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

普段はなかなか見れない学生コーチチーフの一面。
皆さま、いかがでしたでしょうか?

 

次回も是非お楽しみに!

 

【新2年・マネージャー・浅井奏子・立教女学院高校出身】

東京六大学野球ブログリーグ一覧