BIG6 BLOG LEAGUE

立教大学
野球部ブログ

主将 山田 健太
  • TOP
  • 2022春季リーグ戦 対東京大学

2022春季リーグ戦 対東京大学

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

2年マネージャーの遠山です!

5月になり暑い日も続き、弊部でもポロシャツを着ている人が増えてきました!👕

 

2022年春季リーグ戦も折り返し地点を迎え、先週末、立教大学野球部東京大学と戦ってまいりました⚾️

今回は東京大学戦を終え、活躍した選手たちにインタビューをいたしました!

まずは試合に出場した選手たちを紹介したいと思います!

 

5月7日(土) 東京大学1回戦

【スターティングメンバー】
1 中 道原
2 左 宮﨑
3 一 田中
4 二 山田
5 三 西川晋
6 右 吉岡
7 捕 黒岩
8 投 荘司
9 遊 柴田恭

道原【中・道原】

東大① (367)【左・宮﨑】

IMG_6152【一・田中】

山田
【二・山田】

東大① (420)
【三・西川晋】

東大① (205)【三(途中出場)・佐藤】

IMG_6797【代打・柴田颯】

huzimoto【遊(途中出場)・藤本】

吉岡【右・吉岡】

東大① (745)【代打・森村】

IMG_6821【右(途中出場)・菅谷】

黒岩【捕・黒岩】

IMG_5995
【投・荘司】

IMG_6756
【投(途中出場)・沖】

東大① (1900)【遊→三(途中出場)・柴田恭】

 

それではインタビューを紹介したいと思います!

1人目は、黒岩(4年・捕手・静岡)です!

《5回裏》

2-3と東京大学を追う立大は五番西川晋(3年・内野手・智辯和歌山)左前安打盗塁で得点圏に走者を置き、同点のチャンスを迎えます。

この場面で、七番黒岩が適時打となる右中間二塁を放ちました!

東大① (613)

IMG_6635【黒岩】

 

遠山:5回に同点となる適時二塁打を放ちましたが、どのような気持ちで打席に立っていましたか?

黒岩:後ろに繋ぐ意識で打ちました。結果に繋がり良かったです。

遠山黒岩さんは本当にここぞ!という場面で打ってくれる印象があります!自分自身をどのような打者だと評価していますか?

黒岩:実力は特にありません。意地と執念でなんとかやっています。

遠山:ありがとうございました!

 

2人目は、柴田颯(4年・内野手・札幌一)です!

《8回裏》

8回表に同点に追いつかれてしまった立大でしたが、その裏、この回先頭の九番柴田恭(2年・内野手・東明館)内野安打で出塁し、続く一番
道原(4年・外野手・駒大苫小牧左前安打を放ち、無死一、二塁のチャンスを迎えます!
ここで五番佐藤の代打で柴田颯が打席に立ち、見事適時打となる中前安打
を放ちます!!

shibata【柴田颯】

 

遠山:東大との初戦、8回裏4-4と同点の場面でこの試合の決勝打を放ちましたが、あの場面どのような気持ちで打席に立っていましたか?

柴田颯:打つことだけを考えて、他には何も考えずに打席に立ちました。

遠山:打った時の気持ちを教えてください!

柴田颯:初安打で決勝打となったので嬉しかったです!

遠山:ありがとうございました!

 

3人目は菅谷(2年・内野手・市立船橋)です!

《8回裏》

柴田颯に続いて打席に入った代打菅谷は、リーグ戦初安打となる適時打を放ちました!

sugaya【菅谷】

 

遠山:リーグ戦初安打となる適時打を放ちましたが、どのような気持ちで打席に立っていましたか?

菅谷:僕の前に柴田颯さんがタイムリーを打って、良い流れで打席に入れたのでとにかく初球を振ろうと思って打席に立ちました。

遠山:打った時の気持ちを教えてください!

菅谷:詰まったのでとにかく抜けてくれ!と思いました。次の打者に繋げたという気持ちと得点が入ったという気持ちでした。

遠山:ありがとうございました!

《試合結果》

7-4で勝利いたしました!

T 300 000 010=4
R 000 220 03X=7

⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯

5月8日(日) 東京大学2回戦

【スターティングメンバー】
1 中 道原
2 左 宮﨑
3 一 田中
4 二 山田
5 捕 黒岩
6 三 西川晋
7 遊 柴田恭
8 右 島田
9 投 沖

mitihara【中・道原】

東大② (1924)
【左・宮﨑】

東大② (1556)
【三・田中】

東大② (826)
【代打→一(途中出場)・柴田颯】

東大➁ (1572)
【一(途中出場)・齋藤大】

東大➁ (2028)【二・山田】

東大➁ (1958)【捕・黒岩】

東大➁ (1323)【三・西川晋】

東大② (902)
【投(途中出場)・吉野】

東大② (2414)【投(途中出場)・石元】

東大② (1086)
【投(途中出場)・島田】

東大② (1331)【遊・柴田恭】

 

東大② (1748)
【右・吉岡】

東大② (1766)
【代打→右(途中出場)・菅谷】

東大② (2041)
【投・沖】

東大② (2497)
【三(途中出場)・佐藤】

 

皆さまお気づきかもしれませんが、選手全員がピンクのリストバンドをつけております!😻
そうです、この日は母の日でした🌹

そんな母の日に活躍した選手たちにインタビューを行いました!

 

1人目は山田(4年・内野手・大阪桐蔭)です!

《7回表》

この回先頭の一番道原中前安打で出塁すると、盗塁を成功させて一死二塁と追加点のチャンスを作ります。この場面で、四番山田中越二塁打を放ち1点を追加しました!

東大② (655)【山田】

 

遠山:7回、ここぞという場面で適時二塁打を放ちましたが、あの場面どのような気持ちで打席に立っていましたか?

山田:前の打席で凡退していましたし、試合の流れをこっちに持ち込むためにも絶対に打つという気持ちで打席に立ちました。

遠山:適時打を打った時、どのような気持ちでしたか?

山田:最終的にはあの1点で勝つことが出来たので良かったです。

遠山:ありがとうございました!

 

2人目は、道原です!
初戦には2安打を放ち、2戦目にも3安打を放つ大活躍でした!

東大② (411)【道原】
遠山:今週末大活躍だった道原さんですが、東京大学戦にはどのような気持ちで試合に臨んでいましたか?

道原:バッティングでは、自分の役割である出塁と得点を特に意識していました。慶應義塾大学戦まで一番打者として全く機能していなかったので、今度こそという気持ちが強かったです。

遠山:試合を終え、どのような気持ちですか?

道原:まずは、2連勝できてリーグ優勝へ望みを繋げたので良かったです。しかし、個人としてもチームとしても反省点が多くあるので、もう一度足元を見つめ直して課題克服のための練習を全員が必死にやる必要があると感じています。

遠山:ありがとうございました!

 

最後に紹介するのは沖(2年・投手・磐城)です!

この東京大学第2回戦ではリーグ戦初となる先発投手を任され、初戦に続き2連勝をあげました!

東大② (566)【沖】

 

遠山:リーグ戦初となる先発投手でしたが、どのような気持ちでマウンドに上がりましたか?

:リーグ優勝に向けてもう1試合も落としたくない中での先発で、多少の緊張はありましたが、フレッシュに目の前の打者に全力投球しようと思いました。

遠山:昨日、今日と2戦連続で勝ち投手になりました。こちらも初の勝利投手となりましたが、どのような気持ちですか?

:1試合目はいつも頼り切っている荘司さんがしっかり試合を作ってくれたので、あとはサポートしようと思いました。2試合目は打者のみんなが先制点を挙げてくれたので、楽に投げることができて結果に繋がりました。不甲斐ない終わり方でしたが、リリーフ陣に助けられました。

遠山:ありがとうございました!

《試合結果》

3-2で勝利いたしました!

R 110 000 100=3
T 000 000 200=2

東京大学戦の結果は見事2連勝、勝ち点1を獲得することができました!!

沢山のご声援ありがとうございました!

⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯

いかがでしたか?

最後に、今回インタビューした選手たちに今週末に迎える早稲田大学戦への意気込みを聞きました!

 

遠山:早稲田大学戦への意気込みを教えてください!

黒岩:優勝に向けて、必ず2連勝します。

柴田颯:もう勝ち点を落とせないので絶対に勝ちます!

菅谷:優勝をするために必ず勝ち点を取らなければいけないゲームになることは確かで、もちろん意識すると思います。できることをやる!だけです。

山田:僕たちは勝ち続けるしかないので何としても勝てるように準備していきたいと思います。

道原:自分達らしく泥臭く、絶対勝ちます!

:何が何でも勝つだけです!精一杯頑張ります!!応援よろしくお願いいたします!

 

今週末も2連勝し、優勝へと進んでいきたいと思います!

⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯

最後までご覧いただきありがとうございました!

明日は対早稲田大学戦です!

5月14日(土)13:30試合開始予定

5月15日(日)11:00試合開始

引き続き、ご声援の程よろしくお願いいたします!

 

【2年・マネージャー・駒場・遠山夏澄】