TOKYOROCKS 東京六大学野球

東京大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2018.05.16

vs法政大学&フレッシュ開幕

TOKYO ROCKSをご覧の皆様、こんにちは!

 

2年マネージャーの玉村です。

 

 

僕が前回ブログを担当した時は3月の合格発表前でしたので、新入生が入部してくれるのか不安な気持ちもありました。

 

しかし、すでに皆様ご存知かとは思いますが、たくさんの新入生が入部してくれて嬉しい限りです!

 

先週のブログの冒頭で筒井マネージャー(3年/女子学院)が書いていたように、僕も若さがもたらすパワーをなんとか吸い取りながら頑張っています。

幸運なことに僕の場合は、球場だけでなく授業でも多くの新入生との交流が多いので、よりたくさんのパワーをもらえます。本当に幸運で嬉しい限りです!

東大の場合は2年生の春学期が、1番授業が少ないはずなのですがなぜでしょう…?そもそも2年生が新入生と一緒に授業を受けることも無いはずなのですがなぜでしょう…?

ご想像にお任せします!!!

 

僕の履修状況はどうでもいいですね(笑)

それでは気を取り直して対法政大学戦を振り返りましょう。

 

 

対法政大学1回戦】●1-17

 

勝ち点0で並ぶ法政大学との一戦でしたが、守備でのミスが目立ち大敗となってしまいました。

IMG_9592

[2番打者として3打席で出塁を果たした岩田内野手(4年/国立)]

 

終盤に登板した川口投手(4年/県長野)が猛打の法政打線を2回無安打無失点に抑えるなど好材料もありました。

IMG_9687[気迫の投球を見せた川口投手]

 

 

対法政大学2回戦】●2-10

 

この日は「BIG6 HAPPY MOTHER’S  DAY」として女性の方にピンク色のリストバンドをプレゼントしたほか、選手たちも着用して試合に臨みました。

 

単独最下位脱出のために、絶対に負けられない東大は、小林大雅投手(3年/横浜翠嵐)を連日の先発マウンドへと送ります。3回裏に1点を失ったものの、3イニングを投げて1失点と安定した投球を見せてくれました。

H30.05.13 vsH② (104)[安定した投球でチームを引っ張る小林投手]

 

すると直後の4回表、岡外野手(2年/小倉)に待望のリーグ戦初ホームランが飛び出し、同点に追いつきました。

H30.05.13 vsH② (103)[アピールポイントの豪快なフルスイングでレフトスタンド中段まで打球を飛ばした岡外野手]

 

食事管理係も務めている菅本投手(4年/香川高専)曰く、岡外野手はとにかくたくさんご飯を食べてくれているとのことでした。僕から見ても体が一回りも二回りもがっしりしてきているように感じます。

 

4回表は、更に土井外野手(2年/國學院久我山)も、岡外野手に負けじと左中間を破る三塁打を放ちました。

H30.05.13 vsH② (121)[鋭いスイングで左中間を真っ二つにした土井外野手]

 

しかし後続が倒れ得点には至りませんでした。その後5回以降投手陣が崩れ、結果的には2-10の大敗となってしまいました。

 

最終カードの立教大学戦に向けてチームの立て直しが期待されます。

 

 

5/13(日)のリーグ戦前にはフレッシュリーグ法政大学戦がありました!

東大にとっては今シーズン初のフレッシュリーグとなりました。

こちらの模様をお届けします!!

 

フレッシュリーグ対法政大学●0-15

 

大差を付けられての敗戦となりましたが、守備面では無失策と収穫もありました。

H30.05.13vsH_Fresh (2)[風格を漂わせて監督役を務める岡本学生コーチ(3年/洛星)]

 

H30.05.13vsH_Fresh (19)[新人係としてチームを支える木野学生コーチ(3年/日比谷)]

 

H30.05.13vsH_Fresh (64)[試合前の円陣]

 

右の方で学ランを着ているのが僕です(笑)

 

 

初戦を戦ってみた感想をインタビューしてみました!

まずはゲームキャプテンも務めた石元内野手(2年/桐朋)

今回の試合であらゆる面において他大学に劣っていることがわかったので、この反省を生かし成長していきたいです。また、ゲームキャプテンもやらせていただいて、チームを引っ張る難しさも学び、人としても成長していきたいと思いました。

H30.05.13vsH_Fresh (93)[外角の直球を綺麗に逆方向へと打ち返した石元内野手]

 

 

続いて4番に座った川出内野手(2年/刈谷)

試合の内容は不甲斐ないもので、個人としてもチームとしても改善すべき点ばかりですが、高校、浪人時代と憧れ続けた神宮球場の右バッターボックスにようやく立てたこと、また初打席で初ヒットが出たことは、純粋に嬉しかったです。既に活躍している同期に負けず、早くリーグ戦で結果を残すことが次の目標です。

H30.05.13vsH_Fresh (97)[センターへとクリーンヒットを放った川出内野手]

 

 

2年生最後は伊津野内野手(2年/栄光学園)

外野手、左バッターに転向して初めての試合だったので、緊張してしまいました。大敗となってしまいましたが、神宮でプレーした経験を糧にこれからも成長していきます。

H30.05.13vsH_Fresh (173)[セーフティーバントで全力疾走する伊津野内野手]

 

 

1年生にもインタビューしてみました!

まずは1年生で唯一のスタメンを勝ち取った井上内野手(1年/県長野)

初めて試合に出場し、他大学の選手との大きな実力差を感じました。この差を埋められるように頑張りたいです。

H30.05.13vsH_Fresh (210)[抜ければ逆転となる痛烈なセカンドライナーを放った井上内野手]

 

続いて森末内野手(1年/戸山)

他大学のレベルの高さを身をもって感じ、もっと上達したいという気持ちがより強くなりました。神宮球場で良いプレーが出来るように頑張ります。

H30.05.13vsH_Fresh (303)[1年生ながら代打で出場した森末内野手]

 

最後は馬場高志内野手(1年/聖光学院)

フレッシュリーグでは自分の実力のなさを痛感しました。また六大学野球のレベルの高さを身をもって実感しました。フレッシュリーグでの貴重な経験を今後の精進につなげていきたいと思います。

H30.05.13vsH_Fresh (278)[代打で出場し鋭いスイングを披露した馬場内野手]

 

実は僕自身も神宮では初のベンチ入りでした!自分は試合に出ることもなく、スコアを書くだけだったのですが、かなり緊張しました(笑)

そして、法政大学の先発が山下輝投手(2年)だったのが個人的にはかなり興奮しました!

僕が高校3年生の時に、当時1年生ながら強豪の木更津総合高校でクリーンアップを打っていたのでよく覚えていました。

高校時代は対戦がありませんでしたが、こうして神宮で対戦させてもらえるとは本当に嬉しい限りです!

 

また、ベンチから見る景色はスタンドや中継で見るのとは全く異なりました!

相手の山下輝投手のスライダーの曲がりやツーシームの落ち方まで本当によく見えました!!

フレッシュリーグなので、応援の方はリーグ戦よりは少なかったですが、リーグ戦のような応援が加わったら最高だろうなと感じました!!!

 

H30.05.13vsH_Fresh (32)

[1年生ながらショートの守備での出場を果たした辻村和樹内野手(1年/県立千葉)]

 

H30.05.13vsH_Fresh (316)[試合後半からセカンドの守備についた早川内野手(2年/菊里)]

 

まだまだ紹介したい選手はたくさんいますが今回はここまでにしておきます。

リーグ戦の方は対立教大学戦の1カードを残すのみとなりましたが、フレッシュリーグはまだ4試合残っています!

2年生、1年生の活躍にご期待ください。神宮球場まで足を運んでいただけると幸いです。

 

 

次回のブログは小林が担当いたします。

 

お楽しみに!

 

玉村直也(2年/マネージャー/渋谷幕張)

東京六大学野球ブログリーグ一覧