TOKYOROCKS 東京六大学野球

慶應義塾大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2017.10.24

~ vs WASEDA 5 ~

《東京六大学野球秋季リーグ戦》
対 早稲田大学 “華の慶早戦”
10/28(土) 13:00~ 先攻三塁側
10/29(日) 13:00~ 後攻三塁側

※連勝で優勝

S_6887600183462

こんばんは!藤田です。

 

早慶戦に向けた応援メッセージ!

今日は應援指導部チアリーディング部、メジャレッツの皆さんです!

彼女たちの取り組みについては、春季ブログ、そして、並々ならぬアツイ想いについては、秋季開幕前の特別対談をご覧ください。

 

1、あなたにとって塾野球部とは?

2、4年間で1番印象に残っていること

3、1番喜びを感じるときは?

4、自分たちだからこそ感じている難しさ

5、早慶戦で優勝した瞬間をイメージしたとき、自分はどんな状態になっていると思う?

6、個人的に注目している、頑張ってほしい選手

7、野球部にむけての応援メッセージ

をお願いしました!

 


チア①
<チアリーディング部>

 

<あなたにとって塾野球部とは?>

「同志」

チアリーディング部が発足したのは野球応援の為、という背景もあり、全部員が野球応援には殊更強い想いを抱いて応援しています。

四年間、一喜一憂を共にしてきた野球部の皆さんは私達の同志です。今季こそ、一緒に優勝を掴み取りましょう!!(四年荒木)

 

<4年間で1番印象に残っていること>

何と言っても1年生の時の春季リーグ戦での優勝です☆

応援席のあの一体感、盛り上がりは忘れることができません。今季も絶対優勝して、野球部と応援席一体となって全員であの感動を味わいましょう!!(四年永光)

 

<1番喜びを感じるときは?>

野球部、チア、リーダー部、吹奏楽団、お客様。応援席全員が同じ気持ちで一体となった時に、得点が入って若き血を歌う瞬間です。これは選手だけでなく、みんなで掴んだ得点なんだと心から思います!(三年伊藤)


チア②

 

 

<自分たちだからこそ感じている難しさ>

「応援に力があるのか」

常に考えさせられます。

私たちは直接勝利に貢献することは出来ないからです。

しかし、だからこそ他の面で出来ることは全てやります。他校に少しも劣らない最強の応援席を作り、それを通じて選手の方々を後押ししたり、お客様に塾野球部の魅力を伝えられる存在になりたいです。(三年藤田)

 

<優勝の瞬間、あなたは?>

まず叫ぶと思います。

その後にお客さん一人一人の表情、野球部のみんな、そして應援部みんなの汗と涙で滲んだ顔を眺めながら、これから先の人生でも、何回も何回も思い出す、とびっきりな瞬間なんだろうなあと思いを馳せて、ぼーっと泣いてしまうと思います。(四年榎並)


チア③

 

 

<注目選手>

塩健一郎選手(4年・学生スタッフ/慶應義塾高校出身)

石井康平選手(4年・学生スタッフ/鎌倉学園高校出身)

應援指導部員としても個人としても、正直注目していない選手なんていません!

ただそんな中でも彼らは、野球部にとって大切な存在であるのは勿論、應援指導部にとっても欠かせない存在です。

今年3年生が立ち上げてくれた野球部応援班で應援指導部と野球部を繋ぎ、いつも盛り上げてくれる石井、毎試合私たちをも元気付け、チア曲の応援方法ビデオの作成など応援に対しても全力で協力してくれる塩。

最後にして最高の舞台である慶早戦で、2人の笑顔が見れる様、私たちも全力で応援していきます!(四年左近)

 

<応援メッセージ>

「野球部を応援したい。」私が應援指導部に入った理由です。多くの試合を応援し、優勝の懸かった慶早戦を応援できる事が本当に嬉しいです。春季の悔しさを胸に、打倒早稲田、果たしましょう!最後まで応援し続けます。(三年佐野)

チア④


<その他>

今年の応援席でどうしても伝えたい事があります。

是非応援席にいらした際にはスタンドの野球部にも注目して欲しいです!

今年から野球部に応援班という物を導入し、どうしたらお客様がいらして下さるか、どうしたら一体感のある応援が出来るかを一緒に考え様々な事に取り組みました。その一つが、野球部が前に座り、お客様の見本となる様な応援をする事や”We believe”コールです!

試合中応援班を中心に熱い盛り上がりを見せてくれる野球部にも是非注目してみて下さい!!

今年の応援席は彼らなしでは語れません。

「本日の見本」という見本をチアリーディング部が前でやっているので初めていらした方でも慶應の応援を存分に楽しめます!

このメンバーで迎える最後の慶早戦一緒に最強の応援席作りましょう!(四年弘世)

 (文責 慶應義塾大学応援指導部 チアリーディング部 4年 弘世紗知子)

 

 

チアリーディング部の皆さん、ありがとうございました!

そして、いつも素晴らしい応援をありがとうございます!

 

今までのブログでも申し上げてきましたが…。

今年は、「チーム力」で勝つということをテーマに取り組んできました。

その一体感は野球部だけに留まらず、慶應義塾としての一体感も例年以上であると感じています。

メジャレッツの今年度のスローガンは”UNITE”だそうです。

相互応援練習であったり、野球部壮行会であったり、”We believe”コールであったり、応援班の活動であったり…。

逆転、接戦を制することが多いのも、こういった例年以上に一体となった応援の後押しがあるからこそでしょう。

また、大変お恥ずかしい話ではありますが…。

劣勢のときほど、声援を送っているのは、メジャレッツの方々であることが多々あります。

そんな姿から、選手を信じる気持ちは野球部員以上に強いのではと感じます。

メジャレッツの存在、本当に大きいなと思います。

野球部員として、塾野球部を応援していただけるのが、これほどアツイ想いを持ったメジャレッツの皆さんで本当によかったと思います。

 

この早慶戦が、メジャレッツの4年生にとっては、東京六大学野球としての、最後の神宮球場での応援になります。

ブログをご覧の皆様、ぜひ早慶戦にお越しいただき…

今年度1の最高に”UNITE”した応援席を一緒に作り、彼女たちの集大成を盛大に飾っていただければと思います!

 

明日も応援メッセージ。

午後更新の予定!

ぜひご覧ください!

 

※お詫び
SNSにおけるタイトル文において、一時的に【MAJORETTES】の表記を誤って表示しておりました。
お詫びして訂正致します。
大変申し訳ございませんでした。

 

ご意見、ご要望はこちらよりお待ちしております。

 

 

(4年・捕手・藤田健吾/慶應義塾高校出身)

東京六大学野球ブログリーグ一覧