六大学チーム紹介

我が校の野球部の伝統

法政大学野球部は大正4年(1915年)に創部され、今年で105年目を迎えます。
1939年3月、川崎市中原区木月に法政二中が設立され、隣接する場所にグラウンドが完成しました。

法政大学野球部にとって武蔵小杉の街は、81年目になり馴染みのある街です。
川崎総合グラウンドの中の、大野球場、室内練習場、トレーニングルームを使用し、日々の練習に励んでいます。

我が校の伝統は、武蔵小杉で開催される「中原区少年少女野球教室」です。今年はコロナウイルスの影響で開催できませんでしたが、
毎年200人以上の小学生に参加してもらい、大学生も一緒に野球の楽しさにふれています。大学生から野球を教わり、将来、法政大学野球部に入部し活躍したいと思う小学生が1人でも増えてくれることを願いながら活動しています。

東京六大学最多となる47回目の優勝を目指して頑張っていきます。今年度も皆様の温かいご声援の程、宜しくお願い致します。

今年の我が校はこんなチーム

「橙志」

今年のスローガンは「橙志」です。「闘志」の「闘」の文字にチームカラーである「橙」を用い、伝統ある法政大学野球部の誇りを胸に戦うという意志を込めています。法政大学野球部の「伝統」と「誇り」を胸に優勝を目指し、チーム一丸となって戦います。

主将に聞いた!一問一答

Q1.チームメイトから何と呼ばれている?
銀二
Q2.キャプテンとしていつも心掛けていることは?
周りを見ることです!
Q3.大切にしている言葉は?
穏やかな心
Q4.声を大にして自慢したい、チームの伝統は?
先輩後輩、みんな仲がいいところです!
Q5.今年のチーム、ここだけは他のチームに絶対に負けないというところは?
仲の良さです!
Q6.試合前に聴きたい曲は?
ケツメイシ
Q7.明日は大一番!今夜、何を食べる?
カレー
Q8.たまの休日、どうやって過ごす?
富士急ハイランド
Q9.「野球って何が面白いの?」と女の子に聞かれたら、なんと答える?
元気がいい全力疾走
Q10.一度も六大学野球を球場で観たことがない人を神宮に誘うとき、何と言って誘う?
野球を見に行こう!!