TOKYOROCKS 東京六大学野球

六大学チーム紹介

我が校の野球部の伝統

大正8年(1919年)に現在の東京大学野球部の前身である、東京帝国大学野球部が誕生し、大正14年(1925年)に早大・慶大・明大・法大・立大で構成されていた五大学野球連盟へ正式加入、これによって東京六大学野球連盟が結成されました。

昭和12年(1937年)に現在の場所に東京大学野球場と東京大学野球部寮「一誠寮」が完成し、今日に至ります。現在、東京23区に練習場・合宿所を保有しているのは東京大学のみであり、東京大学野球部の本拠地としての役割を果たしています。多くの方のご支援により、全面人工芝といった非常に恵まれた練習環境下での活動が行われています。

東大が加盟し、東京六大学野球連盟が発足した際、当時の部長である長与又郎先生は次の2点を部員に示し、覚悟を固めさせました。

①どんなに苦しくても自ら連盟を脱退しないこと
②必ず一度は優勝をすること

①の約束は、歴代先輩方の努力そして他五大学の友情によって守られてきました。しかし、②の約束は未だ果たされていません。一誠寮には、寮の名が書かれた横額がロビーに飾ってありますが、その「誠」の字はタスキが1画抜けています。これは書いた本人である長与又郎先生が「東大が優勝した時に書き入れよう」と言ったことが今でも語り継がれています。

優勝校として東大の名を刻み、長与又郎先生との約束を果たすとともに、最後の1画を書き入れる。これこそが東大野球部の目標であり、伝統です。

今年の我が校はこんなチーム

昨年は4勝を挙げたものの、勝ち点獲得の難しさを痛感した1年でした。その経験を引き継いだ今年のチームの強みは、どのチームにも負けない「勝ち点への執念」です。

その思いを一番強く持っているのが、主将の山田大成(桐朋)です。1年生から主力として試合に出場し、誰よりも悔しい経験を重ねてきたこの男が、今年のチームを引っ張ります。さらに、エースとしての活躍が期待され、今年のチームのカギを握る宮台康平(湘南)、主軸として打線の要を担ってきた楠田創(桐朋)の両副将らを中心に、実力を備えたメンバーが揃っています。

そうは言っても、いわゆる野球エリートのいない我々が実力豊富な他大学に勝つには、更なる成長が必要です。妥協を許さない姿勢で極限まで己を磨き上げ、リーグ戦に挑んで参ります。他の五大学に何としても勝つ、伝統の「赤門魂」を神宮球場でお見せします。皆様、今年もたくさんのご声援をよろしくお願い致します。

主将に聞いた!一問一答

Q1.チームメイトから何と呼ばれている?
たいせい
Q2.キャプテンとしていつも心掛けていることは?
自分の言葉に説得力が伴うような行動をすること
Q3.大切にしている言葉は?
勝負事を本当に楽しむには強さがいる
Q4.声を大にして自慢したい、チームの伝統は?
文武両道
Q5.今年のチーム、ここだけは他のチームに絶対に負けないというところは?
主体性
Q6.試合前に聴きたい曲は?
Back number『高嶺の花子さん』
Q7.明日は大一番!今夜、何を食べる?
こくわがたのうどん
Q8.たまの休日、どうやって過ごす?
寝る
Q9.「野球って何が面白いの?」と女の子に聞かれたら、なんと答える?
「個人スポーツのように見えるところもあるけど、すごくチームワークが大事なところ」
Q10.一度も六大学野球を球場で観たことがない人を神宮に誘うとき、何と言って誘う?
「来たら絶対楽しいから来て!」