六大学チーム紹介

我が校の野球部の伝統

大正8年(1919年)に現在の東京大学野球部の前身である、東京帝国大学野球部が誕生しました。2019年に六大学で一番遅く創部100周年を迎える東京大学野球部でありますが、一方で東京大学としては「日本野球の開祖」としての性格も併せ持ちます。

明治5年(1872年)に東京大学の前身である第一大学第一番中学校でアメリカ人教師ホーレス・ウィルソンが課外授業として“ベースボール”を教えたのが日本野球の始まりと言われております。
次第に学校スポーツとして全国に広まりますが、同校の流れをくむ第一高等学校野球部は明治29年(1896年)には横浜外人アマチュアチームとの初の国際試合を行い29-4で大勝した記録が残るなど、日本野球黎明期をリードする存在でありました。

ところで、東大野球部の一誠寮には寮の名前の書かれた横額が掲げられてありますが、「誠」の字はタスキが一画欠けています。
これは筆を執った長与又郎先生が、東大が優勝した時にタスキを書き入れよう、と言ったことが語り継がれております。

大正14年(1925年)に早大・慶大・明大・法大・立大で構成されていた五大学野球連盟へ東大が正式加入し、東京六大学野球連盟が発足した際、当時の部長であった長与先生は以下の2点を部員に示し、覚悟を固めさせました。

一、 どんなに苦しくても自ら連盟を脱退しないこと
二、 必ず一度は優勝をすること

一の約束は歴代の先輩方の努力と他の五大学の友情により守られてきましたが、二の約束はこれまで果たされておらず、九十余年の時を経た今もなお横額の「最後の一画」は欠けたままであります。

この「最後の一画」に向けたとめどない奮闘こそ、東大野球部の歴史なのであります。

今年の我が校はこんなチーム

今年のチームの特徴は熾烈なレギュラー争いです。長年主軸を務めた選手たちが抜けたことで多くの選手にチャンスが巡り、部内の定位置争いによる相乗効果が例年以上に高まっております。スローガンに掲げる「一丸」の通り、戦力の底上げの力が大きく作用しており、抜けた戦力を補って余りあるチーム力を蓄えられるかに注目です。

また、今年の最上級生は1年春のシーズンにリーグ戦歴代最長94連敗の後につかんだ1勝、その後もシーズン3勝を二度、昨季は15年ぶりの勝ち点獲得を経験してきました。近年で最も勝ちを知っている代と言え、この点も強みであります。
先輩方から受け継いだ「勝てるチーム」の更なる発展、そして果たすことができなかった最下位脱出に向けて。相乗効果と経験を武器に、チーム一丸となって一年間戦ってまいります。

今年も変わらぬ熱いご声援のほど宜しくお願い致します。

主将に聞いた!一問一答

Q1.チームメイトから何と呼ばれている?
宇佐美、キャプテン、兄ちゃん
Q2.キャプテンとしていつも心掛けていることは?
どんな時でも皆が下を向かずに、上を向いてプレーできるよう引っ張ること。
Q3.大切にしている言葉は?
継続は力なり
Q4.声を大にして自慢したい、チームの伝統は?
文武両道
Q5.今年のチーム、ここだけは他のチームに絶対に負けないというところは?
チームワーク
Q6.試合前に聴きたい曲は?
ASIAN KUNG-FU GENERATION 『リライト』
Q7.明日は大一番!今夜、何を食べる?
プリン
Q8.たまの休日、どうやって過ごす?
映画鑑賞
Q9.「野球って何が面白いの?」と女の子に聞かれたら、なんと答える?
簡単にできるように見えて、簡単にはできないところ
Q10.一度も六大学野球を球場で観たことがない人を神宮に誘うとき、何と言って誘う?
絶対盛り上がるから、来て欲しい!