六大学チーム紹介

我が校の野球部の伝統

日本における野球の歴史は、明治5年(1872年)に東京大学の前身である第一大学第一番中学校でアメリカ人教師ホーレス・ウィルソンが課外授業として“ベースボール”を教えたのが始まりと言われております。

次第に学校スポーツとして全国に広まりますが、こちらもまた東京大学の前身である第一高等学校野球部は明治29年(1896年)には横浜外人アマチュアチームとの初の国際試合を行い29-4で大勝するなど、「一高時代」を築き上げ、日本野球黎明期をリードする存在でありました。

このように、日本野球の開祖の流れをくむ東京大学でありますが、野球部の誕生は大正8年(1919年)まで待つことになります。当時、一高の名投手であった内村祐之氏(のちのNPBコミッショナー)の東京帝大入学に伴い、野球部創設の機運が高まり、長与又郎部長の下、東京帝国大学野球部が誕生しました。

ところで、今年の3月に改修工事が完了した東大野球部の一誠寮には寮の名前の書かれた横額が掲げられてありますが、「誠」の字はタスキが一画欠けています。
これは筆を執った長与又郎先生が、東大が優勝した時にタスキを書き入れよう、と言ったことが語り継がれております。

大正14年(1925年)に早大・慶大・明大・法大・立大で構成されていた五大学野球連盟へ東大が正式加入し、東京六大学野球連盟が発足した際、当時の部長であった長与先生は以下の2点を部員に示し、覚悟を固めさせました。

一、 どんなに苦しくても自ら連盟を脱退しないこと
二、 必ず一度は優勝をすること

一の約束は歴代の先輩方の努力と他の五大学の友情により守られてきましたが、二の約束はこれまで果たされておらず、創部から101年が経った今もなお横額の「最後の一画」は欠けたままであります。
この「最後の一画」に向けたとめどない奮闘こそ、東大野球部の歴史なのであります。

今年の我が校はこんなチーム

今年のチームの特徴は、各々が役割をしっかり全うして組織的に動けているところです。 新型コロナウイルスによる影響を受け、練習が思うようにできませんでしたが、その分結束力が高まりました。投手陣はリーグ戦経験メンバーが多く残り、野手陣もチーム内での競争が激化しレベルアップを果たしました。ここに、新戦力の台頭に期待がかかります。

創部102年目となる今年は、各々が現状から変わるべく「変革」をスローガンに掲げました。 チームとしては「連敗脱出」、そして2017年秋以来の「勝ち点奪取」という目標に向けて精進してまいります。リーグ戦での「勝ち」を体感している部員がいない分、貪欲に、最上級生が先頭に立ってチームを引っ張っていきます。

本年も引き続きのご声援のほどよろしくお願い致します。

主将に聞いた!一問一答

Q1.チームメイトから何と呼ばれている?
おおと、おおとさん
Q2.キャプテンとしていつも心掛けていることは?
プレー中に前向きでいること、切り替えをうまくすること!
Q3.大切にしている言葉は?
集中
Q4.声を大にして自慢したい、チームの伝統は?
古代遺跡のような球場内
Q5.今年のチーム、ここだけは他のチームに絶対に負けないというところは?
フレッシュさ、探究心
Q6.試合前に聴きたい曲は?
ピロウズ「Star overhead」
Q7.明日は大一番!今夜、何を食べる?
根津駅 和幸の定食
Q8.たまの休日、どうやって過ごす?
ゲームして、音楽聴いて、散歩して、銭湯に行って、寝る
Q9.「野球って何が面白いの?」と女の子に聞かれたら、なんと答える?
おれもたまに分からなくなるけど、良い試合してるときはプレーヤーだけじゃなくて見てる人もすごいワクワクするんだ、本当に、たまに球場が生きてるみたいになっちゃうの。
Q10.一度も六大学野球を球場で観たことがない人を神宮に誘うとき、何と言って誘う?
オリンピックのチケット当たったんだけど一緒に行かん?