六大学チーム紹介

我が校の野球部の伝統

安部寮は野球部初代部長の安部磯雄先生にちなんで名付けられ、練習グラウンドが1987年に西早稲田から東伏見に移転してから遅れること5年、1992年に東伏見に移転しました。
グラウンドに隣接しており三食の食事も出て、野球に集中するには最高の環境ではありますが実はこの寮、主力選手、学生コーチ、マネージャーしか入ることができないのです。

近くの学生寮に住んだりアパートで一人暮らしをしたりしている他の部員は早くリーグ戦で活躍して安部寮に入れるように日々努力しています。
また、現在プロ野球で活躍されているOBの方々もこの安部寮を巣立っていきました。そんな安部寮が我が校野球部の伝統です。

今年の我が校はこんなチーム

昨年は一昨年の春秋連覇とはうって変わり、春5位、秋3位という大変悔しい1年でした。

今年のチームは、野手陣では昨秋レギュラーに定着し、チームトップの打点を上げる活躍を見せた主将佐藤晋、同じく昨秋に16安打を放った八木を中心に、三倉、宇都口、長谷川など経験豊富な4年生が打線を牽引します。また、1年生ながら昨秋のワセダの扇の要を担った小藤、代打出場を果たした岸本、富田ら下級生の活躍も打棒ワセダ復活には欠かせません。

投手陣では、昨秋最優秀防御率賞を獲得した小島をはじめ、大竹、北濱、柳澤、二山など層が厚いのが強みです。特に昨年不調だった大竹には、一昨年のような復活が待たれます。

昨年の反省を生かし、練習の質、量ともにこれまで以上に高いレベルで部員全員が取り組んでいます。みなさんに再び強いワセダをお見せできるよう、リーグ優勝、日本一を目指して戦います。今年も変わらぬご支援、ご声援の程、宜しくお願い致します。

主将に聞いた!一問一答

Q1.チームメイトから何と呼ばれている?
しんすけ
Q2.キャプテンとしていつも心掛けていることは?
行動で示す
Q3.大切にしている言葉は?
臥薪嘗胆
Q4.声を大にして自慢したい、チームの伝統は?
文武両道
Q5.今年のチーム、ここだけは他のチームに絶対に負けないというところは?
ひたむきに取り組む姿勢、ユーモア
Q6.試合前に聴きたい曲は?
ロードオブメジャー 心絵
Q7.明日は大一番!今夜、何を食べる?
カレー
Q8.たまの休日、どうやって過ごす?
読書、ショッピング
Q9.「野球って何が面白いの?」と女の子に聞かれたら、なんと答える?
守備側と攻撃側の一球一球の真剣勝負
Q10.一度も六大学野球を球場で観たことがない人を神宮に誘うとき、何と言って誘う?
プロ親球とはまた違った緊張感、面白さがあるから是非一度見に来て!