六大学チーム紹介

我が校の野球部の伝統

明治大学野球部は、明治43年(1910年)に創部し、今年で創部109年を迎えます。通算優勝回数は、リーグ戦39回、大学選手権5回、神宮大会6回を誇ります。1952年から監督・総監督を計37年務めた島岡吉郎氏は、人間力の教育を重視し、その独特の指導は「人間力野球」と呼ばれました。選手全員の暮らす島岡寮の玄関には、「人間力」の三文字が飾られ、選手たちは練習や共同生活を通じ、お互いに人間力を高め合っています。

現在練習を行っている内海・島岡ボールパークは、2006年秋に調布から府中に移転し、今年で13年を迎えます。今年の3月には全面人工芝への改修が終了し、新たなグラウンドでリーグ戦を迎えます。

グラウンドのある府中市にはラグビートップリーグのチームがあり、スポーツが盛んです。そこで野球部でも地域交流会を開催し、野球との接点が少ない方にも明治大学野球部について知ってもらい、地域の方々に愛される野球部を目指しています。また、小学生・中学生を対象とした野球教室も多く開催し、野球の技術だけではなく楽しさを教える活動に取り組んでいます。

今年の我が校はこんなチーム

今年のスローガンは「猪突猛進 ~All for Win~」です。今年の干支にもなっている猪は明治大学野球部のシンボルでもあり、春季リーグからは、約30年ぶりにユニフォーム袖に猪マークを復活させます。今年のチームは、主将の森下が個性豊かな選手の先頭に立ち、チームを引っ張ります。投手はエースの森下だけでなく、伊勢、入江、竹田といった経験豊富な選手が控えます。打線は昨年から大きく選手が入れ替わり、昨年の秋季リーグ戦でホームランを放った北本や添田、俊足巧打の内山、長打力のある喜多、和田など期待の選手が中心となります。

猪のごとくリーグ戦優勝・日本一に向け猪突猛進していきますので、本年も変わらぬご支援、ご声援を宜しくお願い致します。

主将に聞いた!一問一答

Q1.チームメイトから何と呼ばれている?
まさと
Q2.キャプテンとしていつも心掛けていることは?
率先して行動する
Q3.大切にしている言葉は?
直向き
Q4.声を大にして自慢したい、チームの伝統は?
人間力野球
Q5.今年のチーム、ここだけは他のチームに絶対に負けないというところは?
個性の豊かさ
Q6.試合前に聴きたい曲は?
まるりとりゅうが の『気まぐれな時雨』
Q7.明日は大一番!今夜、何を食べる?
だんご
Q8.たまの休日、どうやって過ごす?
ドラマを見たり、買い物に出かけたりする
Q9.「野球って何が面白いの?」と女の子に聞かれたら、なんと答える?
「観に来たらわかる」
Q10.一度も六大学野球を球場で観たことがない人を神宮に誘うとき、何と言って誘う?
「俺が投げて勝つから観に来て!」