六大学チーム紹介

我が校の野球部の伝統

明治大学野球部は、明治43年(1910年)に創部しました。初代部長は、内海弘蔵先生です。通算優勝回数は、リーグ戦39回、大学選手権5回、神宮大会6回を誇ります。1952年から監督、総監督を計37年務めた島岡吉郎氏は人間力の教育を重視して、その独特の指導は「人間力野球」と呼ばれました。

今年、内海・島岡ボールパークは2006年秋に調布から移転してきて11年目を迎えます。府中はラグビートップリーグのチームや東京競馬場もあり、年中イベントがあるスポーツ熱に満ちた町です。
明治大学野球部も昨年のリーグ戦春秋連覇と明治神宮大会優勝が評価され、府中市スポーツ賞を受賞しました。
地域の方々にもっと愛されるチームを目指そうと2015年から球場と合宿所を利用した地域交流会を企画して、野球との接点が少ない方にも応援していただけるような取り組みを実施しております。

今年の我が校はこんなチーム

今年のスローガンは「継なぐ」。今までの伝統を引継ぎ、チームに残していくこと。一人ひとりの心と力を継なぎ合わせて戦う集団になること。そんな思いを込めて「継なぐ」に決めました。

昨年は柳(=横浜)を中心に4年生が主体となってチームを引っ張り、最高の結果を残しました。10勝5敗1分けでの春季リーグ戦優勝、秋の明治神宮大会優勝は明治伝統の「粘り強さ」を発揮した結果だと思います。シーズン中に限らず、毎日の練習や春夏のキャンプで「粘り強さ」に必要な準備が何たるかを先輩方から教わりました。

今年のチームも冬は十分に走りこみ「粘り」に必要な体力づくりに励みました。今年のチームは主将の中野速人(=桐光学園)を中心に、昨年同様チーム一丸となって戦う所存でございます。本年も、「日本一」に向けて精一杯戦いますので、皆様の変わらぬご支援、ご声援をお願いいたします。

主将に聞いた!一問一答

Q1.チームメイトから何と呼ばれている?
なかのくん
Q2.キャプテンとしていつも心掛けていることは?
仲間とのコミュニケーション
Q3.大切にしている言葉は?
徳を積む
Q4.声を大にして自慢したい、チームの伝統は?
人間力
Q5.今年のチーム、ここだけは他のチームに絶対に負けないというところは?
ここぞという場面の底力
Q6.試合前に聴きたい曲は?
世界が終わるまでは…
Q7.明日は大一番!今夜、何を食べる?
食堂のご飯
Q8.たまの休日、どうやって過ごす?
温泉に行く
Q9.「野球って何が面白いの?」と女の子に聞かれたら、なんと答える?
最後まで何が起こるか分からない勝負が面白い!
Q10.一度も六大学野球を球場で観たことがない人を神宮に誘うとき、何と言って誘う?
自分の大学を応援して一緒に六大学野球を盛り上げましょう!!