六大学チーム紹介

我が校の野球部の伝統

立教大学野球部は明治42年(1909年)に創部し、今年で創部110周年を迎えます。
1925年から1966年まで豊島区東長崎にグラウンドを構え、1967年に埼玉県新座市にグラウンドを移転しました。

そして、今回紹介する「我が校の野球部の伝統」は立教大学の校歌です。
立教大学の校歌である「栄光の立教」は大正10年(1921年)、球場で歌える校歌を作る必要があった為、本学が東京六大学野球連盟に加盟したことをきっかけに作られました。
校歌の代表的な歌詞である「見よ見よ立教 自由の学府」は、当時の学長の発案で各節末尾に付け加えられました。東京六大学で唯一のミッションスクールである立教大学にふさわしい聖歌の響きを感じさせる格調高い校歌です。

今年の我が校はこんなチーム

我が校の今年のチームスローガンは「打破」です。
スローガンのコンセプトは、今のチームに必要なのは苦しい状況を断ち切る力であるため、「打破」という言葉を掲げました。
この言葉には、あと一歩の状況を打ち破っていく、チームで勝ち切るという思いが込められています。相手だけでなく、自分自身に勝つという高い意識を持ち、全員で一体感を高めていきます。
特に今年のチームは部員全員がチームに関与していくことが出来るチームです。たとえ試合に出ることが出来ない部員も、データ分析や学生コーチとして貢献しています。全員がチームに対する帰属意識を持ち、一体感を持って勝利を目指しています。

投手陣では、最終学年を迎えた田中誠、手塚の左右のエースが今年も活躍し投手陣を牽引します。
野手陣では、リーグ戦経験で十分な経験を積んでいる主将の藤野、副将の笠井、江藤を中心にチームをまとめていきます。
また、4年生のみならず、投手では中川、比屋根、川端、野手では三井、荒井、太田など、下級生もチームを盛り上げます。
どんな困難な状況でも諦めずに「打破」し、勝利をもぎ取る私たちの姿を神宮球場でご覧になって頂けたらと思います。

110周年を迎える立教大学野球部に優勝という新たな1ページを加えられるよう精進してまいります。
部員一同、優勝を勝ち取りに本気で戦ってまいりますので、本年度も立教大学野球部への変わらぬご支援、ご声援の程、宜しくお願い申し上げます。

主将に聞いた!一問一答

Q1.チームメイトから何と呼ばれている?
藤野、隼大(はやた)
Q2.キャプテンとしていつも心掛けていることは?
姿勢と行動で引っ張ること。
Q3.大切にしている言葉は?
笑顔
Q4.声を大にして自慢したい、チームの伝統は?
自主性を重んじる形態
Q5.今年のチーム、ここだけは他のチームに絶対に負けないというところは?
一体感、逆境を跳ね返す力
Q6.試合前に聴きたい曲は?
GReeeeNのprideとSumikaの伝言歌、Magic
Q7.明日は大一番!今夜、何を食べる?
食べたい物を食べる!
Q8.たまの休日、どうやって過ごす?
仲の良い友達と過ごす。
Q9.「野球って何が面白いの?」と女の子に聞かれたら、なんと答える?
攻守がはっきり分かれていて、目に見えないところで駆け引きがあって、体だけじゃなくて頭もフルに使わないといけないところ!
Q10.一度も六大学野球を球場で観たことがない人を神宮に誘うとき、何と言って誘う?
プロ野球と違って、知り合いとか同世代の人が出てるから親近感湧くし、みんなで一体になれる感じが最高だから来てみて!