六大学チーム紹介

我が校の野球部の伝統

慶應義塾大学野球部は1888年(明治21年)に創部し、今年で129年目を迎えます。 そこで、我が部を象徴する「三色旗」と「アンダーストッキング」を紹介します。

東京六大学で最古の歴史を誇る慶應義塾のスクールカラーは紺・赤・紺の3色です。その3色で構成された「三色旗」は、本塾のモットーである「ペンは剣よりも強し」を表したペンの徽章と同様に、慶應義塾の象徴であります。 各種の祝賀行事で用いられ始め、今日では主にスポーツ競技の場や塾生・塾員の会合の場などで用いられています。

そのデザインは野球部のアンダーストッキングにおいても同様のものですが、現在のストッキングの赤部分には2本の白線が入っています。この白線が、慶應義塾野球部128年の歴史で2度達成した「全勝優勝」の証です。 1928年秋のリーグ戦で初の全勝優勝を果たし、当時の腰本寿監督の発案で、全勝のたびにストッキングに白線を加えることとしました。それから57年後、1985年秋のリーグ戦で1分けを挟む全勝優勝を達成し、2本目の白線を入れて現在のデザインに至ります。長い歴史に生き残る合言葉は

「ストッキングにもう一本、線を入れよう」。

人は入れ替わっても、目指すものは変わりません。

今年の我が校はこんなチーム

今年のチームは、昨年同様に「Everything is Practice」をスローガンに掲げ、日々厳しい練習に臨んでおります。

昨年は春4位、秋2位という結果で終わり、両シーズン共早慶戦を迎える前に優勝の可能性が消えてしまった、非常に悔いの残る1年でした。
また、今年は昨年主力選手として活躍していた多くの4年生が引退し、ほぼ全てのポジションにおいて横一線の競争となり、チーム力は未知数であります。しかしながら、選手個人個人が優勝する為に各々がすべきことを考え、意識高く実践していくことで必ずより良い結果を得られると信じ、個々の力を高めると共にチーム力の底上げを行っております。
そして、悲願の「全勝優勝・春秋連覇・日本一」を達成すべく、部員一同全力で努めて参ります。

今後共、慶應義塾大学野球部への変わらぬ御声援の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

主将に聞いた!一問一答

Q1.チームメイトから何と呼ばれている?
るい、てるや
Q2.キャプテンとしていつも心掛けていることは?
誰よりも練習する
Q3.大切にしている言葉は?
練習は不可能を可能にする
Q4.声を大にして自慢したい、チームの伝統は?
部員数の多さ
Q5.今年のチーム、ここだけは他のチームに絶対に負けないというところは?
チーム力
Q6.試合前に聴きたい曲は?
Bruno Mars
Q7.明日は大一番!今夜、何を食べる?
寮のご飯
Q8.たまの休日、どうやって過ごす?
映画を観る
Q9.「野球って何が面白いの?」と女の子に聞かれたら、なんと答える?
まず一度見に来て下さい
Q10.一度も六大学野球を球場で観たことがない人を神宮に誘うとき、何と言って誘う?
プレーだけでなく、応援、神宮の雰囲気がすごいです!是非見に来てください!