TOKYOROCKS 東京六大学野球

東京大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2020.10.29

ラストブログ

TOKYOROCKSをご覧の皆さま、こんにちは!

4年マネージャーの玉村です。ついにラストブログとなりました。

 

今回は恒例となりました4年生の同期紹介をさせていただきます!

 

ところで現在連載中の4年生による僕の野球人生、すでにご覧になったでしょうか?

ぜひ全員分読んでいただきたいので、名前の横にリンクをつけておきます!(玉村・笠原分は未公開ですので、公開し次第追加します。)

 

それでは早速まいります!

 

野村優太(投手/仙台二)僕の野球人生第1回

野村

トップバッターにして同期で1番の変人かもしれません。就活前でも坊主にしたり、ジャージ以外の服を1着も持っていなかったり、オープン戦の集合場所を間違えたり、数々の伝説を残してきました。2年春の登板時は打ち込まれましたが、4年春の登板では3回を無失点と成長した姿でリベンジを果たしてくれました。

 

 

平山皓太(投手/栄光学園)僕の野球人生第2回

平山

外野手として入部するも1年秋にピッチャーに転向しました。普段の会話では予想の斜め上を行く発言で笑いを取っていますが、野球ではただひたむきな努力で一歩一歩、着実に実力をつけてきました。膝の怪我を乗り越えて再び神宮のマウンドに上がった姿は、多くの人に感動を与えたと思います。

 

 

松田悠希(投手/開成)僕の野球人生第3回

松田悠

ピッチャー長として、持ち前のコミュニケーション能力を存分に発揮して、大所帯のピッチャー陣をまとめてくれました。2年春のフレッシュリーグでは、変化球と制球力を活かして好投を披露した実績もあります。秋季リーグ戦はここまで出番がありませんが、最終カードでまたマウンドに戻ってきてくれるのではないかと期待しています。

 

 

横山優一郎(投手/四日市)僕の野球人生第4回

横山

下級生の頃は怪我に苦しみましたが、4年生でついにその才能を開花させてくれました。普段は優しい性格ですが、マウンド上では他大学にも劣らぬ強気なピッチングが持ち味です。特に秋季リーグ戦では、神宮で登板するたびに頼もしさを増してくれる存在となりました。ちなみに三重弁「やん」は部内で一世を風靡しました。

 

 

澁谷恒平(捕手/筑波大附)僕の野球人生第5回

澁谷

朝起きた瞬間から夜眠る瞬間までずっと元気なチームのムードメーカーです。先日の立教大学2回戦では9回に代打で出場すると、執念のリーグ戦初ヒットを放ちました。寮のロビーで相手ピッチャーの動画を熱心に見ている姿も印象的です。残り2試合、まだまだヒットを積み上げてくれると信じています。

 

 

石元悠一(内野手/桐朋)僕の野球人生第6回

石元

3年生の秋には大学日本代表候補にも選出されるなど、そのバッティングセンスは折り紙つきです。この1年間は打撃長として同期や後輩にその技術を伝えてくれました。春のリーグ戦では苦しみながらも、打点はチームトップと勝負強さにも磨きがかかっています。打撃の要として、最終カードで打ちに打ちまくってくれると思います。

 

 

川出拓実(内野手/刈谷)僕の野球人生第7回

川出

普段はあまり口数が多い方ではないですが、内に秘めた人一倍大きな野球への想いは周囲にもひしひしと伝わってきます。ひたむきな努力で4年生にしてリーグ戦初出場を果たしました。まだリーグ戦でヒットはありませんが、最終カード、ここぞという場面で打つのはこのチームできっと川出だと思っています。

 

 

 

早川怜志(内野手/菊里)僕の野球人生第8回

早川

二浪を経て入部した苦労人です。下級生の頃は怪我もありBチームのオープン戦にもほとんど出場していませんでした。それでも練習熱心な姿勢と堅実な守備やバントでここまで這い上がってきました。今季はついに打撃も覚醒し、首位打者争いを繰り広げています。内野手を率いる姿は本当に頼もしく、チームに欠かせない存在です。

 

 

伊津野諒(外野手/栄光学園)僕の野球人生第9回

伊津野

内野手として入部するも送球の不安から外野手に転向、俊足を活かすために右打ちから左打ちに転向と努力を重ねてきました。そして今年は走塁長を務め、チームの走塁意識の底上げに大きく貢献してくれました。リーグ戦では勝負所での代走役として準備を続けています。最終カード、その俊足で勝負を決する1点をもぎ取ってくれると思います。

 

 

梅山遼太(外野手/四日市)僕の野球人生第10回

梅山

下級生の頃はユニフォームを忘れたり、集合時間に遅れたりマネージャー泣かせの一面もありました(笑)それでも春のリーグ戦ではベンチから誰よりも声を出している姿が印象的でした。先日の立教大学1回戦では、9回表2アウトから起死回生の同点タイムリーツーベースを放ちチームに引き分けをもたらしてくれました。

 

 

武隈光希(外野手/鶴丸)僕の野球人生第11回

武隈

同期で1番のイケメンと言えば間違いなく武隈です。神宮の舞台で打席に入る姿が本当に映えます。春のリーグ戦では.353と高打率を残す活躍を見せてくれました。今季は苦しんでいますが、早稲田の早川投手から先制タイムリーを放ったように、大事な場面で打ってくれるのがこの武隈という男です。

 

 

土井芳徳(外野手/國學院久我山)僕の野球人生第12回

土井

攻守に堅実なプレーが光る外野手として下級生の頃から出場を重ねました。4年生ではここまで出場機会がありませんでしたが、グラウンド内で下級生にアドバイスをしたり、寮長として寮内の美化に大きく貢献してくれました。朝起きるのが苦手な僕はいつも土井ちゃんに起こしてもらってばかりでたくさん迷惑をかけました。すみません。

 

 

松田祐香(副務/渋谷幕張)僕の野球人生第13回

松田祐

100年を超える東大野球部の歴史の中で史上初の女性副務となりました。主務でありながら自由人の僕とは正反対に、真面目にコツコツ仕事をこなしてくれる姿はめちゃくちゃ頼りになりました。本当にありがとう。最終カード初戦はスコアラーとしてベンチ入りも果たします。連敗中のチームの勝利の女神になってくれると信じています。

 

 

有賀雄野(学生コーチ/都立西)僕の野球人生第14回

有賀

2年春のフレッシュリーグでは安定したショートの守備で5位確保を果たしたチームを支えてくれました。学生コーチに転身してからは、下級生にも積極的に話しかけ指導する姿が印象的です。普段は明るい性格でみんなを楽しませてくれる一方、リーグ戦中はベンチ裏で分析情報の取りまとめ役を担ってくれています。

 

 

加見伊於理(学生コーチ/甲陽学院)僕の野球人生第15回

加見

この1年間、チームが上手く回ったのは本当に加見の存在が大きいと思います。ノックや分析はもちろん、チーフの田中の補佐、そして井手監督の采配の相談役として、名参謀という言葉にふさわしい活躍をしてくれました。チームを見守るその底なしの優しさには、きっと同期のみんなが助けられたと思います。

 

 

須川隼(学生コーチ/富山)僕の野球人生第16回

須川

合格後初めて東大球場の見学に行ったとき、須川がペアでのトレーニング相手を探していたのでマネージャーの僕が手伝ったのを覚えています。当時から、周りより遅れてでも真面目にトレーニングをする姿が印象的でした。学生コーチに転身してからは分析の取りまとめやトス上げなど多岐にわたるサポートをしてくれました。

 

 

田中弘毅(学生コーチ/開成)僕の野球人生第17回

田中

学生コーチのチーフとしてこの1年間本当に頑張ってくれました。1つ上の先輩方は学生コーチもたくさんいて、かなりプレッシャーを感じていたと思いますが、先輩方にも負けない素晴らしい学生コーチ陣でした。試合でも3塁ランナーコーチャーという本当に難しい役回りだと思いますが、真摯に取り組んでくれています。

 

 

和気正純(学生コーチ/筑波大附)僕の野球人生第18回

和気

実は同期で誰よりも早く神宮球場でヒットを放ったのは和気でした。学生コーチに転身してからは献身的な姿勢でチームをサポートしてくれているほか、優しい性格で同期や後輩からもいじられ役としてチームで大人気の存在です。春秋のリーグ戦では全試合ボールボーイとして、ベンチの1番近くで一緒に戦ってくれています。

 

 

宇佐美尭也(副将/外野手/桐朋)僕の野球人生第19回

宇佐美

今年は色々と4年生の幹部で話し合うことが本当に多かったですが、その度に尭也が副将で良かったなと思うことがたくさんありました。その性格から後輩にも良く慕われています。立教大学2回戦では、出場14試合目にして初の打席となりましたが、まさに努力の賜物と言うべきバントを決めてくれました。

 

 

岡俊希(副将/外野手/小倉)僕の野球人生第20回

岡

同期で1番神宮の舞台を経験しているのは間違いなく岡です。1年生の秋から出場を果たし、僕たち同期の先頭に立って常に引っ張ってきてくれました。今年の春のリーグ戦中に怪我をして、秋は絶望かと思われましたが驚異的な回復力でスタメンに戻ってきました。やはり僕らの代の4番は岡しかいない思っています。

 

 

玉村直也(主務/渋谷幕張)僕の野球人生第21回

ここは松田マネージャーにお任せします(笑)

54BC654F-38C1-45C2-8C7B-8A288EE8E2AC

玉村の紹介は私がさせていただきます!

色んな意味で東大野球部の歴史に名を残す(べき)主務だと思います。その面白いキャラクターと優しい性格で誰からも好かれています。起床力と引き換えに得た、発想力・行動力・不可能を可能にする力には脱帽です。ラストイヤーはありとあらゆるイレギュラーがありましたが、そんな中でもチームがしっかり運営できたのはまぎれもなく玉村の功績です。本当にありがとう。

 

 

笠原健吾(主将/内野手/湘南)・僕の野球人生第22回

笠原

我らがキャプテンです。誰よりも練習熱心な姿勢で、チームをここまで引っ張ってきてくれました。1年生の春のリーグ戦後、高校生相手のオープン戦で、同期がプレーする姿を初めて見ましたが、まさに水を得た魚のように躍動する笠原の姿には本当に驚かされました。あれから3年半経ちますが、神宮の舞台でも楽しそうに野球をする笠原が大好きです。

 

 

ラストブログではどうしても普段の練習の姿をお見せしたかったので、昨日今日と練習中のありのままの写真を撮ってきました。

 

 

ラストカードの明治大学戦、この22名全員の意地を懸けて挑みます。

最後の最後、勝利への思いの強さで、そして念力の集合体の大きさで圧倒してみせます。

集合写真

 

最後になりましたが、ここまでブログを読んでいただきありがとうございました。

ファンの皆さまの存在から本当にたくさんの勇気をいただきました。

ラストカード、最上級生全員の最後の勇姿を、神宮球場で直接ご覧いただければ幸いです。

 

玉村直也(4年/主務/渋谷幕張)

東京六大学野球ブログリーグ一覧